アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルでの滞納…今すぐ返済すべき理由と考えられるデメリット

カードローンを利用しているけど希望通りの限度額で契約できなかったという経験をお持ちの方は少なくありません。審査に通ったのはいいけど限度額に不満をお持ちの方は増額によって限度額アップのチャンスがあります。

今回はとくに人気のカードローンアイフルに注目してみました。アイフルではもっと借入したいと思っている方のために増額申込をすることができます。ただし、誰でも無条件に増額できるわけではありません。

増額するためにはいくつか外せない条件がありますが、その中の一つがアイフルの返済を滞納していないということです。アイフルに限らずカードローンを利用する際には返済トラブルを起こさないというのは鉄則です。

アイフルで増額を実現するためにはどのようなことに気を付ければいいのか、また現在支払いを滞納中の方は増額は厳しいのかなど増額について詳しくご紹介したいと思います。

今後増額を希望されている方はぜひチェックしていただきたい内容となっています。

増額審査に通るためのポイント!ここを抑えれば問題ない

アイフルの審査を通過してお金を借りることができて喜んだのは束の間、思っていたより限度額が低くてがっかりしたという話をよく聞きます。そもそも限度額はどのようにして決定されるのでしょうか。

総量規制

アイフルの審査では安定した収入があることが最大条件となります。そしてその年収に応じて限度額が設定されます。と言いますのも、現在は総量規制という法律が導入されていて年収の1/3までしか貸付をしてはならないと決められているからです。年収の1/3を超えて貸し付けを行った場合、カードローン会社が処罰を受けることになります。

総量規制の関係上、年収の1/3というのが限度額の上限となっています。

しかし、新規借入の場合には利用者に借入実績がないため年収の1/3よりも低い最低限の限度額が与えられることも珍しくないのです。

しかし、安心してください。アイフルでは一定の条件を満たせば増額が可能となり、限度額を引き上げることができるのです。

契約後半年以上経過している

もう少し限度額を増やしたいという際には増額の申込をしますが、申込をするためには新規契約してから半年以上経過している必要があります。新規契約の際に一度審査で限度額を設定されているわけですから、すぐに限度額の引き上げはちょっと難しいようです。

半年以上取引実績がある

増額のためには契約後、半年以上取引実績を積むことが大事です。

取引実績というのは実際にお金を借りて返すという行為です。アイフルとしては利用者にお金を借りてもらうことが目的なわけですから、半年間ほとんど利用していないのにいきなり増額申込をするのはちょっとおかしいですよね。不審に思われないためにも取引実績を作ることが大事です。

半年以上返済実績がある

お金を借りた場合必ず毎月返済の義務が生じます。返済実績は増額審査において重点的にチェックされます。

半年以上、返済の遅れや滞納がないということは増額審査では一番のポイントです。

遅れや滞納があればお金を返さない人とみなされ増額は非常に難しくなります。とくに現在アイフルの返済を滞納中の方は増額は厳しいと考えられます。

他社からの借入が増えていない

増額審査では再び信用情報などをチェックします。そのため他社からの借入が増えていると審査に影響する可能性があります。そもそも総量規制の関係上年収の1/3までしか借入できないのですから、借入額が増えればその分返済能力を問われることになるのです。

すでに多額の借入があれば返済に行き詰まることも考えられるので増額は見送るのが賢明です。

以上のポイントを踏まえた上で増額が可能かどうか考えましょう。増額できそうだなと思った方はさっそく増額の申込に進みます。

増額申込は会員専用ページから!審査は最短40分

アイフルの増額審査は決して厳しいものではありません。上記のポイントを満たせば、ほぼ増額審査に通ると考えてもいいと思います。

アイフルの増額申込はHPから会員専用ページにログインすることで手続きを行うことができます。

審査は約30分から1時間程度かかります。会員専用ページからの申込は24時間受付可能ですが営業時間外の場合、審査は翌営業日となりますので少し時間がかかることもあります。

増額審査では勤務先や年収、信用情報のチェックが行われます。

勤務先や待遇などに変更があった場合、限度額が50万円を超える場合には収入証明書の提出が求められることもあります。

必要書類は書類提出サービスを使って送ることができますので手間がかからず、また誤送信なども防いでくれます。

平均的な増額の金額は10万円~30万円程度となります。もっと大幅に限度額を増やしたい人は転職や昇進などで収入がアップした際に増額申込することをおすすめします。

返済を滞納するのはホントにヤバい!社内ブラックになるかも!

