アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの申込と借入は何時まで?利用する前に知っておきたい

カードローンを利用する前にカードローンに関する様々な事柄を知っておくことはとても大事です。審査のことや返済のことはもちろん、申込や借入などについても確認する必要があります。

カードローンは利用者のニーズにできるだけ応え利便性をアップするために日々努力を重ねています。せっかく便利で充実したサービスを提供していくれているのに使いこなせないのではもったいないですよね。

とくに知っておきたいのが申込や借入などが可能な時間帯です。申込や借入には様々な方法がありますが、選択する方法によって利用可能な時間帯が違ってきます。利用可能な時間帯を知らないと急にお金が必要になった際に間に合わないということにもなりかねません。

今回はカードローンの中でもとくに利用者の多いアイフルに注目してみました。アイフルを今後利用したいと考えている人はぜひチェックしてください。申込の際にも、借入の際も何時までOKなのか知っておくことが大事です。

アイフルの申込何時までOK?

借入先をアイフルに決めたらまずは申込手続きを行います。申込完了後、審査を受け、審査に通過した場合のみお金を借りることができます。まず確認したいのは申込方法と申込受付時間です。当日中にお金を借りたいという人もいるはずですから、時間を確認して受付時間内に申込を済ませる必要があります。

インターネットによる申込

アイフルのおすすめの方法は24時間受付が可能なインターネット申込です。

申込ならアイフルHPから必要事項を入力し申込フォームを送信するだけで申込が完了します。

WEB完結なら申込から借入まで全てWEB上で完結することが可能です。インターネット申込の流れは下記のようになります。

申込(24時間365日受付)

審査(最短30分)

審査結果(メールまたは電話)

必要書類の提出(書類提出サービス)

契約手続き

融資(ATM、振込)

インターネット申込の場合は振込融資を受けることによって当日借入が可能となります。インターネット申込は24時間365日申込を受け付けていますが、営業時間外の申込を行った場合には審査は翌営業日となり、実際にお金を借りるのもそれ以降となってしまいます。

申込から借入まで当日中にご希望の場合は自動契約機での申込をおすすめします。

自動契約機による申込

アイフルでは全国に契約ルームと呼ばれる自動契約機を設置しています。自動契約機はタッチ画面を指示に従って操作するだけで申込手続きが完了します。

自動契約機の営業時間は8:00~22:00までとなっています。

自動契約機なら夜間22時まで、土日祝日も営業していますので夜遅くに申込手続きをすることもできます。また契約完了後はその場でカードが発行されますので隣接するアイフルATMまたは提携ATMで借入ができます。

店舗窓口にて申込

インターネットや自動契約機は使い方がとくわからないという方は、店舗窓口にて対面で申込をすることも可能です。わからないことなどもその場で確認することができますので、カードローンに対する不安も解消されます。

契約手続きやカードの発行もその場で完了します。

店舗窓口の営業時間は10:00~18:00 となります。

土日祝日、夜間は利用できませんし、店舗数は多くありません。平日忙しい方や遠方にお住いの方には少々不便かもしれません。

電話による申込

アイフルではPCが苦手という方のために従来の電話による申込も受け付けています。電話による申込は24時間可能ですが、契約書類やカードの郵送などで時間がかかってしまいます。とくに急ぎではないという方は電話による申込でも問題ないと思います。

以上がアイフルの申込方法と申込時間のご紹介です。本日中に借入希望という方は自動契約機がおすすめです。ただし、すでに手続き中の人がいる場合時間がかかってしまいますので、余裕を持って向かいましょう。

アイフルの借入は何時までOK?今すぐお金を借りたい人は要チェック!

無事申込が完了し、契約手続きが済みますと、限度額内で自由にお金を借りることができるようになります。突然お金が必要になることもありますので、借入が可能な時間帯を把握しておく必要があります。

ATMによる借入

最も便利な借入方法としてはATMで借入する方法があります。

アイフルではアイフルATM、提携ATM、コンビニATM/CDを利用してお金を借りることができます。

アイフルATMの利用可能時間は
平日7:00~26:00
土 7:00~24:00
日祝 7:00~26:00

提携ATMを利用する場合は提携先によって利用可能な時間帯が異なりますのでHPなどで確認しましょう。コンビニATMの場合、ほぼ24時間借入が可能です。

借入が可能な提携ATMは下記の通りになります。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • コンビニEnet
  • 親和銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
アイフルATMは手数料無料で利用することができますが、提携ATMを利用する場合手数料がかかります。取引金額が1万円以下の場合108円、1万円超えの場合216円かかります。

