アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルは夜間の取引もOK!急なお金の入り用でも使い勝手抜群!

カードローンの借入先を選ぶときにはみなさんどのような基準で選びますか?金利が低いことやサービスが充実していることはとても大事ですが、それ以外にも利便性が優れていることや使い勝手がいいことが大事です。

医療費や冠婚葬祭など突然お金が必要となることもありますが、それが日中とは限りません。夜間に急きょお金が必要になることもあり、そのような緊急時にも対応してくれるカードローンは貴重です。

今回は人気の老舗カードローンアイフルの取引可能時間に注目してみました。必要なときに必要な分だけ借入できるのがカードローンのいいところです。夜間に急にお金が必要になったときにも対応してくれるアイフルはありがたい存在です。

こちらの記事ではアイフルの取引可能時間帯について詳しくご紹介したいと思います。取引時間を把握しておくことで必要になったときにすぐに対応できます。これからアイフルを利用する方、すでにアイフルを利用している方も取引可能時間帯をチェックすることをおすすめします。

アイフルの申込は自動契約機で22時まで可能!

アイフルではなるべく多くの人が希望時間帯に取引できるように配慮してくれています。取引時間帯についてご紹介する前にまずは夜間でも申込できるかどうか調べてみました。

カードローンをまだ契約していない方でも突然夜間にお金が必要になることもあるかもしれません。未契約の場合、まず申込をしなければならないのですが夜間の申込は可能なのでしょうか。

インターネット申込なら24時間可能!?

アイフルではインターネット、電話、来店による申込を選ぶことができます。

インターネット申込なら24時間受付可能なので、忙しい方には向いています。しかし、夜間に申込を行った場合、実際に審査が実施されるのは翌営業日となってしまいます。

自動契約機なら22時まで申込OK

夜間でも申込が可能なのは自動契約機(契約ルーム)を利用した申込です。

自動契約機の設置場所はアイフルHPから確認することができます。自動契約機ではタッチパネルを使用して申込手続きを行います。操作方法などがわからない場合には電話でオペレーターと会話をしながら手続きを進めることができます。

自動契約機を利用する場合には、予めインターネット申込を行ったうえで自動契約機へ向かいます。自動契約機に必要書類を読み込ませ、契約書類へ署名します。その場で契約手続きが完了し、契約書を受け取ることができます。その場でカードが発行されますので、併設のATMまたは提携ATMで借入が可能です。

もしも今すぐお金が必要ではないという方でも万が一に備えてあらかじめ契約だけ済ませておくという使い方もあります。契約しても借り入れしなければ一切手数料はかかりません。

アイフルの借入はATMで24時間OK!

それではアイフルは果たして夜間でも借入できるのか見ていきましょう。

アイフルではインターネット振込、電話振込、またはATMにて借入が可能です。

インターネットでは24時間振込予約を受け付けていますが、振込が実施されるのは営業時間のみとなります。また振込先の金融機関の営業時間によっても異なります。

24時間利用が可能なのはアイフルATM、提携ATM、コンビニATM/CDです。

ATMを利用できる提携ATMは下記の通りになります。

提携ATMについて

借入 返済
セブン銀行
イオン銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
イーネット
親和銀行
福岡銀行 ×
熊本銀行 ×
ファミリーマートファミポート ×

借入のみ可能なATM、返済のみ可能なATMもありますので、事前にHPで確認しましょう。

ATM手数料について

アイフルではアイフルATM、提携ATM、コンビニATM/CDを利用することができます。アイフルATMは手数料無料ですが、提携ATM、コンビニATM/CDは手数料がかかります。取引金額が1万円以下の場合は手数料108円、1万円超えの場合は216円となります。

ATMの営業時間

それではATMの営業時間について詳しくご紹介したいと思います。夜間に利用しやすいATMを覚えておくと突然お金が必要になったときに便利です。

こちらのではみなさんが良く利用するATMの時間帯をご紹介します。

【セブン銀行の営業時間】

平日 0:00~2:00  3:00~24:00
土曜日 0:00~2:00  3:00~23:00
日曜 7:00~24:00
祝日 0:00~2:00  3:00~24:00

【イオン銀行の営業時間】

平日・土曜日・祝日 7:00~23:00

ローソンATMやイーネット、ローソンLoppi、ファミリマートのファミポートなどは24時間営業していますので、深夜でも取引が可能です。

コンビニのマルチメディア端末は24時間利用可能でとても便利なのですが、一般的なATMと操作方法が若干異なりますので注意が必要です。

24時間営業のコンビニマルチメディア端末の操作方法

おもに返済の際に利用できるコンビニのマルチメディア端末機は全国どこからでも24時間利用可能で大変便利です。返済遅れとなると信用情報に傷がつく恐れがありますので、返済日に遅れそうなときはコンビニでの返済おすすめです。

ただし、マルチメディア端末機は一般的なATMとは利用方法が異なりますので注意が必要です。

マルチメディア端末機の操作方法についてご説明しましょう。

ローソーンLoppiの操作方法

TOP画面の各種サービスメニュをタッチする

各種代金・インターネット申込・スマートピット/クレジット等のお支払いを/Amazon等受け取りをタッチする。

クレジットショッピングのお支払いをタッチする

カード会社のロゴをタッチし、次画面で休止時間等を確認してからカードリーダーにカードを通す

4桁の暗証番号を入力し、次へをタッチする

支払金額を入力し、次へをタッチする

クレジットショッピング支払の確認画面の内容を確認し、次へをタッチする

Loppi本体から「各種収納代行申込券」が発券される

申込券を持って、30分以内にレジで精算する

※申込券の有効時間は30分となり、30分を過ぎると無効となります。

ファミリーマートファミポートの操作方法

ファミリーマートファミポートの操作方法は下記を参考にしてください。

TOP画面から金融サービスをタッチする

アイフルのボタンをタッチし、ローン専用カードを挿入する

返済する金額を入力する

出力された「Famiポート申込券」をレジにて清算する

レジにて代金支払い後、「お客様控え」を受け取る

コンビニのマルチメディア端末機は返済がぎりぎりになってしまったときにも利用できます。

アイフルはやっぱり便利!全国のATMで24時間取引可能

カードローンを選ぶ際には使い勝手の良さをチェックしましょう。多様化するライフスタイルの中で自分に合ったカードローンを選ぶことが快適に利用するためには大切です。とくに仕事や育児で多忙な方には24時間利用できるカードローンがおすすめです。

そこで今回は人気のカードローンアイフルの取引可能時間について詳しくご紹介しました。アイフルなら自動契約機を使って夜間22時まで申込が可能です。その後は、併設のアイフルATMもしくは全国の提携ATM、コンビニATM/CDでの利用が可能です。

提携ATMやコンビニATM/CDの多くが24時間取引が可能です。

ただし、借入返済のいずれかのみしか取引ができないATMもありますのでアイフルのHPで事前に確認してください。またコンビニのマルチメディア端末機は操作方法はATMとは異なりますので、こちらの記事を参考にしてください。

24時間取引可能なアイフルなら急な状況にも素早く対応してくれます。

閉じる
閉じる