アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルなら振込による借入返済が可能!自宅にいながら楽々振込

カードローンを利用する際には利便性に優れていること、つまり使い勝手がいいということがとても重要です。自分にとって都合のよい申込方法や借入方法、返済方法などを選べる借入先が理想の借入先と言えるのです。

今回ご紹介するのは人気のカードローンアイフルです。アイフルなら借入や返済の際に振込を選ぶことができます。振込による借入や返済はPCやスマホから行うことができるため24時間どこからでも手続きできるというメリットがあります。

突然お金が必要になったとき、または返済がぎりぎりになってしまったときにもアイフルなら対応してくれます。無理なく快適に利用できるカードローンを選ぶことでよりライフスタイルを充実することができるのは間違いありません。

こちらの記事ではアイフルの振込による借入、返済について詳しくご紹介したいと思います。手続き方法を把握しておくことでいざというときにスピーディに利用することができます。その他の借入、返済方法についても併せてご紹介していきたいと思います。

これからアイフルの利用を検討中の方、すでにアイフルをご利用中の方もぜひ目を通してみてください。

当日振込も可能!インターネット振込予約

カードローンを利用する最大の目的はもちろんお金を借りること。カードローンのおかげで様々なピンチを切り抜けられたという人は少なくないはずです。カードローンの借入にはいくつか方法があり、自分に合った借入方法を選ぶことができます。

中でも自宅にいながら楽々スマホやPCで申込がしたいという方にはインターネットによる振込予約がおすすめです。

金融機関に口座をお持ちであれば、アイフルから直接お客様の口座に入金してもらうことができます。

振込による借入にはまずは振込口座の登録が必要となります。振込口座の登録はネット契約時に行うことができます。すでにアイフルをご利用中でまだ登録がお済でない場合はアイフルの店頭窓口か契約ルームで手続きが可能です。

契約ルームの営業時間は8時から21時45分までです。店頭窓口の営業時間は平日9時~18時までとなります。振込口座の登録が済みますと、インターネットで振込予約ができます。

振込予約は会員専用サービスから24時間振込予約をすることができます。振込名義は「アイフル(㈱)」または「AIセンター」を選ぶことができますので、通帳をチェックされてもバレることはありません。当日振込も可能ですが、申込受付時間によっては翌営業日の振込となってしまうこともあります。

振込による借入の場合、振込手数料はアイフルの負担となります。

インターネットが得意でないという方は同様に電話で振込予約をすることもできます。

電話による振込予約の場合、会員専用ダイアルの他に女性専用ダイアルもありますので女性でも気軽に電話することができます。

以上がアイフルの振込予約の詳細です。銀行口座が残高不足で公共料金などの引き落としができないというときもアイフルの振込融資を利用すれば口座への入金が可能です。

全国の金融機関から利用可能!返済も振込で便利!

振融資についてわかったところで次は振込による返済についてご説明します。アイフルの返済方法はATMや口座引き落としなどもありますが、銀行振込による返済も受け付けています。

振込による返済は全国の金融機関の窓口、ATMから手続きすることができます。インターネットバンキングをご利用でしたらそちらからの振込も受け付けています。

振込先は契約した店舗の指定口座となり、振込口座は会員専用ページから確認することができます。

振込による返済はインターネットやATMから行うことができるのでほぼ24時間受付OKなのですが、金融機関の営業時間などによっては実際に振込が実施されるのは翌営業日となってしまうこともあります。

返済日ぎりぎりというときには振込返済では残念ながら間に合わないこともあります。どうしたらいいいのでしょうか。

コンビニマルチメディア端末機が便利

アイフルではコンビニのマルチメディア端末機を利用して返済が可能です。

ローソンのLOPPIとファミリーマートのFAMIPORTが対応しています。マルチメディア端末機は通常のATMとは利用方法が異なりますので注意が必要です。下記の操作方法を参考にしてください。

