アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

お金の悩みは人それぞれ!アイフルならどんな悩みも解決してくれる!

人生長く生きていると様々なお金の悩みに直面します。すぐに解決できるものもあれば、時間がかかるものもあります。とにかくすぐにお金が必要というときに頼りになるのがカードローンですが、カードローンを利用することに抵抗がある人もいます。

審査のこと、返済のこと、融資可能額のことなど、カードローンを利用する上で直面する悩みもあることでしょう。カードローンを快適に、ストレスなく利用するためには不安や疑問点を解消する必要があります。

こちらの記事ではみなさんが抱えている様々なお金の悩み、カードローンに関する悩みをピクアップしてみました。中にはカードローンについて全く知らなかったことや、知っておくと何かと役立つ情報なども含まれています。

たとえば、限度額アップのための増額について、まとまったお金を借りるおまとめローンについて、返済方式のメリットデメリットなどについても触れていきたいと思います。今回は人気のカードローンアイフルに注目してみました。

今現在アイフルをご利用中の方も、これから利用を検討中の方もぜひチェックしてみてください。

与信が通らない!社内ブラックってなに?

カードローンを利用する際に最も不安なのはやはり審査に通るかどうかということではないでしょうか。審査に通らなければ借入はできませんので、審査に通らないことには始まりません。

カードローン審査では与信を審査します。与信とは信用を供与するという意味があり、申込者に対して本当にお金を貸しても大丈夫かどうかチェックすることです。お金を貸しても問題がない相手かどうかどのようにチェックするのでしょうか。

アイフルに限らず、カードローン審査には3つのチェックポイントがあります。

  • 安定した収入があるかどうか
  • 勤務先や勤続年数に問題がないか
  • 過去の借入歴に問題がないか

この3つの項目に大きな問題がなければ審査に通る可能性は高いです。

とく過去に返済トラブルがないかどうか、他社で多額の借入がないかどうか、信用情報をチェックして確認します。

信用情報は個人の金融履歴ですので信用情報に問題があると未回収のリスクを避けるために審査に通らないこともあります。

社内ブラックは再借り入れが難しい

信用情報には個人の借入履歴が記録されているという話をしましたが、通常は完済後5年ほどで記録は抹消されます。しかし、社内ブラックの場合そうはいきません。

社内ブラックの場合、信用情報の記録が消えた後にも社内には返済の遅れや滞納、過払い請求などの個人情報は残ります。

つまり、トラブルを起こしたカードローン会社では再び借入を希望しても審査に通る可能性が他社よりも低くなってしまうということです。消費者金融はもちろんですが、とくに銀行系のカードローンではその傾向が強いようです。

アイフルで再借入!増額についても詳しく知りたい!

アイフルで申込をした際に思ったよりも限度額が低くてがっかりしたという経験をお持ちの方もいるかと思います。

現在は総量規制という法律が施行されているので、対象となる消費者金融では年収の1/3を超えての借入はできません。またそれに加えて、新規借入の場合は、返済能力を見極めるために通常より低めに限度額が設定されることもあります。

しかし、落胆する必要はありません。半年ほど返済実績を積むことで増額が可能となります。アイフルの場合は、会員専用ページにログインし手軽に増額申込手続きを行うことができます。増額審査は営業時間内であれば40分から1時間で完了します。

増額審査の際には年収や勤務先、信用情報などを再度チェックします。返済の遅れや滞納、他社からの借入が増えていれば増額審査に不利になります。信用情報に問題がなければ、平均5万円~10万円の増額が期待できます。

限度額が低めでも増額のチャンスがあるので、諦めないでください。

スムーズに増額するためのポイント

アイフルでスムーズに増額審査に通るためには以下のことに注意しましょう。

  • 新規契約後、6カ月以上経過している
  • 返済の遅れや滞納がない
  • 他社からの借入金額や借入件数が増えていない
  • 登録内容に変更がない
  • 在籍確認に問題がない

以上の項目に問題がなければ増額審査に通る可能性は高いです。

多重債務の悩みにはおまとめローンがおすすめ!

