アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

社内ブラックってなに?アイフル審査で不利になることも!?

カードローンを利用する際に立ちはだかるのが審査です。カードローンやクレジットカードなどお金を借りる際には必ず審査が行われます。お金を貸しても問題のない相手かどうか見極めることは未回収のリスクを負わないためには大事な作業です。

とはいえ、審査を受ける方の立場に立つと審査は厳しいのか、審査に落ちたらどうしようなど不安は尽きません。しかし実際にはカードローン審査は住宅ローンなどの審査にくらべるとハードルが低く通りやすいと言われています。

ところが通りやすいカードローン審査でも落ちてしまう人がいます。それはブラックと呼ばれる人々です。ブラックと呼ばれる人々にはどのような問題があるのでしょうか。またさらにやっかいなのは社内ブラックです。社内ブラックとはいったいなんなのでしょうか

さらに不安を加速させてしまうようで申し訳ありませんが、審査に臨む前にブラックについて知っておく方がいいと思います。今はブラックではなくても今後ブラックにならないように気を付ける必要もありますし、知らないでは済まされないのです。

今回は人気カードローンアイフルを例にブラックについてご説明したいと思います。カードローンの利用によってトラブルを起こさないためにも知っておいて損はない情報をご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

そもそもブラックってなに?

カードローンについて調べているとよく出てくるブラックという言葉。一体ブラックとはなんなのでしょうか。

簡単にいうと、ブラックリストに載ってしまうくらい問題のある利用者ということになります。

実際にブラックリストがあるわけではありませんが、トラブルの内容は信用情報として記録されています。ブラックについて説明をするためにはまず信用情報についてご説明する必要があります。

信用情報とは?

信用情報とはクレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報のことを指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などの情報が保有されており、主に加盟する金融機関から登録された情報になります。この情報をもとに金融機関は個人の「信用」を審査し、お金を貸すかどうか判断します。

クレジットカードやカードローンを申し込んだ際の申込内容、審査の可否、契約時には契約内容や支払い状況などが登録されています。カードローンを利用する際には、信用情報の登録に関する書類に同意しなければ、借入はできません。

信用情報は登録内容によって保有期間が異なります。例えば申込情報は6カ月、クレジット情報は契約終了後5年以内の間残りますので、返済トラブルなどが登録されてしまいますと今後ローンを組んだり、クレジットカードを作る際に影響を及ぼします。

過去の返済の遅れや滞納、債務整理、自己破産などはとくに深刻なトラブルとして信用情報に残ります。また他社からの借入額や件数についても確認できますので、他社ですでに多額の借入があれば返済能力をが低いと判断され審査に不利になります。

信用情報の開示について

案外多いのが自分の信用情報を把握していないという方です。そんな方は審査に落ちてもその理由がずっとわからないままです。そんな方のために信用会社では自分の信用情報を開示してもらうことができます。

情報の開示はPC、スマホ、郵送、窓口のいずれかで行うことができます。インターネット開示ならスピーディで手間がかかりません。開示の際には手数料として1000円かかります。郵送による開示の場合には申込より10日程度かかります。窓口での開示は営業時間を確認してからお越しください。

以上が信用情報についての説明です。

通常のブラックよりもやっかいなのは社内ブラック!

カードローンの返済トラブルは信用情報として記録され、深刻な問題がある場合にはブラックと呼ばれ審査に不利になってしまいます。またこの記録は契約完了後、つまり完済後、5年ほどは残りますのでその間はローンやクレジットカード審査に少なからず影響を及ぼすことになります。

