アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフル借入前に毎月の返済額を確認しよう!事前チェック方法

すっかり便利で安全になってカードローンは近年利用者が急上昇中ですが、返済トラブルを起こす人も決して少なくありません。カードローンが手軽になった分、簡単にお金が借りれるようになりついつい借り過ぎてしまう人もいます。

カードローンを利用する際には審査や限度額などが気になりますが、返済についてもきちんと把握しておくことが大事です。返済トラブルを起こすとその後の人生に不便を強いられることにもなります。

カードローンでお金を借りた場合には必ず返済義務があります。毎月指定された返済日に決められた金額を返済しなければペナルティが課されるのは当然のことです。今回は人気のカードローンアイフルにスポットをあててみました。

アイフルでは利用者の負担をできるだけ軽減するような返済方式、返済方法を選ぶことができます。生活を圧迫せずに無理のない返済ができるのは嬉しいですよね。返済トラブルを起こさないために毎月の返済額を確認することを怠らないでください。

こちらの記事ではアイフルの返済について詳しくご紹介したいと思います。返済方式や返済額などについても触れていきますので役立つ情報が満載です。

アイフルでは負担の少ない残高スライド元利定額リボルビング方式

アイフルに限らずカードローンを利用する際には返済のことをしっかり把握しておくことが大事です。まずはアイフルの返済方式についてご紹介したいと思います。返済方式によって毎月の返済額や返済総額が変わってきますので知らないと損をすることも。

アイフルでは負担の少ない借入後残高スライド元利定額リボルビング方式を採用しています。

残高スライド元利定額リボルビング方式とはどのような返済方式なのでしょうか。詳しくご説明します。

残高スライド方式とは借入残高によって毎月の返済額が調整される返済方式です。毎月の最低返済額が決まっていますので無理なく返済ができます。リボルビング方式とは借入額とは関係なく毎月の返済額が一定の金額に固定されている返済方式です。

残高スライド元利定額リボルビング方式とはスライド方式とリボルビング方式が組み合わさったものです。

毎月最低限の返済額で済み、さらに金額が固定されていることでお金の管理がしやすく、負担が少ない返済方式となります。

しかし、一方で毎月の返済額が少ないため返済期間が長くなります。返済期間が長引くということは支払う利息が多くなり、返済総額も増えるというデメリットがあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式であっても、余裕のある時に繰り上げ返済をすることで返済期間を短縮することが可能です。

利息の計算方法

毎月の返済額を計算するうえで金利について知っておく必要があります。金利は借入先によって異なりますが、アイフルの金利は3.0%~18.0%となっており、限度額に応じて決まります。

金利の計算方法は下記の通りになります。

借入残高×年利×借入日数/365日=利息

となります。例えば金利18.0%で10万円を30日間借入した場合利息は1470円となります。金利について理解していないと毎月の返済額を計算することができません。しかし、実は毎月の返済額を計算してくれる返済シュミレーションというツールがあるのです。

返済シュミレーション

返済シュミレーションとはアイフルのHPから利用できる自動計算ツールです。

支払い方式と支払方法を選択し、利用金額と金利を入力するだけで毎月の返済額を知ることができます。

ちなみに10万円を金利18.0%で30日間借入した場合、返済回数は25回、毎月の返済額は5000円、支払総額は123,709円となります。返済早見表を確認することもできますので具体的な返済計画を立てるのに役立ちます。

返済方法や返済日も忘れずにチェックして!

返済方式について理解し、返済シュミレーションを活用することで毎月の返済額を知ることができます。毎月の返済額がわかったところで返済方法や返済日についてもご説明しましょう。

返済日

アイフルの返済は毎月一定の返済日もしくは35日ごとの返済となる35日制サイクルのいずれかを選ぶことができます。

都合のよい日を選ぶ約定制の場合、返済期日までの10日間が返済日となります。35日サイクル制の場合は返済日の翌日から35日後が次回返済日となり、返済期日の前ならいつでも返済が可能です。

