アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフル審査は厳しい!?審査に落ちる人の特徴をご紹介

最近ではすっかり私たちの間に浸透したカードローンですが、みなさん審査に通るのかどうか不安を感じています。どんなに良い条件の商品でも審査に通らなければお金を借りることはできませんので、審査への不安は尽きません。

今回は人気の老舗カードローンアイフルにとくに注目してみました。アイフルはサービスや商品内容が充実していておすすめのカードローンなのですが、人気がある分審査が厳しいのではないかと思ってしまいます。

アイフルの審査ハードルは決して高くはありません。ただ、やはりそこは商売ですので残念ながら審査に落ちてしまう人もいます。気になるのは審査に落ちるのにはどのようなケースがあるのかということです。

審査に落ちる人の特徴を知って、同じ過ちをおかさないようにすることが大事です。こちらの記事では審査に落ちる人の特徴についてご紹介し、これから審査に臨む人の参考になればと思います。

今後アイフルへの申し込みを検討してる人はぜひチェックしてみてください。

アイフル審査に落ちる人の特徴:他社から多額の借入がある

アイフルに限らずカードローンを利用する際には必ず申込後に審査を受けることになります。この審査に通過しなければお金を借りることができないので、審査に通るための対策はかなり重要となります。こちらの記事ではアイフルの審査に落ちる人の特徴に注目してみました。

まずアイフルの審査に落ちる人の特徴で多いのが他社から多額の借入がある人です。

多重債務者とも呼ばれるこれらの人々はすでに多額の借入があるために返済能力が低いとみなされてしまいます。

1秒診断

アイフルのHPからは必要事項を入力するだけで借入が可能かどうか判断してくれる1秒診断と呼ばれる仮審査を受けることができます。

1秒診断では年収の他に他社からの借入金額を入力する項目があります。つまり他社からの借入金額は最初のステップで確認する必要のある重要項目ということになります。

総量規制

他社からの借入額が審査に影響を及ぼすのには総量規制と呼ばれる消費者金融を対象とした法律が関係してきます。総量規制では年収の1/3を超えて借入できないことになっています。つまり年収が300万円の方は限度額は最大でも100万円となります。

すでに他社から借入がある場合には年収の1/3からさらに借入額を引いた金額が限度額となります。そのためすでに他社から借入が年収の1/3に達している場合にはどんなに頑張っても審査に落ちてしまうことが考えられます。

信用情報

他社からいくら借入があるかどのようしてアイフルに知られてしまうのでしょうか。申告しなければ大丈夫と思っている人がいますが、他社からの借入額に関しては信用情報に記録されています。

信用情報とは個人の金融に関する情報のことでローンやクレジットカード取引に関する記録のことを指します。

信用情報は金融機関の間で情報を共有することができますので、申告しなくてもアイフルの知るところとなるわけです。つまり、多重債務者であるということはすぐに知られてしまい、審査に落ちてしまうことになります。

アイフル審査に落ちる人の特徴:過去の借入に問題がある

アイフル審査に落ちる人の特徴はもう一つあります。過去に利用したローンやクレジットカードで返済トラブルのある方です。お金を借りたら必ず返済の義務がありますが、中には返済が遅れたり、滞ったり、最悪の場合は債務整理や自己破産で返済を免れようとする輩もいます。そんな過去の経歴を持つ人々はブラックと呼ばれ、アイフルをはじめカードローン各社に敬遠されます。

ブラックとは?

カードローンについて調べているとよくブラックという単語を目にします。ブラックというのは実際にブラックリストが存在するわけではなく、ブラックリストに載るくらい要注意人物であるという意味あいが込められています。

ブラックと呼ばれる人は審査に通るのがとても難しいと言われています。一概にブラックといっても返済トラブルの内容はいろいろあります。

数カ月滞納しただけの人、自己破産によって返済を免れた人、過払い金請求で返済額を減らした人などです。

ブラックといっても問題の深刻さによって審査に通るかどうかが決まってくるというわけです。

過去の借入歴もまた信用情報をチェックすることで調べることができます。信用情報では申込履歴、取引履歴、返済履歴などを閲覧することができます。中には自分の信用情報を把握していない人もいますが、そのような人は信用会社に問い合わせて自分の信用情報を開示してもらうことも可能です。自身の信用情報が不安という人は申込前に確認することをおすすめします。