カードローンを利用する上でいろいろなトラブルがありますが、その一つが借り過ぎによる多重債務です。手軽さゆえについつい借り過ぎてしまう人もいると思います。いつのまにか借金が膨らんで、、というケースも珍しくありません。

そんなときおすすめしたいのが、アイフルのおまとめローン、おまとめMAXです。

おまとめMAX

繰り返し借入をするうちにいつの間にか借入額が増えてしまい返済が苦しくなってしまうのが多重債務の特徴ですが、そんなときに役に立つのがアイフルのおまとめMAXです。アイフルのおまとめMAXなら複数の借入を一つにまとめることができます。

借入を一つにまとめるおまとめローンを利用することでで金利が下がったり、お金の管理がしやすくなるなどのメリットがあります。

アイフルのおまとめMAXの詳細についてみていきましょう。

金利

おまとめMAXの金利は3.0%~17.5%となっています。

金利は借入額に応じて決まります。借入限度額は最大で800万円となります。

借入条件

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

必要書類

  • 原則として、他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類

申込の流れ

ネットで申込

審査

審査結果の連絡

契約書類・カードを郵送

契約書類の記入の上返送

契約関連書類確認後、融資

他社への返済

返済について

返済は元利均等返済方式となり、毎月決められた固定金額を返済することになります。例えば金利17.5%で50万円を借入した場合、毎月の返済額は13,000円となり、返済総額は733,385円となります。

多重債務でお悩みの方は、アイフルのおまとめMAXで負担を軽減しましょう。

返済はリボ払いが楽!でも実は損してるかも!?

カードローンを利用する上で最も気になるのが返済に関することです。もしも返済に行き詰まるとどのようなペナルティがあるのか、気になります。返済が滞ると信用情報に傷がついて今後ローンを組むのが難しくなることがありますので注意してください。

一昔前ですと厳しい取り立てに追われるというイメージがありますが、現在では取り立てに関する厳しい法律があり、早朝や深夜の取り立てや何度も電話をかける行為、第三者に取り立てを行うことなどは禁止されていますので安心してください。もちろんアイフルでもそのような取り立ては一切行っていません。

残高スライド元利定額リボルビング返済方式とは?

しかもアイフルなら借入残高に応じて毎月の返済額が決まる借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用していますので返済の負担は少なくて済みます。

残高スライド元金定額リボルビング方式は毎月元金(借入残高によってスライド)+ 利息を支払う返済方式です。

毎月の返済額は少なくて済むのですが元金に充てられる金額が少ないためなかなか元金が減らないというデメリットがあります。つまり、返済期間が長引き、返済総額や支払う利息がその他の返済方式よりも多くなってしまうのです。

経済的に厳しい状況のときにはこの残高スライド元利定額リボルビング方式は助かるのですが、余裕のある時には繰り上げ返済をしてできるだけ残高を減らし、返済期間を短くしていくことをおすすめします。

アイフルを利用中の方は注目!お金の悩みもスムーズに解決!

カードローンを利用する人はそれぞれ様々なお金の悩みを抱えています。審査のこと、返済のこと、増額のこと、多重債務のことなどいろいろあります。今回はとくに人気のカードローン会社アイフルにスポットをあててお悩みの解決法などをご紹介しました。

アイフルをご利用中の方、これから利用する方がスムーズに快適にアイフルを利用できるように悩みや不安を解消することが大事です。

アイフルは比較的審査に通りやすいと言われていますが、社内ブラックとなってしまうと審査に不利になってしまいます。

また契約時に思ったよりも限度額が低いとがっかりする人もいますが、増額によって追加融資も可能なので諦めないでください。半年ほど返済実績を積むことでスムーズに増額が叶います。

カードローン利用者の中には多重債務で悩んでいる人も少なくありません。そんな人はアイフルのおまとめMAXを利用して複数の借入を一つにまとめてしまいましょう。おまとめローンには金利を下げ、お金の管理がしやすくなるというメリットがあります。

もちろんこちらの記事では返済についてもご紹介しています。返済の遅れや滞納によって信用情報に傷がつかないためにもきちんと返済計画を立てることが大事です。負担の少ない借入後残高スライド元利定額リボルビング方式はありがたいのですが、返済期間が長引くことで返済総額が増えてしまっていることに注意してください。リボ払いには落とし穴もあるのです。

以上がおもなカードローンのお悩みですが、もしも他にもわからないこと、疑問に思うことがあればフリーダイアルで問い合わせることもできます。一人で不安を抱え込まず、また現在利用を検討中の方はしっかり不安を解消した上で申込をすることをおすすめします。

おすすめ記事

カードローンの利用者数は近年上昇傾向にあり、すでに...

カードローンは現在では多くの人が利用していますが、...

カードローンを利用する際には限度額が設定されその範...

カードローンを利用する際には様々な不安がありますが...

カードローンは一昔前は借金地獄という言葉に象徴され...

近年カードローンはとても安全で便利になり利用者も増...

カードローンは近年とても手軽でスピーディにお金を借...

カードローンの利用には審査が必要ですが、審査に自信...

カードローンはその手軽さとスピードで近年人気が急上...

カードローンは近年その手軽さに人気が高まり、利用者...

12
閉じる
閉じる