【ローソンLOPPI操作方法】

TOP画面の各種サービスメニューをタッチする

各種代金・インターネット受付・スマートピット(Smart Pit)/クレジット等のお支払い/amazon等受け取りをタッチする

クレジットショッピングのお支払いをタッチする

カード会社のロゴをタッチし、次画面で休止時間等を確認してからカードリーダーにカードを通する

4桁の暗証番号を入力し「次へ」をタッチする

お支払い金額を入力し「次へ」をタッチする

クレジットショッピングお支払の確認画面の内容を確認し、「了解」をタッチする

Loppi本体から「各種収納代行申込券」が発券される

申込券を持って、30分以内にレジで精算する
ローソンLoppiとファミリーマートのFamiportなどのマルチメディア端末機のレジ受付は7:00~23:30まで、土・日・祝日を問わず返済が可能です。また申込券の発券時間は7:00~23:00までとなります。

コンビニのマルチメディア端末機を利用すれば返済日が終わってしまうぎりぎりの時間帯でも返済手続きが可能です。ローソンやファミリーマートの店舗は全国にありますので、返済遅れを防ぐことができます。

振込によるメリットデメリット

インターネットや電話で手軽にできる振込による借入や返済についての注意点や得する使い方についてご紹介します。

手数料がかかる

振込による借入の場合、手数料はアイフルが負担してくれますが返済の際には取引金額に応じた手数料を払わなければなりません。

手数料は取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円超えの場合は218円かかります。

カードローンを利用する人の多くは経済的に余裕がありませんのでできれば手数料は払いたくありません。余分な手数料を払わないようにするためには、手数料が無料となる金融機関を利用して振込をすることです。ATMは振込返済の際の手数料が高いのでインターネットバンキングがおすすめです。

例えば某メガバンクは月に3回までは無料で振込することができます。またネット銀行は一般の銀行よりも手数料が低い傾向にあるようです。手数料がかからない、もしくは安い金融機関を利用して振込をするのがポイントです。

受付時間によっては振込まで時間がかかる

先程もご説明しましたがインターネットの振込予約は24時間受付でも実際に振込が実施されるのは翌営業日となります。アイフルからの振込が行われても金融機関の営業時間でないと確認したり、お金を引き出したりすることはできません。

振込による返済も同様に金融機関の営業時間に左右されます。コンビニのマルチメディア端末機なら直接振込返済ができますので返済日ぎりぎりの方はそちらがおすすめです。マルチメディア端末機は一見操作方法が難しそうですが、コンビニの店員に確認することもできますので一度覚えてしまえば複雑なことはありません。

公式アプリならカードレス

ATMを利用した借入や返済、カードレスだったらもっと便利だと思いませんか。

アイフルの公式アプリなら全国のセブン銀行ATMをカードレスで利用することが可能です。カードレスならカードの紛失や盗難のリスクを防ぐことができます。

公式アプリは原則24時間365日取引が可能です。借入、返済はもちろん、新規申込や増額申請なども行うことができます。また会員専用ページにログインすることで利用残高や返済金額など利用状況を確認することができます。

便利な公式アプリを利用してさらに快適にアイフルを利用しましょう。

受付時間と手数料に注意!振込なら自分のペースで使いこなせる

カードローンの借入先を決めるためにはいろいろ判断基準がありますが、とくに大事なのが利便性です。いくら商品内容が充実していても使いこなせなければ快適にカードローンを利用することはできないのです。

今回はアイフルの振込による借入と返済について調べてみました。アイフルではインターネットもしくは電話で振込予約をすることができます。振込予約をするためにはまずは振込口座を登録する必要があります。ただし、金融機関の営業時間によっては翌日以降の振込実施となることもあります。

アイフルでは振込による返済も可能です。振込による返済を行う場合は、契約した店舗の振込口座へ振込をします。振込返済は振込手数料がかかりますので注意してください。手数料の安い金融機関を利用して振込をするという手もあります。

またアイフルではコンビニのマルチメディア端末機を利用して返済することも可能です。マルチメディア端末機なら夜間23時まで土日祝日も受け付けていますので、返済日ぎりぎりになってしまった場合にも対応してくれます。

振込による借入、返済は自宅にいながらインターネットでもATMやマルチメディア端末機を利用して行うこともできます。

自分に合った借入、返済方法を選んでスムーズに、快適にカードローンを利用しましょう。

閉じる
閉じる