アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの審査は甘い?審査が不安な人は申し込み前に自己診断を

カードローンには興味があるけど審査に通るかどうか自信がないという人はあなただけではありません。しかし、実はカードローン審査はその他のローンやクレジットカードなどの審査に比べると比較的通りやすいと言われています。

また審査に自信のない人でも審査内容を把握して審査に備えるだけで審査通過率をアップうすることが可能です。審査のことを何も知らずに審査に臨むよりも審査について理解している方が有利であることは間違いありません。

審査に自信のない人はできるだけ審査の甘い借入先をみつけたいと思っていますが、それならおすすめは老舗カードローンのアイフルです。アイフルと言えば社名を知らない人はいないほど知名度の高い会社です。知名度が高いだけではなく、長年の実績があり、サービスも充実しています。

審査が甘くて、商品内容もばっちりということであれば迷わずアイフルがおすすめです。ただし、審査というのは個人差がありますのでアイフルなら誰でも絶対に借入できるというわけではありませんのでご了承ください。

こちらの記事ではアイフルの審査基準をはじめ、アイフルでも審査に通らない人とはどのような人なのかご説明していきます。審査内容を把握し、審査対策を行うこともアイフルの審査をスムーズにクリアするために大事です。

これからアイフルの審査に臨む方はぜひチェックしてみてください。

アイフルは審査が甘い!条件を満たせば審査に通過する可能性大

審査に自信がないからできるだけ審査の甘い借入先を選びたいと考えている人は少なくありません。今回ご紹介するアイフルなら下記の審査通過のポイントを押さえている方なら審査をクリアできる可能性は高いです。

アイフルの審査に通過するには下記の3つの条件に問題がないかチェックしましょう。

借入条件を満たす

アイフルで申込をするためには申込条件を満たす必要があります。

アイフルの申込条件とは満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となります。

また満70歳になった時点で新たな融資は停止されます。つまりきちんと仕事についていて20歳以上70歳未満の方であれば申込資格を満たすことができることになります。

ブラックではない

カードローンについて調べているとブラックという言葉をよく目にしますがブラックとはどういう意味があるのでしょうか。ブラックとは主に信用情報に問題がある人のことを指します。信用情報とは個人のクレジットヒストリーの記録のことを指します。

銀行や消費者金融などの金融機関はお金を貸す際には審査を行いますが、その際にこの信用情報をチェックして申込者が信用できる人物かどうか確認します。信用情報にはローンやクレジットカードの申込履歴、取引履歴、返済状況などが記録されています。

ここでとくに問題になるのが過去に返済の遅れや滞納がある人です。さらに自己破産や債務整理などの履歴がある場合には、いくらアイフルの審査が甘いとはいえ審査に通るのは厳しいと考えた方がいいでしょう。

このことからカードローンを利用する際には返済の遅れなどのトラブルを起こさないようにすることが大事です。

総量規制に違反していない

アイフルを利用する際には安定した収入があることをチェックします。収入がなければ返済能力があるとは言えないからです。現在は総量規制という法律が施行されているため、収入に応じて限度額が制限されています。

総量規制とはそもそも消費者の利益を守るための法律で、借り過ぎを防ぐことを目的としています。総量規制では年収の1/3までしか借入できないと決められているので、例えば年収が300万円の人の場合、最大限度額は100万円となります。

つまり、すでに他社から借入がある場合には限度額に影響を及ぼします。総量規制にすでに達している場合には審査に通るのはほぼ無理と考えましょう。

以上がアイフルの審査に通るために3つのポイントです。

安定した収入があり20歳以上70歳未満であること、信用情報に問題がないこと、総量規制に違反しないことはアイフルの審査をパスするためには必須です。

アイフルで借入が難しいのはこんな人!

