アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの審査時間は長い?短い?今すぐお金を借りたい人必見!

最近人気のカードローン、利用者も多く、すっかり私たちの生活に浸透しています。カードローンを利用する人の多くができるだけ早急に借入したいと考えていますが、申込から借入までどれくらい時間がかかるのでしょうか。

人によっては今日中にお金を借入できないと困るという人も少なくありません。カードローンはそんな人々のニーズに応えられるよう対応していますが、確実に借入できると言い切れるのでしょうか。

今回はとくに人気の高いカードローンアイフルに注目してみました。老舗アイフルでは長年の実績と充実したサービスで常に業界をリードしています。アイフルは即日融資の必要性を十分理解していますのでスピーディな借入が可能です。

こちらの記事ではアイフルの審査について詳しく調べてみました。審査の流れ、審査内容、審査時間など審査に関する詳細をご紹介していますので、これからアイフルの申込を検討している方には役に立つ内容となっています。

審査についてきちんと理解することで審査通過率もアップすることは間違いありません。

インターネット申込なら24時間受付でスピーディ

アイフルへの借入を決めたらまずは申込を行って審査を受ける必要があります。

申込はインターネット、電話、来店にて行うことができますが、スピーディで手間がかからないのはやはりインターネット申込です。

インターネット申込は24時間受付可能で自宅にいながら申込から借入まで全てWEB上で行うことができます。お急ぎの方は最短30分で審査が完了するインターネット申込がおすすめです。インターネット申込の流れをみてみましょう。

申込(インターネット)

審査(最短30分)

審査結果の連絡(電話、メール)

契約手続き

融資(振込・ATM)

アイフルの審査に必要な書類は本人確認書類と収入証明書類となります。限度額が50万円以下の場合収入証明書類は不要となりますので本人確認書類のみの提出となります。いずれもアイフルのHPから書類提出サービスを利用して手間がかからず送ることができます。

自動契約機による申込

インターネット申込はスピーディで手間がかからずおすすめなのですが、24時間受付といっても営業時間外の場合審査は翌営業日に持ち越されてしまいます。

もしも夜間や土日祝日に申込をする場合には自動契約機をおすすめします。

アイフルの自動契約機は全国に設置されていますので、HPから最寄りの設置場所を確認しましょう。夜間は22時まで申込が可能です。自動契約機では必要書類や勤務先の情報を準備して申込手続きを行うことができます。

タッチ画面を操作しながら手続きを進め、わからないことがあれば電話でオペレーターに確認することができます。その場で契約手続きが完了し、カードが発行されますので併設のATMで借入が可能です。

自動契約機のデメリットとしては先に利用者がいた場合、1時間程度待たされることもあります。余裕を持って申込をすることが大事です。

アイフルの審査では3つの項目を重点的にチェックする!

できるだけ早くお金を借りるためには審査を通過しなければなりません。そのためにはスムーズに審査を進める必要があるのですが、どのような項目を審査するのか把握していますか。何も知らずに審査を受けるのは無謀とも言えます。

アイフルの審査ではおもに年収、勤務先、過去の借入歴をチェックします。

年収

現在は総量規制という法律が施行されているため年収の1/3が限度額の上限となっています。

年収が300万円の場合最大でも100万円までの借入ということになります。総量規制に違反しないためにも年収をチェックするのは当然のことです。

しかし、実際には限度額が50万円以下の場合は収入証明書の提出は不要です。そのかわりに在籍確認を行ってきちんと仕事についているかどうかということを確認します。在籍確認に問題があると審査に時間がかかってしまいます。

年収は厳密にチェックされますが、年収が低いからといって審査に通らないというわけではありません。限度額は制限されますが、アルバイトやパートでも審査に通る可能性は十分あります。

勤務先

在籍確認によって勤務先はしっかりチェックされます。公務員や大手企業勤務ですと審査に通りやすいというのはあながちウソではないようです。公務員や大手企業勤務ですと離職率が低く、トラブルを起こさず返済をしてくれると考えられるからでしょう。

