アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフル審査の流れを理解!審査が不安なら申込前にチェックしよう

カードローン初心者の方はカードローンの申込前に確認しておきたいことが沢山あると思います。審査のこと、返済のこと、限度額のことなどがよくわからないという人は事前に不安を解消する必要があります。

とくに多くの人が不安を感じているのは審査のことです。審査に通るのか、審査ではどんなことをチェックするのかなどはもちろん、審査の流れも気になるところです。今回は人気の老舗カードローンアイフルの審査の流れについて詳しくご紹介していきたいと思います。

カードローンを利用する人々にとって審査は最初のハードルです。審査に悩む人は多いのですが、結果的には思ったよりすんなり通過してびっくりしたという声が大多数です。審査に必要な書類は最低限で済みますし、審査時間もとても短く、とにかく手軽なのです。

これからアイフルを利用しようと検討中の方はぜひこちらの記事をチェックしていただきたいと思います。審査についてきちんと把握することで審査通過率をアップすることが可能です。

まずは審査の流れについてきちんと知ることが大事です。

まずはアイフル審査の基本を知ることが大事!

アイフルの審査の流れについてご説明する前にまずは審査の基本について知っておく必要があります。ただなんとなく審査を受けるのと、審査について把握したうえで審査に臨むのには大きな違いがあります。

申込条件

アイフルの申込条件は満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となっています。

つまり、20歳以上できちんと働いていれば申込条件を満たすということになります。年齢の上限は満70歳で、満70歳になった時点で新たな融資は停止となります。

必要書類

アイフルの申込に必要な書類は運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの本人確認書類となります。

また利用限度額が50万円を超える場合、他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合には、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などの収入証明書が必要となります。

審査内容

アイフルをはじめカードローンの審査では年収、勤務先、過去の借入歴、他社からの借入などの点について審査します。

年収は多い方が有利ではありますが、安定した収入があればアルバイトやパートでも申込可能となります。

勤務先は在籍確認を行って勤務状況をチェックします。安定した収入があるかどうか確認する意味でも在籍確認は欠かせない審査の一つです。

過去の借入歴とは、過去に返済の遅れや滞納、債務整理や自己破産を起こしていないかどうか信用情報を調べて確認します。過去の返済トラブルはお金を返さない人とみなされます。

また信用情報の記録から他社からの借入金額や借入件数も調べることができます。他社から多額の借入があれば返済能力が低いとみなされてしまいます。

アイフルの審査では以上の点を重点的にチェックします。とくに過去に返済トラブルがあると審査への影響は免れません。

アイフル審査の流れ!審査は最短40分でスピーディ!

アイフルの申込条件や審査内容についてご理解いただけたところで次は審査の流れについてご紹介します。

申込方法

アイフルではインターネット、電話、来店の中からご都合のよい申込方法を選ぶことができます。インターネット申込なら24時間受付可能なのでとくにおすすめです。

申込の流れ

アイフルの申込から借入までの流れは以下の通りになります。

申込(インターネット・来店・電話)

審査

審査結果の連絡(電話・メール)

契約手続き

必要書類の提出(書類提出サービスあり)

借入(ATM・口座振込)

審査をお急ぎの方は、インターネット申込後フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することができます。

申込後、カード申込・受付完了メールが届きましたらフリーダイアルに電話しましょう。

書類提出サービスを利用すればPCやスマホからアイフルへ必要書類を送ることができます。スマホのカメラで書類を撮影し、添付して送信するだけで提出が完了します。その際には鮮明な画像を送ることや、書類全体を撮影することが大事です。

自動契約機なら22まで申込OK

人生には早急にお金が必要になる場面があります。アイフルではカードローンの申込は24時間可能ですが深夜や土日祝日に申込の場合、審査は翌営業日となってしまいます。

申込方法の中で土日祝日や夜遅くまで申込受付と借入が可能なのは自動契約機(契約ルーム)です。

自動契約機の設置場所はアイフルHPから検索することができます。自動契約機はタッチパネルを利用して申込手続きを行います。必要書類を機械にセットして読み込ませることができ、また契約書類にその場で署名して受け取ることができますので後日郵送物が届くことがありません。

ローン専用カードがその場で発行され、併設のアイフルATMもしくは提携ATMでお金を借りることが可能です。自動契約機は操作方法が難しいのではと思われがちですが、わからないことはオペレーターと会話をしながら進めることができますので安心してください。

WEB完結なら申込から借入までWEBで完結

アイフルではパソコンやスマホから手続きできるWEB完結がスピーディでおすすめです。申込、審査、契約手続きまでは一般の申し込みと同じですが、カード受け取り方法はカードレスを選択します。借入は振込となりますので、口座振替登録が必要となります。

カードレスを選択した場合でも、後からカードの発行が可能です。

アイフル審査の際にはこんな点に注意しよう!

アイフルの審査内容や審査の流れを把握することで不安は解消されたかと思いますが、最後にアイフル審査の注意点について簡単にご紹介しましょう。

24時間申込受付でも審査は翌営業日以降に

アイフルはインターネット申込なら24時間受付可能ですが、深夜など営業時間外の申し込みの場合審査は翌営業日となります。もしも今後カードローンの利用が必要になることが考えられるなら予め契約だけ済ませておくのがいいかもしれません。

自動契約機を利用した申込の場合、夜22時まで申込が可能です。カードがその場で発行されますので併設のATMを利用して融資を受けることができます。ATMの多くはほぼ24時間利用可能ですが、手数料が発生します。

限度額はなるべく50万円以下で

カードローンを利用する際にできるだけ多く借りたいと考える人が多いのですが、新規借り入れの場合最大でも50万円程度にしましょう。50万円以下であれば審査の際に収入証明書が不要です。

また限度額が高すぎると審査に通りにくくなりますので、借入目的を明確にし、不要な借入はしないのが賢くカードローンを利用するポイントです。

お急ぎの方はフリーダイアルへ

お急ぎの方はインターネット申込後、フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することが可能です。ぜひ活用してください。

提携ATM・コンビニATM/CDは手数料が発生

先程の説明にも会った通り、アイフルATMは手数料無料で取引ができますが、提携ATM・コンビニATM/CDを利用する場合には手数料が発生します。取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

1秒診断で無駄な借入を避ける

アイフルのHPからは1秒診断を利用することができます。

1秒診断では年収や他社からの借入金額を入力するだけで借入できるかどうか診断してくれます。

無駄な申込は信用情報に傷をつけてしまいますので、必ず1秒診断を活用しましょう。

以上がアイフルのカードローンの審査に臨む際の注意点です。

アイフルの審査ポイントと審査の流れを完全マスター!

カードローンを利用する際に心配事といえば審査に関することです。審査の内容や審査の流れを把握することで余裕を持って審査に臨むことができます。アイフルの審査では年収、勤務先、信用情報をおもにチェックします。安定した収入があり、信用情報に問題がなければ審査に通る可能性大です。

申込はインターネット、電話、来店などの方法がありますが、手軽でスピーディなインターネット申込がおすすめです。

インターネット申込は24時間受付可能ですが、審査は翌営業日となります。自動契約機なら夜22時まで申込を行うことができます。

申込の流れは、審査、契約手続き、借入の順で続きます。必要書類の提出は書類提出サービスを利用して簡単に送ることができます。またお急ぎの方はインターネット申込後、フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することができます。

アイフルの審査の流れはシンプルでスピーディ。何も心配することはありません。審査ハードルも高くありませんので、必要以上に不安を感じることはないでしょう。ぜひこの機会にアイフルへの申込を検討してください。

閉じる
閉じる