アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

カードローンの残債の意味は?アイフルを例に解説

カードローンはその手軽さとスピードで近年人気が急上昇中です。以前は危険と思われていたカードローンも現在ではとても安全に利用できるようになりました。すでにカードローンを利用中の方、これから利用を検討中の方も大勢いることでしょう。

カードローンを利用するということはお金を借りるということです。お金を借りるということは返済の義務が発生しますので責任を伴うことになります。カードローンで借入をした場合、借金を背負うことになり、この借金のことを残債と言います。残っている債務ということですね。

こちらの記事ではこの残債について詳しくご説明したいと思います。今回はとくに人気の高いカードローンアイフルを例に残債について調べてみました。アイフルは業界をリードする老舗カードローン会社の一つで、その社名を知らない人は少ないと思います。

残債とはなにか、残債はどうやって計算するのか、またどのように変動するのかなどについて触れていきたいと思います。借りたお金をスムーズに返済するためには残債について詳しく知っておく方がいいですね。

快適にトラブルなくカードローンを利用するためにぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

残債とは借入残高のこと!借入額はどうやって決まるのか!?

残債というのはカードローンで借りているお金のことですが、まず最初に確認したいのは一体いくら借入できるのかということです。カードローンで借入できる金額を限度額または借入可能枠と言います。カードローンは与えられた限度額の中で自由にお金を借りたり、返したりできるのが特徴です。
 
もちろん必要なければ限度額いっぱいまで借りる必要はありませんし、限度額がいくらであっても借りた分以外は利息を支払う必要はありません。カードローンを利用する際気になるのがこの限度額です。

限度額はおおよそ年収の1/3と言われています。現在施行されている総量規制という法律は借り過ぎを防止するための消費者金融を対象とした法律です。総量規制によりますと借入は最大でも年収の1/3までと決められています。年収が300万円の方は最大で100万円まで借入が可能ですが、通常は新規借入の場合、返済能力を見極めるまでは限度額は低めに抑えられる傾向があります。

限度額は希望額よりも少ないことが多いということを覚えておくといいでしょう。

増額

ただし、初回の限度額が低めでも半年ほど実績を積むことで増額が可能となります。

増額とは追加融資を受けることで、増額の際には再審査を受けることになります。

増額審査のポイントは半年以上返済の遅れがないことです。アイフルの場合、増額は会員専用ページから手軽に行うことができます。

限度額は年収のおおよそ1/3ということがわかりました。しかし、新規借入の場合、きちんとお金を返してくれるのか見極めるために最低限の限度額になることもあります。借り過ぎを防ぐためにも収入に見合った限度額が理想的です。

返済は借りたお金+利息!毎月の残高チェックはとても重要!

限度額の設定方法についてわかったところで次は残債のチェック、つまり残高についてご説明します。カードローンを利用する場合、借りた金額+利息を支払わなければなりません。利息は金利によって決定するため、金利はできるだけ低い方がいいのです。

アイフルの金利は3.0%~18.0%となります。借入額が50万円以下の場合には金利は18.0%となるのが一般的です。利息の計算方法をみてみましょう。

借入残高×借入利率÷365日×利用日数=利息

例えば10万円を30日間金利18.0%で利用した場合、利息は1479円となります。

返済方式

残債はもちろんですが毎月の返済額についても気になります。毎月の返済方法はカードローン会社が採用している返済方式によって変わってきます。

アイフルの返済方式は残高スライド元利定額リボルビング方式です。

一見わかりにくそうですが、それほど複雑ではありません。

残高スライド方式というのは残高の金額帯によって毎月の返済額が固定される方式です。例えば残高が5万円未満は毎月の返済額は5000円、5万円以上1万円未満は毎月1万円というようにです。元利定額リボルビング方式は返済額の中に元金と利息が含まれることです。元金定額の場合、元金は固定されそこに利息がプラスされますので元利定額よりも毎月の負担が多くなります。

元利定額リボルビング払いは毎月の負担が少なく、お金の管理がしやすいというメリットがある一方で返済期間が長引くことで返済総額が多くなってしまうというデメリットもあります。

メリットデメリットを把握したうえで地道に毎月の返済を進めることが大事です。

返済シュミレーション

カードローンを利用する際には返済方式や返済日を把握することが大事であり、同時に返済額の内訳をチェックして残債を確認しましょう。返済がきちんと進んでいることを確認することでモチベーションもアップします。

毎月の返済額や残高チェックをするのに欠かせないのが返済シュミレーションです。返済シュミレーションはアイフルのHPから利用することができます。

返済シュミレーションは借入金額や金利を入力するだけで毎月の返済額を計算してくれます。

返済早見表からは返済額の内訳や詳細を確認することができますので、返済計画を立てるのに役立ちます。

WEB明細

返済シュミレーションを利用して返済計画を立てることは重要ですが、同時に毎月のWEB明細をチェックすることも怠ってはいけません。最近では従来の明細書の郵送を停止し、WEBで明細書がいつでもどこでもチェックできるようになっています。

アイフルでは会員専用ページからWEB明細書を確認することができますので、定期的にチェックするようにしましょう。

残債がかさむと一体どうなる!増えすぎた借金によるトラブルとは?

残債の確認をして、自分の借金を管理することはスムーズな完済のためには必要な作業です。残債が増えると一体どのようなトラブルになるのでしょうか。

多額の借入をしている人を多重債務者と呼びます。多重債務に陥ると返済が行き詰まり、最終的に債務整理や自己破産となってしまうケースもあります。とくに複数の会社から借入をしていると金利や返済日が異なるため返済忘れなどが多くなってしまいます。中には借金返済のために新たな返済をするなど悪循環に陥ってしまうこともあります。

返済の遅れは信用情報として記録され金融機関に公開されるため返済能力が低い人物と判断されてしまい、カードローン審査などに通りにくくなります。信用情報では他社での借入件数や借入金額が一目瞭然のため、多額の残債があれば審査への影響は避けることができません。

多重債務や返済トラブルによって信用情報に傷がつくことでカードローンだけではなく、その他のローンやクレジットカード審査にも影響を及ぼします。信用情報の記録は完済後5年ほどは消えないと言われているので、将来的に不自由を強いられるなど影響を及ぼすことがあります。

残債がある場合には新規借入は慎み、まずは現在の借金を返済することに集中しましょう。借金を重ねることで残債が増え、債務整理や自己破産という最悪な事態にもなりかねません。

残債とは借入残高のこと!こまめにチェックして計画的に減らすこと

残債とはあまり聞きなれない言葉ですが、カードローンでは借入残高のことを指します。カードローンは限度額内で自由にお金を借りたり、返したりできますので必要な分だけ借入することができます。限度額がいくらであっても実際に借入している分しか利息を支払う必要はありません。

カードローンの限度額はおおよそ年収の1/3となっています。しかし、新規借入の場合は返済能力を見極めるまで低めに設定されることもあります。限度額が思ったよりも低くてがっかりすることもありますが後から増額が可能です。

スムーズに返済を進めるためには毎月残債をチェックすることがポイントです。返済シュミレーションを利用して返済計画を立て、毎月WEB明細等で残高や返済の内訳などをチェックしましょう。

残債が膨らんで返済に行き詰まると信用情報に傷がついてしまいます。多重債務となると借入先を探すのも難しくなります。最悪の場合、自己破産や債務整理ということにもなりかねませんので残債を定期的にチェックし、返済への意識を高めることが必要です。

閉じる
閉じる