アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルで借りれなくなった!利用停止の原因を探ろう!

不景気の影響もあって近年カードローンを利用する人が急上昇中です。すでにカードローンを利用中という方も多いでしょう。カードローンはすっかり私たちの生活に浸透しましたが、そんな中最近では突然利用停止になったという話を時々耳にします。

利用停止というのは今まで普通にATMもしくは振込によって借入をしていたのが突然お金を引き出せなくなったということです。すっかりカードローンをあてにしていたの急に借入できなくなったらどうすればいいのでしょうか。

今回は人気の老舗カードローンアイフルを例に利用停止になる原因について考えてみました。カードローンが利用停止になるのはどのような原因が考えられるのでしょうか。自分には心当たりがないという人でもなにかしら原因があるはずです。

原因を推測して対策を行わなければ再びカードローンを利用することはできません。カードローンを頼りにしている人にとってはピンチの時に借入できないのはとてもつらいですよね。

こちらの記事ではアイフルの利用停止の原因について、また利用停止となってしまった場合の対処法についてご紹介したいと思います。突然利用停止になってお困りの方はぜひこちらの記事をチェックしてみてください。解決の糸口を見いだせるかもしれませんよ。

アイフルが突然利用停止!そのおもな原因は?

アイフルで突然利用停止となってしまったという話を時々耳にしますが、いつ自分にも同じことが起こるのではないかと不安ですよね。アイフルで突然利用停止となってしまった場合には、その原因を考える必要があります。そうでないと利用停止は解除されませんし、今後もアイフルで一切借入ができないということになります。

アイフルで借入ができない原因を考えてみましょう。

返済の遅れや滞納

利用停止の原因として最も可能性が高いのは返済遅れや滞納を繰り返していることです。

一度くらいの遅れならそれほど問題にはなりませんが、返済が何度も滞ると社内ブラックとなり要注意人物とされてしまうことがあります。

私たちはローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすると申込履歴や取引履歴、返済履歴が信用情報として残りますが、返済トラブルがあるとこの信用情報に傷がついてしまいます。返済トラブルを何度も起こすとこれ以上お金を貸すと未回収というリスクを負うことになるかもしれないとアイフルは警戒します。そうなると利用停止という処置がとられても不思議ではありません。

総量規制ぎりぎり

アイフルをはじめとする消費者金融は総量規制という限度額を制限する法律の対象となっています。総量規制によると借入限度額は年収の1/3までと決められています。年収が300万円なら限度額は最大100万円までです。

もしすでに総量規制いっぱいまで借入をしている場合にはこれ以上の借入は不可ということになり、利用停止がかかる可能性があります。

とくに転職などで年収が下がった場合、他社から追加借入をした場合などに限度額を考慮して利用停止となることがあります。

お金の借り方が不自然

カードローンを利用する際には取引実績や返済実績というものが大変重視されます。定期的にお金を借りて、きちんと返済してくれる利用者が優良な利用者となるわけです。アイフルでは利用者の取引状況なども定期的にチェックしています。

ここで気になるのが不自然な借り方をしている人です。たとえば少額を2,3日に一度借入している場合はギャンブルに使っている可能性が高いですし、まとまったお金を借りて返済日直前に返している場合は自転車操業を繰り返していることも考えられます。

このような利用方法は適正とは言えず、アイフルでは警戒して利用停止にすることもあるようです。

他社で新規借入

こちらの原因は先程ご説明した総量規制と関係するところも大きいのですが、他社での借入はアイフルの利用停止と関係しています。

他社での新規借入はもちろん、すでに他社から借入があるところにさらに追加借入をした場合、総量規制違反になったり、返済能力が低下することが考えられますので利用停止となるケースもあります。

まだまだある!利用停止になるその他のケース!

