アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの返済手数料を回避するには?賢い返済方法

カードローンを利用する人の大半は経済的にとても困窮していますから、できるだけ節約して日常生活でも無駄遣いをしないように気をつけています。カードローンは限度額が設定され、その範囲内で自由にお金を借りたり、返したりできる仕組みですが、利息が発生します。

カードローンを利用する際には金利に応じて借りた金額と利息を支払わなければなりません。この金利は手数料と呼ばれることもあります。カードローンの手数料は金利によって決まりますので、みなさんできるだけ低金利で借入したいと考えているのです。

また金利とは別にカードローンを利用する際にはATM手数料や振込手数料など金融機関の手数料が必要となる場合もあります。できるだけ余分な手数料を避けるためには、きちんと手数料について把握しておく必要があります。

今回はたくさんのカードローンの中でもとくに人気の高いアイフルの手数料について詳しく調べてみました。これからアイフルを利用する方も、すでに利用中の方も知らないと損をしていることもあります。

アイフルを利用する前にしっかり手数料の確認をしましょう。一回ごとの手数料は決して高くなくても繰り返し利用することで損をしている可能性が高いですね。こちらの記事ではみなさんが賢くアイフルを利用できるようにアドバイスを差し上げています。

金利は手数料と呼ばれることも!?金利の設定と計算方法

カードローンを利用する際には手数料がかかります。手数料とはいわゆる金利のことで金利に応じて支払う利息が決まります。それゆえに多くの人が借入先を決める際に金利を重視するのです。金利が低い方が支払う利息も少なくて済みます。

アイフルの金利は3.0%~18.0%の範囲で借入額に応じて設定されます。

50万円以下の借入の場合、金利は18.0%となります。利息の計算方法は下記のようになります。

利息額=借入金額×実質年率÷365日×借入期間(日数)

例えば10万円を金利18.0%で30日間借入すると、10万円×18%÷365日×30日=1,479円となり、利息は1,479円となります。

金利や金利の計算方法について理解しても具体的な毎月の返済額はよくわからないという人は少なくありません。毎月の返済額を把握することがスムーズな完済につながりますので、そのような方はぜひアイフルのHPから返済シュミレーションを活用してください。

返済シュミレーションは借入額と金利を入力することで毎月の返済額や返済早見表をチェックすることができます。返済に行き詰まることがないようにあらかじめきちんと返済計画を立てることがとても大事です。

借入は振込とアイフルATMが手数料無料でお得!

アイフルでは借入方法によっては金融機関に手数料を支払う必要があります。まずはどんな借入方法があるのかみてみましょう。アイフルでは電話やインターネットによる振込予約またはアイフルATM、提携ATM、コンビニATMでお金を借りることができます。

振込予約

アイフルではインターネットまたは電話で振込予約をすることができます。

インターネットによる振込予約の場合、スマホやPCなどから会員専用ページにログインし24時間振込予約を行うことができます。

その際に振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」を選ぶことができますので、第三者にカードローンの利用を知られたくない方も安心です。

当日振込も可能ですが、受付時間によっては翌営業日となる場合もあります。電話による振込予約も同様に行いますが、女性専用ダイアルもありますので女性でも気軽に電話することができます。

振込融資を受ける場合、手数料はアイフルが支払ってくれます。自宅にいながら振込の予約ができ、さらに手数料が無料なら振込融資を利用しないともったいないです。

ATMによる借入

アイフルではアイフルATM、提携ATM、コンビニATMを利用して借入が可能です。ただし、アイフルATM以外は取引金額に応じて手数料がかかります。

取引金額が1万円以下の場合、手数料は108円、1万円超えの場合は216円かかります。

経済的に厳しい状況であれば、こうした手数料はできれば払いたくないですよね。アイフルATMなら手数料が無料ですので設置場所をHPで確認して利用することをおすすめします。

返済の際には金融機関の振込手数料に注意しよう!