先程返済の遅れや滞納があると増額審査に影響するというお話をしましたが、どの程度影響するのでしょうか。カードローンでお金を借りた場合、必ずお金を返さなければなりません。指定された返済日に入金がされていない場合、延滞や滞納という扱いを受けることになります。

返済がされずに延滞、滞納ということになるとその記録は信用情報として残ります。信用情報とは個人のお金に関する情報のことを指しますが、信用情報はアイフルをはじめとする金融機関の間で情報が共有されています。

信用情報にはアルファベットなどをマークを使って返済状況が記録されています。

$=正常に入金されている
A=本人の事情によって入金されていない
P=一部のみ入金

しかし、実はどれくらい返済期日を過ぎると信用情報に記録されるのかということは明確には決められていません。一般的には3カ月以上滞納すると信用情報へ記録されてしまうようです。

信用情報に傷がついてしまった場合、完済後5年は記録は残ると言われています。つまりその間はクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのが難しくなるということです。

またカードローンを利用する人の中には自身の信用情報を把握していない人もいます。自分の信用情報を知らないまま申込をするのはおすすめできません。例えば知らないうちに口座残高が不足して引き落としができずに返済が遅れてしまったというケースもあります。

自分の信用情報を知りたい方は信用会社に問い合わせることで確認することができます。開示方法はインターネット、郵送、窓口の中から選ぶことができます。いずれも手数料がかかりますので注意してください。手間がかからず便利なインターネットによる開示がおすすめです。

社内ブラックとは?

信用情報に問題がある人がブラックと呼ばれるのは知られていますが、社内ブラックという言葉もあります。

社内ブラックとはアイフル独自で保管している信用情報に問題のある顧客のことを指します。

一般的な信用情報が完済後5年でクリアになるのに対し、社内ブラックの場合半永久的に返済トラブルに関する情報は消えません。つまり深刻な問題がある場合は、再審査を受けるのは好ましくないということになります。

アイフルで過去にトラブルを起こしたことがある方はアイフル以外のカードローンを検討した方がよさそうですね。

少し話がそれてしまいましたがとにかく返済を滞納中というのでは、増額はもちろんできませんし、信用情報に傷がつくという最悪の事態を招くことになってしまいます。返済を滞納中なのであればまずは現在ある借金を返済してから増額について検討するべきです。

返済を滞納中では増額は難しい!滞納は信用情報も傷つける!

アイフルは人気のカードローンですが、思ったよりも限度額が低くてがっかりしたという話をよく聞きます。そんなときはあまり肩を落とさず、半年ほど返済実績を積むことで増額が可能となります。

スムーズに増額するためのポイントとしては、取引実績、返済実績を積むこと、また他社から追加で借入していないことなどが挙げられます。とくに大事なのは半年間返済の遅れや滞納がないことです。返済の遅れは信用情報の記録から確認することができます。

返済の滞納は増額審査に影響することはもちろんのこと、信用情報に傷がつくと今後ローンを組んだり、クレジットカードを作るのが困難になるなどいいことがありません。また信用情報とは別に、社内ブラックと呼ばれる状況に陥るとアイフルで再び借入することが難しくなってしまいます。

カードローンでお金を借りたら必ず返済の義務があります。返済を滞納している方は増額について検討する前にまずは滞納している分を返済しましょう。信用情報の傷が深くなる前に早めに対応することが大事です。

閉じる
閉じる