先程の3つの条件を満たせない人は審査に通るのが難しくなりますが、その他にも審査に通るのが難しいケースがあります。

専業主婦、無職

申込条件として安定した収入があることとありましたが、収入がない無職の方や専業主婦は審査に通るのが厳しいです。

将来的に就職が決まっている内定者の場合でも現時点で収入はありませんから審査に通過できません。

専業主婦の場合は、カードローンによっては安定した収入のある配偶者の同意があれば借入できるものもあります。専業主婦の方は短時間でもパートなどを始めることで審査通過が可能となります。

在籍確認が取れない

アイフルをはじめとするカードローン審査では必ず審査の一環として在籍確認を行います。在籍確認とはアイフルのスタッフが申込者の勤務先に電話をかけ、本当に在籍しているか確認する作業です。

在籍確認は収入を確認するためにも重要ですので、在籍確認が取れなければ審査は進展しません。つまり、在籍確認が取れなければ審査は完了せず、借入はできません。

申込内容に虚偽があった

審査に自信のない人の中には少しでも自分を良くみせようとして申込の際に虚偽の申告をする人がいます。勤務先や年収をはじめ、他社からの借入額などを偽る人がいますが在籍確認を行い、信用情報をチェックすればすぐにわかってしまうことです。

虚偽の申告は詐欺罪にあたるのはもちろん、信用できない人物として悪い印象を与えてしまいます。

希望限度額が高すぎる

審査にスムーズに通過するためには希望額を低く申告した方がいいと言われています。

例えば年収が300万円の人が200万円の希望額を申告しても審査に通るのはほぼ不可能と言えます。借入目的を明確にして、希望額はできるだけ低く抑えるのが賢明です。

それでもアイフルの審査に落ちてしまった!どうすればいい?

アイフルの審査に通過するにはどのような条件を満たせばいいか、どんなポイントに気を付けたらいいかということがわかりましたが、それでも審査に落ちてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

一つ目の提案は、申込を延期することです。

返済トラブルのある方は信用情報の記録が消えるまで待つ、多重債務の方はとりあえず他社の借入分を返済するなどして、信用情報がクリーンになるのを待ちましょう。

ただ、今すぐお金が必要という場合には対応できないかもしれません。どうしても今すぐお金を借りたいという方は、アイフルよりもさらに審査が甘い中堅の消費者金融に申し込みをすることです。中堅の消費者金融は大手と競合するために審査ハードルを低くしていることがあります。

中堅の消費者金融は全国に多数ありますが、口コミなどをチェックすることで審査の難易度を知ることができます。

総合サイトには口コミや体験談が掲載されていますので、参考にするといいでしょう。

中堅の会社ではブラックと呼ばれる人でも審査に通過する確率が高いようです。ただし、審査には個人差がありますので必ずしも審査に通るとは言い切れません。ただ、本当に借入先に困っている場合には申し込んでみる価値はありそうです。

条件を満たせばアイフルの審査を通過できる可能性大!

審査に自信のない人はできるだけ審査に通りやすいカードローンを選びたいものですが、今回おすすめなのは老舗カードローンのアイフルです。アイフルは審査のハードルが低く、条件を満たせば審査に通ることは決して難しくありません。

条件とは20歳以上70歳未満で安定した収入があること、信用情報に問題がないこと、総量規制に違反していないことの3つが挙げられます。その他にも無職の方、在籍確認がとれない、申込内容に虚偽があるなどした場合には審査に通るのは厳しくなります。

審査内容を把握して、対策を行っても審査に落ちてしまった場合には、信用情報がクリアになるのを待つか、あるいは審査がさらに甘い中堅の消費者金融に申し込むという手もあります。

アイフルの本審査を受ける前にHPから利用できる1秒診断を活用することをお忘れなく。年収や他社からの借入を入力することで審査に通る可能性があるかどうか診断してくれます。無駄な申込をしないためにも1秒診断はぜひお試しください。

アイフルを利用したいけど審査に自信がないという方はまずは条件を満たしているのかどうか確認し、大丈夫そうであれば1秒診断を受け、その後本審査に進みましょう。アイフルなら深刻な問題がなければ借入できる可能性は高いです。

閉じる
閉じる