アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルは総量規制の対象!利用前に気になる限度額について

カードローンを利用する際にはいろいろなことが気になりますが、とくにいくら借入できるのかということは重要です。目的があってカードローンを利用する場合、希望額に満たないと困るのです。

借入できる金額のことを借入可能枠、限度額などと呼びますが、希望通りの金額が借りれないことも珍しくありません。限度額はどのようにして決まるのでしょうか。限度額アップのために何かできることはあるのでしょうか。

今回は人気のカードローンアイフルの限度額について注目してみました。アイフルを現在利用中の方、今後利用を検討している方にはとても有益な情報であることは間違いありません。

アイフルではどのようにして限度額が決まるのか、限度額が思ったより低い場合には増額のチャンスもあることなどをご紹介していきたいと思います。ぜひチェックしてみてください。

できるだけ多く借入したい!限度額はどのようにして決まる?

カードローンの申込の際には審査に通るか心配ですが、同時に申告した希望額通りに借入できるのか気になります。カードローンの審査では様々なポイントから申込者の返済能力を測ります。身分不相応な借入をしてしまうと返済に行き詰まって困るのは自分自身なのです。

アイフルの審査ではおもに下記の3つのポイントとチェックします。この3つのポイントは限度額の判断材料となります。

  • 年収
  • 勤務先
  • 他社からの借入

年収

アイフルの借入条件は安定した収入があることです。安定した収入があれば収入が少なくても、アルバイトやパートなどでも問題ありません。ただし、年収に応じて限度額が決定してしまいます。これには総量規制という法律が関係するのですが、総量規制については後ほど詳しく説明します。

最近では限度額が低い場合には収入証明書の提出は不要となります。そのため安定した収入があることを確認するために在籍確認を行います。

勤務先

安定した収入があるかどうか確認するためには勤務先のチェックが欠かせません。

アイフルではスタッフが勤務先に電話をかける在籍確認を行います。

勤務先は中堅の会社や自営業であっても問題はないのですが、やはり大手企業勤務者や公務員は離職率が低いため属性が高いと判断され審査に有利になることはあるようです。

他社からの借入

限度額を決める上で他社からの借入をチェックすることはとても大事です。

すでに多額の借入がありますと返済能力は低いとみなされますし、過去に返済の遅れや滞納があるときちんとお金を返さない人と判断されてしまいます。

他社からの借入や過去の借入に関しては、信用情報を確認することで知ることができます。隠すことはできませんので、正直に申告することが大事です。

以上が審査の際に限度額を決める3つのポイントです。次は限度額を決める上で基本となる総量規制という法律についてご説明しましょう。

限度額を左右する総量規制ってなに?

一昔前は年収に限らずいくらでも借入することができました。そのため年収300万円しかない人が200万円近く借入をし、最終的には自己破産や債務整理に追い込まれるなどのトラブルが続出しました。

多重債務で夜逃げや自殺をする人が増加したため、行政は金利や限度額に関する法律を設け無制限に借入できないようになったのです。総量規制が導入されてからは貸し付けが制限され、カードローン会社も思うように利益を得られなくなりました。

総量規制とはおもに消費者金融や信販会社を対象とした法律で、年収の1/3以上は借入できないというものです。つまり、年収が300万円の人は最大でも200万円までしか借入できません。年収の1/3を超えて貸し付けを行った場合は、カードローン会社が行政処分を受けることになります。

そのため新規申込者の審査を行う場合には、本人の申告に加え、信用情報を確認して他社からの借入額を確認しなければなりません。すでに借入がある場合には、年収の1/3からその金額を差し引いた差額の範囲内でしか貸し付けを行うことができないからです。

さらに新規借入の場合は、返済能力や返済の意志があるか確認するために最初は年収の1/3よりも低い最低限の限度額となるケースも少なくありません。

思ったより限度額が低くてがっかりしたというのも決して珍しい話ではないのです。でも、安心してください。そんなときは増額があります。

限度額が低くても諦めないで!増額のチャンスがある!

審査には通ったけど限度額が低くてがっかりした、という人には増額という最終手段があります。増額なら審査を受けることによって限度額をアップすることができます。しかし、誰でもすぐに増額できるわけではありません。増額条件についてみていきましょう。

増額のための条件

  • 新規申込後半年以上経過している
  • 借入後、返済の遅れや滞納がない
  • 登録内容に変更がない
  • 他社からの借入やクレジットカード契約が増えていない

増額の審査ではおもに上記の点をチェックします。

新規申込後半年間遅れることなく返済をして、返済実績を積むことが大事です。

返済実績を積むことでお金を貸しても問題がない相手と判断されるのです。

また契約時に登録した年収、勤務先、個人情報などに変更があった場合、増額審査に影響があります。転職によって収入が下がった場合には、返済能力に関わりますので速やかに連絡しましょう。変更届を出していないということで信用を失うこともあります。

そして最後に他社からの借入が増えていたり、クレジットカードの契約があると増額審査に影響します。

他社から借入があれば返済能力が下がりますし、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありいつでも借入できる状態です。そのため増額審査に影響するのです。

増額の流れ

アイフルの増額審査は会員専用ページにログインして増額申込を行います。簡単な必要事項を入力するだけですぐに増額審査が開始されます。増額審査は営業時間内であればその日のうちに完了することもあります。

信用情報に変更、問題がなければ増額審査に通る可能性は高いです。

増額審査に通過すると平均で5万円~10万円の増額が可能なようです。

口コミを見ても、アイフルの増額審査のハードルはそれほど高くありません。現在の限度額に不満をお持ちの方は思い切って増額を希望してみるのもいいですね。

総量規制は収入に合った借入をするための大事な法律!無理な借入はNG

カードローンを利用する際の限度額は誰でも気になりますよね。カードローンを利用する人の多くはできるだけ多く借入したいと考えています。しかし、身分不相応な借入は返済に行き詰まりトラブルのもととなってしまいます。

現在は消費者金融に対して総量規制という年収の1/3までしか借入できない法律が施行されています。そのため限度額は年収に応じて決まります。銀行カードローンは総量規制対象外ですが、年収の1/3というのはある程度目安となっています。

新規借入の場合は返済能力を見極めるために年収の1/3より低い金額になることも珍しくありません。しかし、そんなときは半年ほど返済実績を積むことで増額が可能となります。増額を実現するために返済の遅れや滞納、他社からの追加借入がないことが大事です。

アイフルの場合、増額申込は会員専用ページから手軽に行うことができます。限度額をアップしたいという方はぜひ増額をおすすめします。

中には増額審査が否決となり限度額が低いと感じることもあるかもしれませんが、限度額は年収に応じた無理のない金額に設定されています。返済トラブルを起こすと信用情報に傷がついてしまいますので注意が必要です。

閉じる
閉じる