借入の際の手数料についてはわかりましたが、返済の際にも手数料がかかります。

アイフルでは銀行振込、ATM、店舗窓口、コンビニ、口座振替のいずれかで返済が可能です。このうち店舗窓口及び口座振替での返済は手数料が無料です。口座振替は別途登録が必要ですが、手数料無料だけではなく、返済忘れも防いでくれます。

銀行振込による返済の場合は、振込手数料はお客様の負担となります。振込先は契約店舗の指定口座となり、会員専用ページより確認することができます。銀行振込の際の手数料は利用中の金融機関によって異なります。

一部の金融機関では一定回数まで振込手数料無料となる場合もあり、また店舗を持たないネット銀行は都市銀行や地方銀行よりも手数料が安い傾向にあります。

借入時同様にアイフルATMもしくは提携ATMで返済が可能ですが、提携ATMは取引金額に応じて手数料がかかることをお忘れなく。

コンビニではコンビニATMのほかにマルチメディア端末機を利用して返済を行うことができます。通常のATMとは利用方法が異なりますが、複雑ということはありません。夜間23時まで手続きが可能です。

ほかにもあるある!見逃せないアイフルのお得なサービス

アイフルを利用する際には、なるべく手数料のかからない方法で借入、返済を行うことで無駄な出費を抑えることができます。アイフルではその他にも利用者にとって得するサービスを多数提供しています。

30日間無利息サービス

アイフルでは新規利用者に対して30日間無利息サービスを実施しています。無利息サービスを利用すると30日間金利が無料となりますので、例えば10万円を金利18.0%で30日間借入した場合利息分の約1,470円が無料となります。

お得な無利息サービスは利用しないともったいないですね。

1秒診断

アイフルでは借入が可能かどうか判断してくれる1秒診断を受けることができます。これはHP上から利用できるサービスで年収や他社からの借入について入力するだけで借入が可能かどうか判断してくれます。

1秒診断を利用することによって無駄な申込を避けることができます。

aiメール

アイフルでは返済日忘れを防ぐためにaiメールサービスを提供しています。aiメールは返済日の3日前にメールで知らせてくれるサービスです。登録料、手数料無料で利用できますのでぜひ活用してください。

返済日を忘れてしまいますと、信用情報に傷が付いたり、延滞料の支払いを求められることになります。

書類提出サービス

アイフルでは審査の際に書類提出には書類提出サービスを利用することができます。従来のFAXや郵送に比べて時間も料金もかかりません。誤送信を防いでスピーディに書類を提出することができますので大変便利です。

返済シュミレーション

スムーズに返済を行うためには返済金額や返済方法、返済日を把握しておくことが大事です。アイフルではHPから返済シュミレーションを活用することができます。借入額や金利を入力すると毎月の返済額やその内訳を教えてくれます。

返済早見表をもとに返済計画を確認することで完済へのモチベーションがアップすることは間違いありません。

以上が知らないと損をするアイフルの便利でお得なサービスです。

知らないと損をする!知っておきたい手数料のあれこれ!

カードローンを利用する人はたいてい経済的に厳しい状態にありますから、余計な手数料などは避けたいと考えています。手数料を避けるためには金利について、あるいはどんな借入方法、返済方法が手数料がかかるのかということをしっかり把握しておく必要があります。

アイフルに限らずお金を借りる金利がかかり、借入分+利息の返済義務が生じます。できるだけ早めに返済することで利息を最低限に減らしましょう。

お金を借りるとき、返すときは振込やATMの利用手数料がかかります。アイフルからの振込融資またはアイフルATMは手数料が無料なので借入の際にはそちらを利用することをおすすめします。返済に関しては振込手数料やATM手数料がかかりますので、できるだけ手数料の安いまたは無料の金融機関を利用して返済をするといいでしょう。

アイフルでは無利息サービスやaiメールサービスなど様々なお得なサービスを提供しています。知らないと損をすることもありますのでHPやこちらの記事をチェックしてください。

閉じる
閉じる