アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフル審査に必要な書類はたった2つ!まず用意するのは身分証明書

近年人気急上昇中のカードローンですが、必要書類があれこれあって面倒ではないの?と考える人がいますが実は全くそんなことはありません。今回注目する老舗カードローンアイフルでも申込に必要な書類はたった2つです。

アイフルの審査では身分証明書と収入証明書の2点が必要となります。つまり本人を確認できる書類と収入を確認できる書類が必要ということになります。身分証明書は普段みなさんが所持しているものでOKなのでわざわざ取得する手間は必要ありません。

これからアイフルに申込をする方のためにこちらの記事では必要書類と申込の流れについて詳しくご紹介します。ハードルが高そうで今まで迷っていた方も申込について知ることで安心して申込を行うことができると思います。

用意する書類も最低限で済みますので思い立ったときにすぐに申込できるのがアイフルの特徴です。申込から借入までスピーディで手軽なのが嬉しいですね。

アイフルの申込に必要なのは顔写真付き本人確認書類

借入先をアイフルに決めたら申込を行いますが、まず準備しなければならないのは必要書類です。ローンの申込というと準備する書類が多そうというイメージがありますが、手軽さがうりのアイフルならそのようなことはありません。

アイフルの申込にまず必要となるのは顔写真付きの本人確認書類です。

顔写真付き本人確認書類としては以下のものが有効となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 公的証明書類
  • 個人番号カード

本人確認書類の住所が現在の住所と異なる場合

本人確認書類の住所が現在の住所と異なる場合には以下のいずれかの書類が必要となります。

  • 健康保険証、パスポート、年金手帳、母子健康手帳などの現住所が記載されている本人確認書類
  • 電気、ガス、水道、固定電話、NHKなどの公共料金領収書
  • 住民票、納税証明書、印鑑登録証明書などの官公庁発行書類で氏名、住居、生年月日の記載がある書類(発行日より6か月以内のもの)

※公共料金の領収書に関しては直近2回分までのもので、領収押印があるものが必要となります。

顔写真付き本人確認書類をお持ちでない場合

顔写真付き本人確認書類をお持ちではない場合、下記の書類が必要となります。

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民票
  • 戸籍謄本(抄本)
  • 国民健康保険被保険者資格証明書
(A)健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
(B)戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書
(A)から2点、もしくは(A)から1点と(B)から1点と本人確認書類の住所が現在の住所と異なる場合に必要な補てん書類1点の計2点、となります。

また、(B)1点とアイフルからの簡易書留を必要書類とすることも可能です。

本人確認書類の中には役所などで取得しなければならない書類も含まれますが、基本的に運転免許証やパスポートなどすでにお持ちの書類で問題ありません。わざわざ書類を取得する手間は不要となります。

限度額50万円を超えると収入証明書が必要!

そしてアイフルの申込に必要なもう一つの書類は収入証明書になります。

ただし、収入証明書は以下の場合のみ必要となります。

アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
アイフルの利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円を超える場合
就業状況の確認等、審査の過程で提出をお願いする場合

収入証明書として有効なのは以下の書類となります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税額決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
給与明細書を提出する場合、直近2か月分の書類が必要となります。住民税の記載がある場合は直近1か月分のみで可となる場合もあります。賞与支給がある場合には、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も合わせて提出してください。

また提出した書類が不鮮明で確認が困難な場合は、再提出を求めることがあります。個人番号(マイナンバー)、基礎年金番号が記載されている書類は番号が見えないようにして提出しください。

書類がそろったら申込へ!書類提出サービスが便利

アイフルの申込に必要な書類は本人確認書類と収入証明書のたった2つ。準備するのには手間も時間もかからないと思います。必要書類が整ったら次は申込へ進みましょう。

アイフルの申込はインターネットを利用して24時間365日受付可能です。

申込資格

申込前に申込資格の確認をしましょう。

アイフルの申込資格は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となっており、取引中に満70歳になった時点で新たな融資は停止となります。

申込の流れ

申込(インターネット、電話、来店)

審査

審査結果(電話、メール)

契約手続き(書類提出サービス、メール)

融資(ATM、振込)

書類提出サービス

書類提出サービスは新規申込や増額申込の際に利用することができます。スマートフォンやPCを利用して本人確認書類や収入証明書を提出することができるサービスです。提出する本人確認書類や収入証明書を撮影の上、画像を添付して送信してください。

アイフルのHPから書類提出サービスをクリックし必要事項を入力してください。その後、撮影した画像を送信します。書類提出に要する時間はわずか3分ととてもスピーディです。

電子メールやFAX送信とは異なり、必ずアイフル宛てに送信されるため誤送信を防ぐことができます。安心して確実に書類を提出できるサービスです。書類を撮影する際にはフラッシュによる白飛びに注意し、鮮明な画像を撮影するようにしてください。書類が鮮明ではない、全体が撮影されていないという場合には再提出を求められることがあります。

注意点としては運転免許証の場合は住所や氏名に変更がある場合は裏面まで撮影すること、収入証明書の場合は最新のものを添付する必要があります。

以上が書類提出サービスの利用方法です。とても簡単で安全に必要書類をアイフルへ送ることができますのでぜひご利用ください。

申込に必要な書類は最小限!申込は簡単であっという間

カードローンに興味はあるけど申込が面倒、必要書類が多そうということで躊躇している方は案外少なくありません。

でも実はアイフルの申込に必要なのは写真付き本人確認書類と収入証明書のたった2点です。それも限度額が50万円以下の場合には収入証明書すら不要なのです。

書類を準備する際の注意事項としては本人確認書類の場合は顔写真付きのもの、現住所が記載されているもの、なければ2点以上の指定書類が必要となります。収入証明書の場合は、給与明細書の場合直近2カ月分が必要となります。

これらの必要書類はアイフルのHPから書類提出サービスを利用して送ることができます。書類提出サービスを利用することで手間を省き、誤送信を防ぐことができます。書類提出サービスを利用する際には鮮明にかつ、全体を撮影するように注意してください。画像が不鮮明だったり、一部が切れてしまっている場合には再提出となることもあります。

こちらの記事ではアイフルの申込条件や申込の流れについても詳しくご紹介しています。これからアイフルを利用する方にとって役立つ情報が満載なのでぜひチェックしてみてください。

閉じる
閉じる