インターネット・電話による振込

インターネットの会員サービスからは24時間、振込予約することが可能です。会員専用サービスからお手続き後、お客様の銀行口座へ振り込みします。その際、振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」のいずれかを選ぶことができます。当日振込も可能ですが、手続き時間によっては振込が翌営業日となることもあります。

電話からも同様に振込手続きを行うことができます。女性専用ダイアルなら女性オペレーターが対応しますので気軽に手続きができます。

以上がアイフルの借入方法と借入可能な時間帯のご紹介です。アイフルでは不動産担保ローン以外は店頭での融資は行っていません。

返済は夜間23:00までOK!ぎりぎり間に合うことかも!

最後は返済可能な時間帯についてご紹介します。返済遅れや滞納は信用情報に傷をつけてしまいます。返済トラブルを起こさないためにも期日までに返済をすることは鉄則です。しかし、時には返済日を忘れてしまい、返済がぎりぎりになってしまうことがあります。そんなときのために返済可能な時間帯もチェックしておきましょう。

振込による返済

振込による返済はお客様の銀行口座から契約した店舗の指定口座への振込が可能です。振込先は会員専用サービスにて確認することができます。振込が可能な時間帯はご利用の金融機関の営業時間に準じますのでHPなどで確認してください。

ATMによる返済

アイフルATM、提携ATM、コンビニATMにて返済が可能です。利用可能な時間帯は借入可能な時間帯と同様になります。

コンビニマルチメディア端末機による返済

アイフルではコンビニに設置されていますマルチメディア端末機から返済を行うことができます。マルチメディア端末機は通常のATMとは利用方法が異なりますので、操作方法を確認しましょう。マルチメディア端末機では返済のみ取引が可能です。

【ローソンLOPPIの操作方法】

TOP画面の各種サービスメニューをタッチする

各種代金・インターネット受付・スマートピット(Smart Pit)/クレジット等のお支払い/amazon等受け取りをタッチする

クレジットショッピングのお支払いをタッチする

カード会社のロゴをタッチし、次画面で休止時間等を確認してからカードリーダーにカードを通する

4桁の暗証番号を入力し「次へ」をタッチする

お支払い金額を入力し「次へ」をタッチする

クレジットショッピングお支払の確認画面の内容を確認し、「了解」をタッチする

Loppi本体から「各種収納代行申込券」が発券される

申込券を持って、30分以内にレジで精算する
ローソン(Loppi)・ファミリーマート(Famiポート)に設置のマルチメディア端末の利用可能時間はレジにて原則7:00~23:30まで、土・日・祝日を問わず返済が可能です。また申込券発見時間は7:00~23:00までとなります。

コンビニのマルチメディア端末機、返済日が終わってしまう直前にも返済手続きが可能です。ローソンやファミリーマートは全国どこにでもありますので返済遅れを防ぐことができます。

返済日忘れを防ぐには返済日3日前に知らせてくれるaiメールサービスもありますので、そちらも併せて活用しましょう。

申込時間と借入時間を把握していれば急にお金が必要になっても大丈夫

アイフルを利用する前に把握しておきたいのは申込や借入の受付時間が何時までかということです。インターネット申込は24時間受付可能ですが、営業時間外の場合実際に審査が行われるのは翌営業日となってしまいその日のうちに申込は完了しません。そんなときは22時まで申込可能な自動契約機がおすすめです。

人生には突然お金が必要となる場面がありますが、借入可能な時間を把握しておかないと当日中にお金を借りることができません。

ATMを利用する場合、アイフルATMは夜24時または26時まで借入が可能です。提携ATMの場合は提携先の金融機関の営業時間を確認する必要があります。

返済は夜間23時まで利用可能なコンビニのマルチメディア端末機がおすすめです。マルチメディア端末機は通常のATMとは操作方法が異なりますが、いったん覚えてしまえば複雑なことはありません。

以上のようにアイフルの申込、借入、返済は利用者のニーズにできるだけ応えられるように営業時間を長めにとっています。突然お金が必要になったとき、返済がぎりぎりになってしまったときでも対応してくれるのが嬉しいですね。

しっかり時間を把握して、快適で便利にアイフルを使いこなしましょう。

閉じる
閉じる