アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの返済日はいつ?返済忘れはトラブルの元!

カードローンを利用する際に申込のことや審査のことを気にする人は多いですが、返済についてきちんと理解している人はどれくらいいるのでしょうか。カードローンに限らずお金を借りたら返すというのは基本的なルールです。

カードローンを利用する前にまずは返済方法、毎月の返済額、返済日などをきちんと把握しておくことがとても大事です。とくに返済日に関しては、返済日を一日でも過ぎると滞納ということになってしまいますので注意が必要です。

それでもつい返済日を忘れてしまったという人は少なくありません。返済日が過ぎてカードローン会社から電話がきて初めて思い出すというケースもあります。

今回は多数あるカードローンの中でもとくに人気の高いアイフルの返済について詳しく調べてみました。アイフルを利用したいと考えている人は多いと思いますが、その前に返済についてしっかり勉強してください。

返済遅れは信用情報にも影響を及ぼし今後の借入が難しくなることも十分ありえます。返済ルールを守って快適にアイフルを利用しましょう。

知っておきたい返済ルール!毎月の返済額はどうやって決まる?

アイフルを利用する際に審査について調べる人は多いと思うのですが、返済についてもきちんと把握していますか。返済に関して最も大事なのは毎月いくら返済するのか具体的に知ることです。毎月の返済額によって返済総額など決まってきますし、返済計画を立てるのにも役立ちます。

残高スライド元利定額リボルビング方式

お金を借りるときに大事なのは金利と返済方式を確認することです。

アイフルの返済方式は消費者金融でよく採用されている残高スライド元利定額リボルビング方式です。

残高スライド元利定額リボルビング方式とは毎月の借入残高に応じて返済額がスライドする仕組みとなっています。ただし、追加融資によって残高が変わると返済額はスライドします。元利定額の場合は、返済額の中に元金と利息分が含まれます。

残高スライド元利定額リボルビング方式は毎月の返済額が固定されていますので、お金の管理がしやすいというメリットがある一方で、毎月の返済額が少ないため返済期間が長引き返済総額が増えてしまうというデメリットもあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式で返済する場合には、余裕のあるときに繰り上げ返済をすることで返済期間の短縮が可能です。

金利について

カードローンを利用する際に多くの人がチェックするのが金利です。金利が低い方が毎月の返済額が少なくて済みますので借入先を選ぶ際に金利は重要な判断基準となります。アイフルの金利は3.0%~18.0%となり、限度額によって金利が異なります。

金利の計算方法は以下の通りになります。

借入金額×実質年率÷365×借入日数=利息額

例えば10万円を金利18.0%で30日間借入する場合、利息は1470円となります。なんとなくわかるけど、計算が難しいという方には返済シュミレーションがおすすめです。

返済シュミレーション

返済シュミレーションはアイフルのHPから活用できる返済額を知るための自動計算ツールです。支払い方式、支払いサイクルを選択し、借入額と金利を入力すると各回の返済額をシュミレーションしてくれます。

10万円を金利18.0%で借入する場合は、毎月の返済額は5000円、支払回数は25回、返済総額は123,709円となります。返済シュミレーションを利用すると返済早見表を確認することができますので、返済の内訳なども知ることができます。利息や元金がどのように減っていくか確認することで、返済状況を把握できます。

カードローン返済のポイントはただなんとなく返済するのではなく、毎回どれくらい残高が減っているのか確認し、完済へのやる気をアップさせることです。

返済日を一日でも過ぎれば滞納!返済日忘れを防ぐには?