しかし、完済して5年たてば記録は消えるわけですからまた信用情報はまっさらな状態に戻ります。通常のブラックとよりももっと厄介なのが社内ブラックです。

社内ブラックとは利用者が起こしたトラブルを社内で記録していることです。

例えば過去にアイフルを利用中に返済の遅れ、滞納、債務整理、自己破産などを起こした場合、信用情報からはデータが消えてもアイフルの記録からは半永久的に消えません。

返済トラブルを起こしていればお金を返さない人、責任感のない人と思われますし、一度トラブルを起こす人は何度でも起こすだろうと判断されます。

返済遅れに関しても通常1ヶ月程度の遅れなら信用情報に記録されないこともありますが、社内の記録にはたった一日の遅れでも残ってしまうわけです。中には系列の会社すべてで返済トラブルを起こした人を警戒することもあるのです。

小さなトラブルなら影響しないこともありますが、再度審査を受けて否決だった場合、今後も審査に通らない可能性は高いです。残念ながら社内ブラックになってしまった場合には、別のカードローン会社に新規で申し込むのが賢明かもしれません。

申込ブラック

社内ブラックのほかに申込ブラックという言葉もあります。

申込ブラックとは一度に複数の会社に申込を行うことで審査に通りにくくなってしまう状況を表します。

審査に落ちた時のことを考え、一度の複数の会社に申込をすると経済的にとても困っていると思われたり、他社の審査結果を待ってから審査を進めるため、審査に影響を及ぼします。

申込ブラックにならないためには一度に複数の申し込みをするのは避け、まずは希望に合った1社を厳選しましょう。

ブラックでも借入したい!そんなときの対処法

傷ついてしまった信用情報を自力で修復するのはなかなか難しいですが、ブラックでも借入したいという方はどうすればいいのでしょうか。ブラックでも借入できるか否かは問題の程度や属性、借入先の審査基準などが関係してきますので一概にはわかりません。

一つの方法としてはカードローン会社の中でもとくに審査の緩い中堅の会社を選ぶことです。

アイフルなどの大手カードローン会社はしっかりとした基準がありますので、ブラックでは審査に通るのが厳しいでしょう。

中堅のカードローン会社ならブラックでも必ず審査に通るというわけではありません。しかし、口コミなどをチェックすると柔軟な対応をしてもらたというケースもありますので申込んでみる価値はあると思います。

闇金に注意!

ただし、その際に注意していただきたいのが闇金の存在です。

闇金とは高金利で貸付を行う違法業者のことで、ブラックでもOK、審査なしなどの文句で勧誘してきます。

正規の会社であれ審査なしなどということはまずありませんので注意しましょう。

闇金からお金を借りると強引な取り立てにあったり、他の闇金から次々と電話がかかってくるなどトラブルに巻き込まれてしまいます。個人で解決できない場合は法律の専門家などに相談した方がいい場合もあります。

多重債務の場合はまずは返済を!

多重債務というのもブラックと呼ばれる原因となりますが、多重債務に陥っている方は新たに借入できるか考えるよりもまずは今ある借金を返済しましょう。多重債務の場合場、借金返済のために新たに借金をするという悪循環に陥りがちです。

現在の借入分の返済の目途が立つまでは新たな借入を慎みましょう。そうでないと、自己破産や債務整理など最悪の結末が待っています。

信用情報に問題があるとブラックに!社内ブラックはもっと怖い!

カードローンを利用する方には知られているブラックという言葉は、信用情報に問題がある人のことを指します。過去にローンやクレジットカードを利用して返済が遅れたり、自己破産などの履歴があるとブラックと呼ばれ審査に影響します。他社から多額の借入をしている多重債務の方もブラックと呼ばれます。

信用情報に記録された返済トラブルが消えるのは完済後5年と言われているのでその間はローン審査に影響を及ぼします。

しかし、もっと厄介なのが社内ブラックで返済トラブルは半永久的に社内の記録として残ってしまいます。

深刻な社内ブラックの場合には、別のカードローン会社を利用することを検討した方がいい場合もあります。社内ブラックとになってしまうと系列の会社での借入を難しくなると言われています。

以上のようにブラックという状態になると将来的に不自由を強いられることもあります。そのようなことにならないためにもカードローンを利用する場合には、返済ルールを守って遅れのないように返済することが大事です。

閉じる
閉じる