返済方法

返済方法は、振込、店舗、ATM、コンビニ、口座振替のいずれかを選ぶことができます。

振込の場合、契約先のアイフル店舗の指定振込口座へ振込にて返済が可能です。振込先は会員専用ページから確認することができます。

口座振替の場合、お客様の銀行口座から自動引き落としとなります。口座振替のためには別途登録手続きが必要です。ATMを利用して返済することも可能ですが、アイフルATM以外を利用する場合手数料がかかりますので注意しましょう。取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円超えの場合は218円の手数料がかかります。

ローソンLOPPIやファミリマートFamiポートなどのマルチメディア端末なら24時間利用することができます。マルチメディア端末機では返済のみ取引が可能です。

【ローソンLOPPIの操作方法】

TOP画面の各種サービスメニューをタッチする

各種代金・インターネット受付・スマートピット(Smart Pit)/クレジット等のお支払い/amazon等受け取りをタッチする

クレジットショッピングのお支払いをタッチする

カード会社のロゴをタッチし、次画面で休止時間等を確認してからカードリーダーにカードを通する

4桁の暗証番号を入力し「次へ」をタッチする

お支払い金額を入力し「次へ」をタッチする

クレジットショッピングお支払の確認画面の内容を確認し、「了解」をタッチする

Loppi本体から「各種収納代行申込券」が発券される

申込券を持って、30分以内にレジで精算する

【ファミリーマートFamiポートの操作方法】

TOP画面から「金融サービス」をタッチする

アイフルのボタンをタッチし、ローンカードを挿入する

返済する金額を入力する

出力された「Famiポート申込券」をレジで精算する

レジにて代金支払い後、「お客様控え」を受け取る

返済遅れや滞納は信用情報に傷がつく!こんなペナルティも

返済についてしっかりと把握していないと返済トラブルをめなく恐れがあるというお話をしましたが、返済トラブルを起こすとどうなるのでしょうか。返済が遅れたり滞ったりした場合には信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報とは信用会社が管理している個人のお金に関する記録です。信用情報には取引情報、返済情報、申込情報、契約情報などローンやクレジットカード契約の情報が全て記録されています。その記録を確認することできちんとお金を返す人がどうか金融機関は判断するのです。

信用情報に問題があるとブラックと呼ばれ、カードローンやクレジットカード審査に不利人あることがあります。ただし、一人一人属性が異なるためどのくらい問題があると審査に落ちるかというのはわかりません。信用情報に傷がつくと将来的にローンを組むこともできず不自由を強いられることがあります。

信用情報には返済の遅れや滞納の他にも、多重債務、自己破産、債務整理に関する情報も記録されています。他社からの借入が多い場合にも審査に影響を及ぼします。

返済が厳しい時の対処法

返済トラブルはいけないとわかっていても時には事情があって返済が厳しいというときもあるでしょう。そんなときはどのように対処すればいいのでしょうか。

どうしても返済日までに返済ができないときは、アイフルに電話をして正直に事情を説明しましょう。返済日を再設定するか、もしくは返済額を減らすなどの相談に乗ってくれるはずです。

返済をしないまま、アイフルからの電話を無視し続けると自宅や勤務先に電話や通知が来るなどさらに大きなトラブルになってしまいます。返済が厳しい時はまずはアイフルに連絡することが大事です。

家族や知人にお金を借りる、不用品をリサイクルショップなどに売る、日雇いバイトをするなどの方法も検討してみてください。借りたお金を返すことはカードローンを利用する上で基本的なルールです。

毎月の返済額をしっかり把握して返済遅れを防ぐことが大事!

カードローンを利用する際には審査や限度額を気にする人は多いですが、もっと大事なのは返済についてきちんと把握しておくことです。返済シュミレーションなどを活用して毎月の返済額をきちんと確認しましょう。返済計画を立て、計画通りに地道に返済を続けることが大事です。

その他にも返済方式、返済日、返済方法などもチェックしましょう。残高スライド元利定額リボルビング方式は毎月の負担は少なくて済みますが、返済期間が長引くことで返済総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないでください。

返済トラブルを起こすと信用情報に傷がついてしまい、将来的にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが難しくなります。そのようなことにならないためにも、返済遅れ、多重債務、自己破産や債務整理などのトラブルを起こさないようにしましょう。

返済についてしっかり把握することで安心してカードローンを利用することができます。

閉じる
閉じる