アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

与信が通らないとアイフルで借入できない!?与信っていったい何?

カードローンは近年とても手軽でスピーディにお金を借入できるようになり利用者も増えています。以前は危険なイメージがありましたが、現在ではとても健全で誰でも安心して利用することができます。

消費者金融や銀行は様々なカードローン商品を取り扱い、個人融資に力を注いでいます。しかし、どんなに優れた商品であっても審査に通らなければお金を借りることはできません。

カードローンを利用するための最初のハードルは審査を通過することです。カードローンの審査はその他のローンに比べると通りやすいと言われています。しかし、カードローンの審査でチェックされる与信によっては審査に不利になることも考えられます。

カードローン審査で与信が通らない!そんな悲鳴を聞くことがありますが、ローン審査などでよく使われるこの与信とはいったいなんなのでしょうか。与信が通らないというのはどういうことなのでしょうか。

今回は人気のカードローンアイフルの審査を例に与信について詳しくご説明したいと思います。与信とは信用を供与することですが、カードローンの審査とどうかかわってくるのでしょうか。

すでにアイフルをご利用中の方も、これからアイフルの利用を検討中の方も知っておいて損はない内容となっています。

そもそも与信ってなに?与信の意味と使い方

そもそもカードローンの審査などでよく聞く与信とはどのような意味なのでしょうか。

与信とは相手を信用してお金や物の貸し付けを行うこと指します。

信用を与えるという意味合いから与信という言葉ができたのです。例えばカードローンでお金を貸したり、クレジットカードを利用して支払い前に商品を手に入れることなどが与信ということになります。

与信というのはどのように判断されるのでしょうか。与信は返済能力や返済するための責任感、あるいは担保などの資産の有無などを基準に判断されます。カードローンやクレジットカードの場合、基本的には無担保で保証人も不要となりますので、経済的な返済能力と返済義務を果たそうとする責任など資質を審査することになります。

カードローンでいうところの返済能力と資質というのはどのような事柄を指すのでしょうか。カードローンの審査内容をみるとわかりやすいかと思います。

返済能力

カードローン審査で返済能力をはかるためにはまず年収をチェックします。

カードローンの最大の借入条件は安定した収入があることです。

年収が高ければ返済能力は高いと判断されますが、年収が高くなくても安定かつ継続した収入があれば審査に通る可能性は高いです。

カードローンを利用する場合、年収に応じた限度額が設定されそれ以上借入することはできません。ですので、年収が低ければそれに見合った限度額が設定されるため返済に行き詰まるリスクは低くなります。

現在では消費者金融やカード会社を対象に総量規制という法律が施行されていますので、年収の1/3以上借入することはできません。年収が300万円なら最大限度額は100万円となります。返済能力を見極めるためにはまずは年収のチェックが欠かせません。

返済資質

返済できるかどうかという経済力とは別に返済する気があるかどうかということも大事です。お金があっても無駄遣いなどでカードローンの返済を後回しにする人も少なくないのです。

返済義務を果たしてくる真面目な性格というのが理想ですが、そのような資質は勤務先や勤続年数などをチェックすることで判断することができます。例えば公務員や大手企業勤務などの場合、社会的地位の高い人が多いため返済トラブルなどを避ける傾向にあります。そのためきちんとお金を返してくれると考えられます。

また勤続年数が長い方が勤勉で真面目な性格と判断されます。一方でアルバイトを転々としているようではいつ仕事をやめて無職となってしまうかわかりません。そのようなリスクを回避するためにアイフルでは勤務先をチェックして返済義務を果たしてくれる人物かどうか確認します。

与信は信用を与えること!与信のチェックに信用情報は欠かせない

与信とは信用を与えること、その信用をもとにお金や物を貸すかどうか判断するということがわかりましたが、与信をチェックする際に欠かせないのが信用情報です。

信用情報とはクレジットカードやローンの申込や契約、取引に関する情報のことで信用会社が管理しています。

金融機関は顧客のクレジット情報を登録し、情報を共有することで返済が見込めないお客にはお金を貸さないようにしています。信用できる人物なのかどうか判断する上で欠かせないのが信用情報です。

信用情報には申込情報、本人情報、クレジット情報(契約内容、支払い状況)などが記録されています。つまり、信用情報からは過去の返済履歴や他社からの借入状況もわかってしまうということです。

過去の借入歴

信用情報からは過去の借入歴が全て記録されています。自己破産や債務整理はもちろんのこと返済の遅れや滞納などもすぐにわかってしまいます。与信では信用を与えてよいかどうか判断するものですから、過去に返済トラブルがあれば返済義務を果たす信用できる人間ということは言えません。

信用情報に問題があると与信が通らないというのはよく言われていることです。

ちなみに信用情報の記録は完済後5年ほどは残ると言われていますので信用情報に深刻な問題があると審査に通るのは長期的に審査に通るのが難しくなります。

他社からの借入

アイフルの申込の際には最初の段階で他社からの借入金額をチェックします。総量規制の関係上、年収の1/3以上を貸し付けするのは違法となりますので他社からの借入額は重要です。他社からの借入件数や借入金額、返済状況も信用情報を見れば一目瞭然です。

他社からの借入が多い場合は当然ながら返済能力が低いとされ審査に影響します。

クレジットカードのキャッシング枠も与信としてカウントされます。実際にキャッシング枠を利用していなくてもいつでも借入できるため借入しているのと同じ状況とみなされるのです。

アイフルへ申込の際には不要なクレジットカードやローンは解約する方がいいかもしれません。

与信管理とは返済能力のテスト!アイフルなら後から増額可能

ここまで与信についてご説明してきましたが、次は与信管理についてお話しましょう。与信管理とは聞きなれない言葉ですが、どのような意味なのでしょうか。これはもともと経営が健全な大きな会社には取引を拡大し、リスクのある会社に対しては取引を縮小していくというリスク回避の方法ですが、カードローンの場合、顧客の返済能力を見極めることに当てはまります。

先程最大限度額は年収の1/3というお話をしましたが新規借入の場合、まずは最低限の限度額が設定され返済能力をチェックされます。限度額が想定したより低かったという経験は誰にでもあるはずです。

でも安心してください。アイフルでは半年ほど取引実績を積むことで増額が可能となります。増額とは追加融資のことで半年間信用を積み、返済能力のある顧客とみなされれば限度額がアップします。増額のポイントは半年間返済遅れがないことです。

半年間返済遅れや滞納がなく、年収が下がったなどということがなければ増額審査に通る可能性は高いです。ちなみにアイフルなら会員専用ページから手軽に増額申請を行うことができます。

与信が通らないと悩んでいる方は信用情報に問題がないかチェック

アイフルの審査で与信が通らないと悩んでいる方は自信の信用情報に問題がないか確認する必要があります。カードローン審査に通るためには安定した収入があることや勤務先に問題がないことなどが大事ですが、その他にも過去の借入歴や他社からの借入などもチェックされます。

過去に借入歴とは過去にクレジットカードや返済の遅れや滞納がないか、また他社から多額の借入がないかということです。過去の借入歴や他社からの借入は信用情報に記録されています。自身の信用情報の記録がわからないという場合には信用会社に開示を求めることも可能です。

与信が通らない、つまり審査をクリアできないという場合には信用情報をチェックして審査が否決になる原因を推測することも大事です。

すでにある借金を返済する、借入件数を減らす、返済時期を見極めるなど対応が必要となります。

閉じる
閉じる