アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

ブラックはアイフル審査に通らない!もっと厳しい社内ブラックとは?

カードローンの利用には審査が必要ですが、審査に自信がないという人は案外少なくありません。カードローン審査に自信がないという人の多くがブラックと呼ばれる人たちです。

カードローンについて調べているとよく目にするブラックという単語、一体どのような意味で使われているのでしょうか。ブラックとはいわゆるブラックリストのことで、ブラックリストに載るくらい信用のない人物という意味が込められています。

実際にはブラックリストというものは存在しないのですが、ブラックリストの代わりとなるのが信用情報です。こちらの記事ではブラックとはなにか、信用情報とはなにかということについて詳しくご説明していきたいと思います。

今回はとくに利用者の多い人気のカードローンアイフルをピクアップしてみました。ブラックにはさらに社内ブラックという言葉も存在するのですが、こちらはどのような意味で使われるのでしょうか。

ブラックについてとにかく把握しておきたいという方、自分はブラックではないかと自信を無くしている方、これからアイフルの申込を検討中の方にとって有益な情報が満載です。

審査をスムーズに通過するためにもブラックについての知識を深めることをおすすめします。

ブラックとは信用情報に問題がある人のこと!

まずはブラックとはなにかということについてご説明したいと思います。

カードローン用語のブラックとはずばり信用情報に問題がある人のことを指します。

信用情報とは信用会社から保管している個人のクレジット履歴に関する情報のこどです。

信用情報は主に過去に契約したクレジットカードや各種ローンの契約情報、取引情報、利用情報、返済状況の記録のことです。金融機関はお金を貸す際にはこの信用情報をチェックして本当にお金を返してくれる人物かどうか「信用」を判断します。

信用情報でとくに問題になるのは返済の遅れ、滞納、自己破産、債務整理などの返済事故です。返済トラブルを起こした場合、借りたお金を返さない人というレッテルを貼られてしまいます。

アイフルでも審査の際には信用情報をチェックして、返済能力の有無を判断します。過去に返済トラブルを起こしている人はアイフルに限らず、どの金融機関でも敬遠されます。

多重債務

信用情報からは他社からどのくらい借入があるのかということも知ることができます。

審査を行う際には限度額を設定しますが、他社からすでに多額の借入があれば返済能力は低いとみなされます。

また現在施行されている総量規制という消費者金融を対象とした法律では、最大借入額は年収の1/3までと決められています。それ以上貸付を行うと消費者金融が行政処分と受けることもあります。

つまりすでに他社から借入がある場合には、年収の1/3から借入額を引いた金額しか借入できないということになります。

アイフルではHPから1秒診断という仮審査を受けることができます。年収や他社からの借入額を入力すると借入できるかどうか診断してくれるツールです。仮審査の段階で他社からの借入額をチェックするということは、この点がとても重要ということがわかります。

過去の借入トラブル、多重債務、いずれも深刻な場合にはブラックと呼ばれる状況に陥ってしまいます。ただし、どのくらいのトラブルだとブラックに当てはまるのかということは一概には言えません。

審査は個人の属性、信用情報、その他のファクターなどを総合的に審査しますので、絶対に通過するということも、否決となるということも言えないのです。

ブラックよりもっと怖いのが社内ブラック!社内ブラックとは?

ブラックとは信用情報に問題がある人ということがわかりましたが、社内ブラックというのをご存知でしょうか。カードローンについて詳しく調べていくと出てくる社内ブラックという単語、なんだか気になりますね。

社内ブラックとは信用会社が保有する個人の金融情報とは別に会社が独自で管理している顧客情報です。

信用情報はアイフルが信用会社に登録することで記録として残るので、1週間程度の延滞なら登録しないこともあるようです。しかし、アイフルが独自で管理している個人情報の場合、1日の遅れでも記録として残ってしまいます。

もう一つ社内ブラックが通常のブラックと違う点は記録された情報の保有期間です。信用情報は通常完済後5年ほどで消えると言われています。ですので、深刻な問題がある人は5年ほど信用情報がクリアになるのを待って再度申込をするという方法もあります。