勤続年数が長い方が審査に有利に働きます。勤続年数が長い方が勤勉で真面目な性格、責任をもって返済をしてくれると思われるからです。最低でも勤続年数は1年以上はあった方がいいですね。

過去の借入歴

過去にローンを組んだり、クレジットカードを作ったりした際に返済トラブルを起こしたことはありません。

返済遅れや自己破産、債務整理など過去の借入歴に問題があるとお金を返さな人というレッテルを貼られてしまいます。

過去の借入歴は信用会社が保管している個人の信用情報をチェックすることで知ることができます。他社から多額の借入がある場合も返済能力が低いとみなされて審査に影響します。

今後カードローンを利用する際には返済トラブルを起こさないように気を付け、信用情報を傷つけないように注意しましょう。

以上がアイフルの審査の主な内容です。審査内容を知り、審査に備えることで通過率をアップさせましょう。とくに信用情報に問題がない人は開示を求めるなど情報確認をし、問題があるようなら申込時期を延期することも検討するべきです。

できるだけスピーディに借入するための注意点!

今すぐお金を借りたという人はできるだけスピーディに審査を通過する必要がありますが、そのためには注意していただきたい点がいくつかあります。下記の点に注意すれば審査時間をより短縮することができます。

お急ぎの方はフリーダイアルに電話

アイフルではお急ぎの方のためにフリーダイアルに電話することで審査を短縮できるようになっています。早急に借入を希望する方は、インターネット申込後、申込完了メールが届きましたらフリーダイアルに電話してください。すぐに審査を開始します。

まずは1秒診断を試して

アイフルのHPでは借入が可能かどうか即時に判断してくれる1秒診断を利用することができます。

1秒診断をクリックして年収や他社からの借入金額を入力すると借入が可能かどうか判断してくれます。

審査に通る可能性が低い場合には申込を見合わせることも検討してください。

夜間土日祝日の申込は自動契約機へ

こちらは先程ご説明しましたがインターネット申込は24時間受付ですが審査は営業時間中のみとなります。土日祝日、夜間に申込を希望する場合には全国に設置された自動契約機による申込をおすすめします。

書類の不備などないように

これは審査の基本ですが、申込内容に間違いや不備がありますと再提出が必要となり時間がかかってしまいます。即日融資が可能でも審査が長引けば、翌日以降の融資のということにもなりかねませんので提出前に今一度内容の確認をしてください。

希望額はなるべく低めで

カードローンを利用する人の多くはできるだけ多くお金を借りたいと考えているのでついつい希望額を高くしてしまいます。希望額が高すぎると慎重に審査が行われるため時間がかかることもあります。希望額はなるべく低めに設定しましょう。

在籍確認がスムーズにできるように

アイフルの審査では在籍確認が必須となっています。そのため在籍確認が取れるまでは審査は完了しません。在籍確認がスムーズに行われるように勤務先の電話番号に誤りがないかどうか再度チェックすることをおすすめします。

以上が審査をスピーディに完了するためのポイントです。アイフルの審査時間は最短30分なので問題がなければその日のうちに借入をすることが可能です。よりスピーディに審査が行われるように協力することも大事ですね。

審査に積極的に協力することでスピーディに完了する!

カードローンを利用する人の多くはできるだけ早く審査が完了し、お金を借りれることを希望しています。

アイフルの審査は積極的に協力することで最短30分で完了します。

まず大事なのは審査ではどのようなことをチェックするか把握することです。審査では年収、勤務先、信用情報がポイントとなります。また審査がスピーディに進むように不備がないか確認したり、在籍確認がスムーズにできるようにしたり、申込後フリーダイアルに電話するなど審査に協力することが大事です。

インターネット申込は24時間対応ですが、営業時間外の場合は審査は翌営業日となるためお急ぎの方は自動契約機をおすすめします。自動契約機なら夜22時まで受付が可能です。

アイフルの審査は時間がかかるのではないかと不安を案じていた方もご安心ください。アイフルのサービスについてきちんと知ることで最短スピードで借入が可能となります。お急ぎの方はぜひアイフルへお申込ください。

閉じる
閉じる