アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

返済が心配!アイフルなら無理のない返済で生活を圧迫しない!

カードローンに興味はあるけど、審査や在籍確認などが心配で踏み切れないという人は案外少なくありません。カードローン初心者の中にはわからないことが多く不安を抱えている人がいますので、申込前に不安を解消する必要があります。

カードローンに関して最大の心配事は返済のこと。返済に追われるのではないか、返済できなくてトラブルに巻き込まれるのではないかという不安は誰にでもあります。しかし、カードローンはルールを守って利用すれば決して危険なものではありません。

アイフルの場合も、申込前に返済についてしっかり把握しておきましょう。返済方法や返済日はもちろん、返済シュミレーションを利用すれば毎月の返済額を計算することができます。事前にきちんと返済計画を立てることはカードローンの基本です。

そして、もう一つ知っておきたいのは返済日を忘れたり、事情があって返済できない場合にはどのようなペナルティが課せられるのかということです。これはアイフルに限らずローンを利用する際には必ず知っておいて欲しい注意点です。

こちらの記事では返済に関する様々な事柄についてご紹介しています。申込後にこんなじゃずじゃなかったとならないためにぜひこちらの記事をチェックしてください。

アイフルの返済に関する基本情報!返済方法と返済方式について

カードローンを利用する際には返済について把握しておくことが大事です。カードローンを快適に利用するためには必ず返済ルールを守る必要があります。返済がスムーズにいかないとストレスになりますし、またトラブルに発展する恐れもあります。

返済方式

アイフルでは、借入残高に応じて返済額が決まる借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式を採用しています。

元利定額とは毎月の返済額の中に利息を含む返済方式のことで、月々の返済額が低めに抑えられるのが特徴です。

ただし、一方で返済期間が長くなるため、返済総額や支払う利子が多くなるというデメリットもあります。

返済方法

アイフルの返済方法は振込、店舗、アイフルATM、提携ATM、コンビニ、口座振替の中から自分の都合のよい方法を選ぶことができます。

アイフルでは全国の提携ATMやコンビニATM、CDを利用することができ大変便利ですが、手数料が発生することがあります。

取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円超えの場合は216円かかります。

アイフルATMは手数料無料です。コンビニATM、CDなら夜間でも利用できるので急にお金が必要になったときも便利です。

振込の場合、全国の金融機関やATMからアイフルの指定口座へ振込ができます。振込先は会員ページから確認することができます。振込手数料はお客様の負担となります。

返済日忘れを防ぎたいという方は口座振替がおすすめです。利用している金融機関から自動引き落としが可能です。口座振替をご希望の方は別途手続きが必要となります。

返済日

アイフルの返済日は毎月一回の約定日制もしくは35日ごとの35日サイクル制になります。

返済日は都合のよい日を選ぶことができますので、給料日直後を指定するとスムーズに返済ができると思います。返済日までの10日間が返済期間となります。

アイフルでは、支払期日3日前などにメールで返済日をお知らせするaiメール送信サービスを実施しています。登録料、会費は無料なのでぜひご利用ください。

借入前に返済シュミレーションを活用するのは鉄則!

借入前に具体的な返済計画を立てることはとても大事ですが、返済計画と言ってもよくわからないという人のためにアイフルのHPからは返済シュミレーションを利用することができます。

返済シュミレーションとは借入額、金利、返済回数などを入力するだけで毎月の返済額を算出してくれる便利なツールです。

例えば10万円を金利18.0%で約定日払いとした場合、支払い回数は32回で毎月の返済額は4000円となります。支払総額は126,260円となり、支払う利息は26,260円となります。自分で計算すると複雑ですが、返済シュミレーションなら瞬時に計算してくれます。

金利について

返済シュミレーションは便利なツールですが、金利の計算方法については自信で理解しておく必要があります。金利はカードローンに限らずお金を借りるときにかかる手数料のことで、金利によって利息が決まります。

アイフルの金利は3.0%~18.0%(実質年率)となり、借入額に応じて金利が決まります。

利息の計算は利息=利用残高×金利÷365日×利用日数となります。10万円を利息18.0%で10日間利用した場合の利息は493円となります。

事情があって返済できない!遅延、滞納のペナルティは?

以上が返済方式、返済方法、返済日、金利などについての説明となります。返済についてきちんと知っておくことはとても大事ですが、どんなに把握していても事情があって返済できないということもあります。

もしも返済日に返済できない場合どうしたらいいのでしょうか。どのようなペナルティが課せられるのでしょうか。

返済が滞ると信用情報に傷がつく

通常返済日に返済がされなかった場合、まずアイフルから利用者の携帯やスマホなどに電話が来ます。そこで返済日が再設定されるわけですが、返済ができない人の多くがこの電話を無視してしまいます。

そうなると自宅や会社に電話がきたり、督促状が送られてきたりすることがあります。返済トラブルによって会社や家族などの第三者にカードローンの利用がバレてしまうこともありますのでリスクを負うことになってしまいます。

それでも返済しないでいると、信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報とは信用会社が管理する個人の金融情報のことです。ローン審査においては金融機関は信用情報をチェックしてお金を貸しても問題がない相手かどうか確認します。

そのため信用情報に返済の遅れや滞納の記録があると審査に大きく影響します。一度記録された内容は完済後5年ほどは消えないと言われていますので信用情報に傷がつくと、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作るのが難しくなります。

将来的にライフプランに影響を及ぼすことがないとも言えませんので、その点が最大の注意点です。

快適にカードローンを利用するために返済ルールは必ず守る!

以上がアイフルの基本的な返済に関するご紹介です。アイフルでは返済に関して、利用者の方に無理がないように様々な配慮がされていることがわかります。

返済サイクルを選べることでより負担を少なくしたり、返済方法や返済日に関しても都合のよい方法を選ぶことができます。

借入前に必ず試していただきたいのが返済シュミレーションです。必要事項を入力することで毎月の返済額を計算してくれますので返済計画を立てる上で大変役立ちます。また少し複雑ですが、金利の計算方法についても把握しておくといいですね。

そして何よりも気になるのが返済ができない場合にどのようなペナルティが課せられるのかということです。返済が滞ると自宅や会社に電話や通知が送られますので、第三者にカードローンの利用がバレるリスクが高まります。

最大のペナルティは信用情報に傷がつくことです。信用情報に返済の遅れや滞納が記録されると、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作るときに審査に不利になる可能性があります。将来不自由を強いられることも考えられますので、安易に滞納しないように気を付けましょう。

ただし、カードローンは返済ルールを守っているかぎり、大変便利で安全です。きちんと返済ができていれば、必要に不安になることはありません。

おすすめ記事

カードローンを利用する際に申込のことや審査のことを...

すっかり便利で安全になってカードローンは近年利用者...

閉じる
閉じる