しかし、社内ブラックの場合、個人の記録は半永久的に保管されます。個人情報はもちろんのこと、とくに返済の遅れや滞納については一生消えることがありません。つまり、アイフルで深刻なトラブルを起こしてしまった場合、再びアイフルで審査を受けても通過しない可能性が高くなってしまうのです。

それでもアイフルはその他の大手消費者金融よりもよい点があります。それは銀行などの金融機関と提携、もしくは傘下に入っていないということです。

社内ブラックは関連会社へも飛び火

一般的に言われているのが社内ブラックとなってしまった場合、その会社の関連会社にも情報が共有されてしまうということです。

例えば消費者金融の中には銀行と提携している会社も少なくありません。その場合、問題を起こした消費者金融ばかりか銀行のローンにも影響することが全くないとは言い切れないということです。

ところがアイフルの場合は、どの金融機関とも提携していませんし、関連会社もありません。そのためトラブルを起こしてもアイフル1社のみに影響が及ぶだけで済むことになります。

ブラックでも借入したい!おすすめは中堅の消費者金融!

ブラックになってしまって軒並み大手消費者金融には断られてしまったという方は信用情報にかなり深刻な問題があると考えていいでしょう。それでもどうしてもお金が必要という場合にはどうしたらいいのでしょうか。

銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査が通りやすいことはよく知られていますが、消費者金融の中でもとくに柔軟に対応してくれるのが中堅の会社です。アイフルなどの大手消費者金融に比べ中堅の会社は集客力が低いですから審査ハードルを下げることでより多くの人に利用してもらいたいと考えています。

また中堅の会社は店舗数が少なく、ATMなどもない場合があり、大手に比べコストがかかっていないのでその分多少リスクのあるお客でも貸付を行うことができるのかもしれません。

口コミを参考に

ただ中堅の消費者金融は全国に多数あるため借入先選びには苦戦することもあります。中には地域密着型の優良な会社もあるため、まずは情報収集が大事です。

カードローンに関する総合サイトや口コミ、体験談などを参考にするとおすすめの中堅の会社を知ることができます。

ブラックの方はできるだけ審査の緩い借入先を希望しています。審査の難易度や柔軟性に関しても口コミを見ることで予想できますのでぜひ活用してください。

闇金には注意!

ブラックでも借入できるカードローンを探していると、時々ブラックOK、審査なしなどと勧誘している会社が目につきます。しかし、正規の会社であれば審査なしということはまずありえません。このような会社は闇金である可能性が高いので充分に注意が必要です。

闇金では違法な高金利での貸付や暴力的な取り立てなどを行っています。

闇金と関わることでトラブルに巻き込まれてしまう危険性がありますので十分に注意しましょう。

ブラックも社内ブラックも結構厄介!十分な注意を!

カードローンについて調べているとよく現れるブラックという単語。ブラックとはおもに借入歴に問題がある人のことを指します。過去に返済の遅れなどのトラブルがあったり、すでに多額の借入がある人は、新たにカードローン審査に通るのが難しくなります。

さらに厄介なのが社内ブラックです。社内ブラックとは利用中に起こしたトラブルによって社内のブラックリストに載ってしまうことです。通常のブラックは完済後約5年ほどで記録が消えると言われていますが、社内ブラックの場合半永久的に残ってしまいます。

また銀行と提携している場合などその影響は関連会社にまで及んでしまいます。そういう意味でアイフルは銀行と提携はしていませんので他の大手消費者金融に比べると影響が少ないと言えるでしょう。

ではブラックでは借入先をみつけることはできないのでしょうか。安心してください。そんなことはありません。中堅の消費者金融なら審査ハードルは低く柔軟に対応してくれますので審査に通過する可能性はゼロではありません。

ただし、審査には個人差がありますので絶対借入できるという確証はありません。総合サイトや口コミを参考に審査の難易度をチェックし、審査に自信のない人でも通る借入先を探しましょう。

閉じる
閉じる