アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルでは保証人や連帯保証人はいらないの?カードローン基礎知識

一昔前はお金を借りるとなるとすぐに連帯保証人が必要という話になったものですが、現在ではカードローンを利用するのに保証人は不要です。映画やドラマでは連帯保証人になったがために他人の借金を背負わされて苦しむ場面などがありますが、すっかり過去のものになってしまったようです。

今回は利用者も多く人気のカードローンアイフルにスポットを当ててみました。アイフルでも連帯保証人は原則不要ですが、保証人なしでは返済が滞った場合どうなるのでしょうか。アイフルを例にご説明したいと思います。

初めてカードローンを利用する人の中には保証人不要ということを知らずに、保証人になってくれる人がいないから申込ができないと諦めてしまっている人もいるかもしれません。しかし、実際には保証人は不要ですので手軽にスピーディに借入ができます。

カードローンを利用する人の多くがその日のうちにお金を借りたいと考えていますので、保証人などを省いて迅速に借入できることはとても大事です。カードローンが現在のように進化し、利用者が増えたのも手軽さにほかなりません。

こちらの記事では保証人制度の必要性をはじめ、なぜ保証人が不要なのか、保証人不要によるトラブルはないのかなどについてご紹介したいと思います。アイフルを利用する前に知っておいて損のない内容となってします。ぜひチェックしてください。

保証人制度の必要性!保証人ってそもそもなぜ必要なのか?

まず保証人制度について詳しくご説明したいと思います。カードローンに限らずお金を借りるという行為は返済責任を求められます。金額が高額になる場合はとくに債務者がお金を返さなければ、債権者が未回収のリスクを負うことになってしまいます。

そこで考えられたのが保証人制度です。万が一債権者が返済できない場合に保証人は債権者の代わりにお金を返す義務があります。

保証人は債務者と同様の返済責任を負うことになり、債務者が返済できない場合には代わって全額返済しなければなりません。

保証人と連帯保証人に違い

保証人と連帯保証人には実は違いがあります。保証人の場合、債権者はまずは債務者に十分な取り立てを行う必要があります。債務者に不動産や株などがあればまずはそちらを売って返済をすることを強要できます。

しかし、連帯保証人の場合は債務者と全く同じ責任を負うことになります。債権者が債務者ではなく連帯保証人に返済を求めた場合、それに応じる義務があるのです。債務者からの取り立てに時間がかかる場合、債権者はすぐに連帯保証人に返済を請求することができます。そういう意味でも連帯保証人の責任はとても重大です。

保証人が債務者に代わって返済をした場合、保証人は債務者の債権者となり、代わりに支払った金額を請求することができます。

これだけ読むと保証人になるのは絶対にやめた方がいいと感じますが、家族や大事な人がなんらか事情で苦しんでいる場合保証人になってしまうこともあるのです。

アイフルでは保証人なしで借入できる!でも大丈夫なの?

アイフルをはじめとするカードローンでは随分前に保証人制度を廃止しました。現在では原則、保証人や担保などは不要となっています。もともと個人融資が始まった時代には保証人は当たり前でした。しかし、この保証人制度はトラブルを招く元であったため、次第に保証人を必要としない方向へと変わっていきます。

カードローンの最大の魅力は何といっても手軽でスピーディに借入できることです。これは他のローンにはない特徴です。

カードローンがこれほどにまで進化し、利用者が増えたのも保証人制度が省かれ煩わしさがなくなったためです。

保証人制度があると保証人を見つけられない人は申込ができませんし、債務者、債権者、保証人の間でトラブルが起きることも珍しくありませんでした。そこで保証人制度はなくなり、代わりに手数料という形でリスクを最小限に抑えています。

アイフルの手数料

アイフルが保証人なしでお金を貸すことができるのには理由があります。それは保証人を必要とするローンに比べて金利が高めに設定してあることです。例えば住宅ローンの金利が1%以下というのに対し、アイフルの金利は3.0%~18.0%です。50万円前後の限度額ですと金利は18.0%というのが一般的です。

つまり、アイフルでは手数料を高く設定することによって、保証人や担保がなくても未回収のリスクを最小限にとどめることができるわけです。

カードローンはその他のローンに比べて薄利多売と言われるのはこのためです。カードローンはより多くの人に貸付を行うことでお金を返済することができない人がいたとしても多少のリスクは回避できるという仕組みなのでしょう。

アイフルで連帯保証人が必要となるケースは?

アイフルではキャッシングローン、おまとめMAX、かりかえMAXなどの多数の商品を取り扱っていますがいずれも保証人は不要となっています。ただし、事業サポートプランのみ代表者による連帯保証が必要となります。

事業サポートプランは個人事業主でも法人でも利用することができます。

事業サポートプランでは担保は不要ですが、事業のためにはまとまったお金を必要とするため代表者の連帯保証が必要となります。

その他にも事業サポートプランは決算書や事業内容確認書が必要となります。

保証人なしでOK!アイフルの申込手順について

事業サポートプランは保証人が必要ですが、キャッシングローンなど通常商品は保証人は不要で申込が可能です。保証人不要と聞いてほっとした方も多いでしょう。ほっとしたところで申込を検討されている方のためにアイフルの申込についてご説明しましょう。

申込条件

アイフルの申込条件は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となっています。

また満70歳になった時点で追加借入は停止となります。

必要書類

アイフルの申込に必要な書類は下記の通りになります。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど)
  • 収入証明書類(確定申告書、給与明細書、源泉徴収票、所得証明書など)

申込の流れ

アイフルの申込はインターネット、電話、来店にいずれかで行うことができます。

インターネット申込なら24時間対応で審査は最短30分で完了、当日中の借入も可能です。

申込(インターネット、来店、電話)

審査(最短30分)

審査結果の連絡(メール、電話)

必要書類の提出(書類提出サービス)

契約手続き

融資(ATM、振込)

お近くに自動契約機(契約コーナー)がある方はそちらでも夜22時まで申込手続きを行うことができます。タッチ画面を使って申込から契約手続きまで行うことができます。その場でカードが発行されますので併設のATMで借入が可能です。

以上がアイフルの申込についてのご紹介です。保証人、担保不要で申込手続きができますのでとてもスピーディでまったく手間がかかりません。

保証人不要で良かった!アイフルの申込は手軽でスピーディ

一昔前はお金を借りるためには保証人が必ず必要でしたが現在ではそのようなことはありません。とくにカードローンに関していえば、保証人制度をなくしたことでスピーディかつ手軽に利用できるようになり利用者の増加につながりました。

こちらの記事では保証人と連帯保証人の違いや保証人の必要性などについてご説明し、またなぜアイフルをはじめとするカードローンでは保証には不要で問題がないのかなどにも触れています。

アイフルではキャッシングローンなどの一般的な商品に関しては保証人は不要ですが、事業サポートローンの場合のみ必要となります。その点だけ注意が必要ですね。

保証人が不要ということがわかって今までアイフルの利用を迷っていた方も積極的に申込をしてみるといいでしょう。アイフルの申込はとても手軽でスピーディ、一定の条件を満たせば誰でも申込が可能です。

審査ハードルも決して高くないので、安心して申込することができます。ぜひお試しください。

閉じる
閉じる