利用停止となる主な原因についてご紹介しましたが、このほかにも利用停止の原因として挙げられるものあいくつかあります。

増額申請に問題

増額というのは新規借入に比べて比較的ハードルが低いと言われています。そのためすでに他社で借入がある場合、気楽に増額申請をする人も多いでしょう。しかし、アイフルからすると他社での借入が増えるわけですから穏やかではありません。また総量規制違反になりかねないので利用停止となることも稀にあります。

変更届を出していない

アイフルをすでに利用している方で住所や電話番号が変更になったのに未届けの方はいませんか。電話をしても通じない、郵送物も戻ってきてしまうという状況では本人と連絡が取れないため、アイフルでは利用停止の措置が取られることもあります。

電話番号や住所が変更になったのに連絡しないままにしておくと信用できない人物と思われてしまうので、変更届は速やかに出すようにしましょう。

各種登録内容の変更は会員専用ページから手軽にできますので一切手間はかかりません。

カードが破損している

長年カードを利用していると磁気の部分が曲がってしまったり、汚れてしまうなどATMに挿入しても正常に動作しないことがあります。この場合は利用停止というよりもカードが使いないという状態ですから、アイフルに連絡をして新しいカードに交換してもらいましょう。

アイフルで利用停止になってしまう理由は実に様々です。自分がどのような原因で利用停止になってしまったのかもう一度考えてみましょう。

しかし、いつまでも利用停止となってしまったことを悔やんでいても仕方ありません。次にするべきことはどうしたら利用を再開できるかということです。

利用停止を解除するためのポイント!

アイフルで利用停止となってしまうのは多くの場合、返済の遅れなどのトラブルが原因です。まずするべきことは借りているお金をできるだけ返済することです。深刻な場合には全額返済するまで利用停止が解除されないこともあります。

他社からの借入や与信が原因で利用停止となってしまった場合には、他社の借入分を返済しましょう。またクレジットカードのキャッシング枠も与信としてカウントされますので、使用していないクレジットカードがあったらあらかじめ解約しておくことをおすすめします。

限度額いっぱいまですでに借入がある場合には、収入を増やすことで限度額をアップして利用を開始させることができる場合もあります。転職などで収入が増えた場合には収入証明書などを添えて収入が増えたことを申告しましょう。限度額は最大で年収の1/3までOKです。

返済の遅れや他社からの借入、増額などはアイフルは信用情報をチェックすることで利用停止などを判断しています。利用停止になった方の中には自分の信用情報にどのような記録があるのか全くわからないという人もいます。

そんな人は信用会社に連絡して自身の信用情報を開示してもらうことができます。

開示方法はインターネット、郵送、窓口の3つの方法があります。インターネットによる開示なら自宅にいながら自身の信用情報を確認することができるので大変便利です。手数料は1000円かかります。

以上がアイフルで利用停止になった場合の対処法です。

新たに審査の通りやすい借入先を探すという手もありますが複数の会社から借入するのは残高の管理がしにくくなるなどのデメリットがありますのであまりおすすめできません。

また利用停止になってしまったという現実を重く受け止めて現在の借入分を地道に返済することが大事です。

利用停止になってしまったら原因を究明し対策を考えよう!

急な出費にも対応してくれるアイフルのカードローンに助けられている人も少なくないと思います。しかし、救いの手を差し伸べてくれるアイフルがもしも利用停止になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

まずは利用停止になった原因を探る必要があります。返済が遅れたから、他社から借り過ぎたから、総量規制に違反したから、カードが破損したからなどいろいろな原因が考えられます。原因を探って状況を改善することが大事です。もしも信用情報に問題がある場合には自身の信用情報を開示して記録をチェックすることもできます。

次にするべきことは利用停止を解除してもらうことです。利用停止を解除してもらうためにはまずはなるべく借入残高を減らし、不要なクレジットカードなどがあれば解約しておくことがおすすめです。

アイフルで利用再開できない方は他社へ新規で申し込むという方法もありますが、借入先が増えるとお金の管理がしにくくなるなどのデメリットがありますので注意してください。
借り過ぎは返済に行き詰まるなどトラブルのもとととなりますので十分に気を付けましょう。

閉じる
閉じる