アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの申込に所得証明は絶対必要なのか!?申込前に確認

近年人気急上昇中のカードローンですが、カードローンを利用するためには申込を行い審査を通過しなければなりません。カードローンの申込は手軽でスピーディなのが魅力ですが、申込の際には書類の提出を求められます。

書類の提出は書類を準備する手間がかかったりと面倒なイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。今回は利用者も多く人気の高い老舗カードローンアイフルに注目してみました。

アイフルでは最低限の必要書類と便利な書類提出サービスで手間や時間をかけずに申込を行うことができます。アイフルの申込には所得証明書が必要な場合とそうでない場合があります。

所得証明書の提出を求められた場合はどのような書類を取得すればいいのでしょうか。またそれらの書類はどこで取得することができるのでしょうか。一見面倒に思える必要書類の提出もあらかじめこちらの記事をチェックしていればとてもスムーズに行うことができます。

これからアイフルの利用を検討中の方にとっては役立つ情報が満載です。書類の提出をはじめ申込に関する詳細をご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。申込はいわばカードローンの入り口です。大事な最初に一歩につまづかないためにも申込についてしっかりと把握しましょう。

まずは申込の基本情報について確認しよう!

必要書類についてご説明する前にまずはアイフルの申込に関する基本情報をご紹介しましょう。アイフルでお金を借りるためには申込を行い、審査をクリアしなければなりません。アイフルの申込手続きはどのようにすればいいのでしょうか。

まずはあなたが申込資格があるのかどうかチェックします。

申込資格

アイフルの申込資格は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となります。

また満70歳になった時点で新たな融資は停止となります。つまり、満20歳以上で仕事についていて安定した収入があれば申込は可能ということになります。

申込方法

申込資格を満たしていることを確認したら次は申込を行います。

申込方法はインターネット、電話、来店の中から選ぶことができます。

インターネット申込は24時間365日受付可能で、自宅にいながらPCやスマホで申込から契約まで完了します。カードは後日郵送されます。インターネット環境が整っていない人やPCが苦手という人は従来の電話による申込も可能です。

来店による申込の場合、全国のアイフル店舗もしくは自動契約機(契約ルーム)にで申込手続きができます。

自動契約機の場合、夜間22時まで土日祝日も申込が可能な上、契約書類やカードはその場で発行され、併設のATMで借入ができます。

自分に合った申込方法で手軽にスピーディに申込を完了しましょう。

申込の流れ

申込方法の次は申込の流れについてわかりやすくご紹介します。

【申込の流れ】

審査(インターネット、電話、来店)

審査(最短30分)

必要書類の提出(書類提出サービス)

審査結果(電話、メール)

契約手続き

借入(ATM、振込)

書類提出サービスについては後ほど詳しくご説明します。

申込に必要な書類は本人確認書類と所得証明書類

申込方法や申込の流れがわかったところで申込に必要な書類についてご案内します。カードローンを利用する際に書類の準備が面倒という人がいますが、アイフルなら最低限の書類で済みます。

本人確認書類

申込の際にまず必要となるのは顔写真付きの本人確認書類です。下記の書類のいずれかを用意してください。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

本人確認書類の住所が現在の住所と異なる場合、以下のいずれかの書類の原本が必要となります。

健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳、公共料金領収書、住民票、納税証明書、印鑑登録証明書等

顔写真つきの本人確認書類をお持ちでない場合

  • (A)から2点
  • (A)から1点と、(B)または「補完書類」から1点の計2点
  • (B)から1点と、当社より簡易書留送付
(A)健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
(B)戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等

※補完書類は本人確認書類の住所が現住所と異なる場合に必要な書類のことを指します。

いろいろな書類が本人確認書類として利用できます。しかし、最も手間がかからないのはやはりすでにお持ちの運転免許証もしくはパスポートを準備することですね。

所得証明書類

アイフルでは下記の場合のみ契約前の所得証明書類の提出が必要となります。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルの利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
  • 就業状況の確認等、審査の過程で提出をお願いする場合

上記に当てはまる場合は以下のいずれかの所得証明書類(収入証明書類)が必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

給与明細書を提出する場合、直近2か月分が必要となります。また賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も合わせて提出してください。

つまり、アイフルでは限度額が50万円以下の場合必要書類は本人確認書類のみとなります。

申込をもっとスムーズに!アイフルの優れたサービスについて

アイフルの申込に必要な本人確認書類、所得証明書類についてわかったところで知っておくと便利な申込に関するサービスについてご紹介します。これからアイフルへ申込を考えている方にはぜひ知っておいていただきたいサービスです。

1秒診断

アイフルでは借入が可能かどうか判断してくれる1秒診断を利用することができます。

1秒診断ではアイフルHPからクリックし、年収や他社からの借入を入力するだけで借入可能がどうか教えてくれます。

カードローンを利用すると申込履歴が信用情報として記録されますので、無駄な申込を避け申込ブラックとならないためにも申込前に1秒診断を活用することをおすすめします。

フリーダイアルで審査時間短縮

できるだけ早くお金を借りたいという人はインターネット申込後、フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することができます。

アイフルからの申込完了メールが届きましたらフリーダイアルに電話してください。女性専用のフリーダイアルもありますので女性でも気軽に電話することができます。

書類提出サービス

アイフルでは申込後の書類の提出は書類提出サービスを利用して手軽に行うことができます。

HPから書類提出サービスをクリックし必要事項を入力後、書類を撮影したものをアップロードしてください。手間がかからない上に誤送信を防いでくれますので大変便利です。

ただし、書類を撮影するときは鮮明に全体を撮影する必要があります。きちんと撮影できていない場合には再退出となってしまうこともあります。

所得証明書は限度額50万円以下の場合のみ必要!

アイフルに申込を検討している人にとって書類の準備は若干面倒ですが、アイフルなら運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と源泉徴収票や確定申告書などの所得証明書のみで申込ができます。さらに限度額が50万円以下、他社と合わせた限度額が100万円以下の場合は所得証明書類は不要となります。

つまり50万円以下の借入であれば、必要な書類はお手持ちの運転免許証またはパスポートのみでOKということになりとくに書類の準備は不要なのです。思い立ったらすぐに申込できるところがアイフルの魅力ですね。

所得証明書が必要な場合でも、準備する書類は給与明細書などでも大丈夫ですのでわざわざ勤務先や役所に出向いて取得するという手間は必要ない場合がほとんどです。以上のように必要書類が最低限と知ってほっとした人も多いはずです。

また書類の提出に関してもアイフルではHPから書類提出サービスを利用して提出できます。書類は撮影して画像をアップロードするだけという手軽さで従来のような郵送やFAXは必要ありません。またメールと違って書類提出サービスなら誤送信を防ぐことができます。

以上がアイフルの必要書類と書類の提出に関する説明です。思ったよりも手軽に申込ができることを知っていただけたかと思いますので今まで迷っていた方もぜひアイフルに申込をご検討ください。

閉じる
閉じる