アイフル審査に落ちる人の特徴:無職、専業主婦、未成年の方

多重債務の方、過去の借入に問題のある方はアイフルの審査に落ちる可能性が高くなるようですが、その他にも審査通過が難しい人がいます。それは、無職、専業主婦、未成年の方です。

無職

アイフルの申込条件の一つに安定かつ継続した収入のある人というのが挙げられています。

お金を借りても安定した収入がなければ返済はできませんので、安定した収入があることは絶対条件となります。

もちろん収入は多い方がいいのですが、高収入ではなくても、パート、アルバイトなどでも借入は可能です。ただし、その場合限度額は低めに抑えられます。

また安定した収入があるかどうか確認するために在籍確認を行って勤務先をチェックしますので虚偽の勤務先を申告してもすぐにバレてしまいます。無職の方はまずアルバイトなど身近なところで仕事を見つけることをおすすめします。

専業主婦

安定した収入がなければ借入できないというお話をしましたが、専業主婦も本人が就業ししていませんので借入が難しくなります。同じ主婦でもパートやアルバイトをしていれば申込資格があります。カードローンの中には安定した収入がある配偶者の同意を得られば専業主婦でも借入できる商品もありますが、アイフルではありません。

専業主婦で借入を希望する方は、パート、アルバイトを始めてみてください。女性なら女性専用カードローン「SuLaLi」がおすすめです。

未成年

先程借入条件の一つに安定した収入があることを挙げましたが、もう一つの条件は満20歳以上であるということです。20歳未満、つまり未成年の場合は責任能力や返済能力があるとは言えないため、アイフルでは貸付を行っていません。

未成年の方はアルバイトなどで必要なお金は自分で稼ぐようにしましょう。満20歳になって、安定した収入を得ることができればアイフルへの申込が可能となります。

アイフル審査に落ちるその他の原因

ここまでアイフル審査に落ちる主な原因についてご紹介しましたが、上記の原因以外にも審査に落ちるケースがあります。

  • 書類に不備がある
  • 希望借入額を高くしすぎる
  • 在籍確認がとれない
  • 所有するクレジットカードの数が多い

審査の際に申込内容に不明な点があったり、書類に不備があると審査に時間がかかったり、審査に落ちてしまうこともあります。また希望借入額が高すぎると経済的にとても困っていると思われてしまいます。あくまでも自分の年収を考え、無理のない範囲で希望金額を伝えましょう。

先程アイフルの借入には安定した収入があることが重要な条件となっているお話をしましたがその確認のために在籍確認を行います。在籍確認がとれなければ審査は進展しませんので、スムーズに在籍確認が行われるように協力しましょう。

最近ではみなさん多数のクレジットカードを所有していますが、クレジットカードにはショッピング枠の他にキャッシング枠も付帯しています。キャッシング枠は実際に借入していなくてもいつでも借入できる状態にあるわけですから、審査に影響することも考えられます。もしも利用していないクレジットカードがある場合には解約してから審査に臨むといいかもしれません。

問題がなければ借入できる可能性は大!自信を持って申込を!

ここまでアイフル審査に落ちる原因についてご紹介してきましたが、他社からの借入や過去の返済トラブルで信用情報に深刻な問題がある方以外にはあまり深刻に悩む必要はないと思います。

アイフルの審査ハードルは決して高くはありません。

満20歳以上で安定した収入があり、信用情報に問題がなければ基本的には借入できるケースがほとんどです。

ブラックになってしまうと借入が難しくなってしまうので信用情報に傷がつかないようにすることが大事ですね。

審査を必要以上に恐れずに自信を持って審査に臨みましょう。どんな場合に審査に落ちるのか知ることで審査内容を把握し、審査対策を行うことができるはずです。

閉じる
閉じる