返済方式を知り、返済計画を立てることの重要性を理解していただけたかと思いますが、次にチェックするべきは返済日です。通常返済日を一日でも過ぎると滞納とみなされてしまいます。

返済日

アイフルの返済日は毎月一定の返済日を選ぶことができる約定日制と35日毎の返済の35日サイクル制です。

約定日制の場合、都合のよい日を選ぶことができ、返済期日までの10日間が返済期間となります。

35日サイクル制の場合、返済日の翌日から35日後が次回返済日となります。返済は返済期日の前であればいつでも返済が可能です。

返済日忘れにはaiメール

忙しくて返済日を忘れがちという人は返済日3日前などにメールで返済日を知らせてれるaiメール送信サービスの登録をおすすめします。

登録料無料、年会費無料で利用できますので返済日忘れを防ぐためにもぜひ活用してください。

返済方法

最後にアイフルの返済方法ですが、下記の中から自分に合った返済方法を選ぶことができます。

  • 振込
  • 店舗
  • ATM(アイフル、提携先)
  • コンビニ
  • 口座振替

振込返済の場合、全国の金融機関の窓口・ATMから返済が可能です。振込先は契約先のアイフル店舗の指定口座となり、会員専用ページから確認することができます。振込手数料はお客様の負担となります。

口座振替の場合、本人名義の口座から自動引き落しが可能です。店頭、郵送、WEBなどから登録手続きができます。

ATMを利用した返済の場合、アイフルATM、提携先ATMから返済が可能です。ただし、アイフルATM以外は手数料がかかりますので注意したください。

また全国の提携コンビ二からも返済が可能です。ただし、ローソンLOPPI、ファミリーマートFAMIポートなどのマルチメディア端末機は操作方法が一般のATMと若干異なりますので注意が必要です。コンビニATMなら24時間返済が可能なので、返済がぎりぎりになってしまったときには助かります。

返済日と返済方法は自分に合ったものを選んで遅れずに返済することが大事です。

返済遅れにはペナルティ!返済遅れは信用情報を傷つける

返済遅れに気を付けるようにと多くの人が言うのには理由があります。それは返済遅れにはペナルティが課せられるからです。返済が遅れるとどのようなことになるのでしょうか。

返済遅れや滞納などの返済トラブルは信用情報を傷つけてしまいます。信用情報とはクレジットやローンの契約や申込、取引に関する情報を登録した個人の情報のことを指します。この信用情報は、金融機関が顧客の信用を判断するための参考資料として利用されます。

信用情報に記録されているのはおもに申込情報、クレジット情報、利用記録などです。クレジット情報には契約内容や返済状況なども含まれます。つまり返済が規定通りになされていない場合、返済の遅れや滞納がある場合には金融機関の知るところとなってしまい審査に影響を及ぼすことになります。

つまり、アイフルなどカードローンで返済トラブルを起こした場合、将来的にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際に審査に不利になることがあります。

ただし、どのようなトラブルが実際に不利益をもたらすのかということは個人差がありますのではっきりとはわかりません。

またこれらの情報は完済後5年もの間、保有されますので注意しましょう。

ただし、カードローンを利用するだけで信用情報に傷がついてしまうと考えるのは間違いです。むしろ借入後、きちんと返済をしていれば返済実績が積まれますので反対にきちんとお金を返す人と判断され審査にプラスに働くこともあります。

返済日は都合のいい日を選べる!aiメールも活用しよう

アイフルに限らずカードローンを利用する際に必ずチェックしたいおきたいのが返済に関することです。返済方式、利息の計算方法、返済日や返済方法など返済に関するすべての事柄をきちんと把握しておくことは、返済トラブル防ぐ上でとても重要です。

アイフルでは毎月の負担が少ない残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しています。また返済シュミレーションを活用することで毎月の返済額を確認することが可能です。きちんと返済計画を立て、計画に沿って地道に返済を進めましょう。

とくに返済日忘れによる滞納は信用情報に傷を付けてしまいますので、十分に注意が必要です。アイフルの返済日は都合のよい日を選ぶことができますので、給料日直後を選ぶことをおすすめします。またaiメールに登録しますと返済日の3日前にお知らせメールが届きます。

返済日忘れはトラブルのもとになりますので十分注意が必要です。

閉じる
閉じる