アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの本審査の内容を知りたい!審査項目と合否の基準

人気のカードローンアイフルは商品やサービスが充実しているので利用者も多いのですが、カードローン初心者の方はどうしても審査に不安を感じてしまいますね。アイフルの審査についてもっと知りたいという人のためにこちらの記事で審査について詳しくご紹介していきます。

カードローンを利用するためには必ず審査を受ける必要があります。審査に通らなければお金を借りることができないからです。アイフルの審査ハードルは高くはありません。一定の条件を満たすことで審査に通る可能性は十分あります。

アイフルの審査は仮審査と本審査の2段階に分かれています。仮審査では一秒診断と呼ばれるツールを利用します。仮審査を受けるのには大事な理由があります。

本審査ではどのようなことを審査するのか、どのような流れで進んでいくのかということを把握しておくことも審査に臨むうえで役に立ちます。こちらの記事ではアイフルで審査を受けるみなさんがスムーズに審査にパスできるようにアドバイスをしていきたいと思います。

アイフル審査に臨む際にぜひ参考にしてみてください。

アイフルに決めたらまずは1秒診断で仮審査!

沢山のカードローン会社の中からアイフルに決めたら、まず最初にするべきことは一秒診断と呼ばれる仮審査をすることです。アイフルのHPには1秒診断と呼ばれる借入が可能かどうか判断してくれるツールがあります。

事前に融資が可能かどうか1秒診断に必要事項を入力するだけで知ることができます。

入力事項は年齢、雇用形態、年収、他社借入金額です。

雇用形態は社長・代表者、従業員(正社員)、従業員(パート、アルバイト、嘱託)、主婦(パート、アルバイトなどをされている方)、専業主婦、無職の中から選択します。

他社借入金額はクレジットカードでのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除くキャッシングローンの借入状況を入力します。

必要事項の入力が終わりましたら、診断開始ボタンをクリックするだけで、借入が可能かどうか診断してくれます。1秒診断で借入可能と出た方は本審査に進みましょう。

1秒診断を受けることで無駄な申込をせずにすみます。カードローン業界では申込情報も信用情報として記録されてしまいます。

申込後、審査で否決となると記録が残ってしまいますので、次に審査を受ける際に申込ブラックとして不利になることも考えられるのです。

アイフルに正式な申込をする前にまずは一秒診断を活用して無駄な申込を避けるようにしましょう。

アイフルの本審査ではこんなことを審査する!

アイフルの1秒診断で借入が可能と出たら次はHP上の申込フォームを利用して申込を行いますが、その前に審査ではどのようなことを審査するのか把握しておくことをおすすめします。

アイフルの審査ではどのような点を重点的に審査するのでしょうか。

安定した収入があるか?

アイフルの審査ではまず安定した収入があるかどうかをチェックします。お金を借りるということは必ず返済の義務があります。きちんと毎月返済を行うためには継続かつ安定した収入があることが必要です。

アイフルの審査を受ける人の中には年収が低いので審査に通らないのではないかと心配する人もいますが、収入が低くても毎月の収入があれば審査に通る可能性は十分にあります。

また総量規制という法律が導入されて以降は限度額は年収の1/3までと制限されています。

勤務先に問題はないか?

安定した収入があるかどうかチェックするためには勤務先の情報を申告する必要があります。その情報をもとにアイフルでは在籍確認を行い、勤務実態を調査します。

給与が高いことや離職率が低いことなどから大手企業勤務者や公務員は優良な顧客と言われていますが、自営業者や中小企業勤務でも審査に問題はありません。

過去に返済の遅れや滞納がないか?

アイフルの審査では過去に契約していたローンやクレジットカードの支払いに問題がないかどうかチェックします。過去に支払いの遅れや滞納、債務整理、自己破産などがあればお金を返さない人、責任感の乏しい人と判断され審査に影響を及ぼします。

また過去の借入歴については信用情報に記録されており、金融機関は審査の際に閲覧が認められています。

他社から多額の借入はないか?

同様に信用情報から他社からの借入状況についても知ることができます。

他社から多額の借入がある場合には、アイフルにて新たな借入をしても返済能力が低いとみなされてしまいます。

また総量規制の関係上、すでに借入がある場合には、借入総額が年収の1/3を超えることはできません。そのためアイフルでの限度額はさらに低いものになってしまいます。他社からの借入額や借入件数があると審査に不利になることもあります。

アイフルの借入条件と申込の流れを確認!

アイフルの審査内容についてわかったところで本審査に進みましょう。アイフルの本審査はインターネット、電話、来店にて申込を行うことができます。とくにアイフルのHPから申込フォームを送信するだけのインターネット申込が手軽でスピーディでおすすめです。

借入条件

アイフルの借入条件は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となります。

また、取引中に満70歳になった時点で新たな利用は停止となります。

必要書類

アイフル審査に必要な書類は運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの本人確認書類と住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書、所得証明書などの収入証明書類となります。

ただし、限度額が50万円以下の場合は収入証明書は不要となります。

申込の流れ

アイフルの申込の流れは以下の通りになります。

申込(インターネット、電話、来店)

審査

審査結果の連絡(メール、電話)

契約手続き

必要書類の提出(書類提出サービス、メール)

借入(ATM、振込)

お急ぎの方はインターネット申込後、フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することができます。

アイフルの本審査は手軽でスピーディ!ハードル低め!

借入先をアイフルに決めたらまずはHPの1秒診断で借入が可能かどうかチェックしましょう。年収や他社からの借入に関する情報を入力すると借入が可能かその場で判断してくれます。無駄な申込を避けるためにも必ず一秒診断を活用することをおすすめします。

一秒診断で借入が可能とわかったら本審査に進みましょう。インターネット申込ならHPから申込フォームを送信するだけで申込が完了します。満20歳以上で安定した収入があれば誰でも申込が可能です。

必要書類も限度額が50万円以下であれば運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のみで申込が可能となります。申込から借入までインターネットでできるWEB完結などもありますので、お急ぎの方や遠方にお住いの方にも便利です、

アイフルの申込についてご理解いただけたと思いますので、ぜひ申込を検討してみてください。

閉じる
閉じる