アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの返済が遅れてしまった!取り立ては厳しいのか!?

カードローンは一昔前は借金地獄という言葉に象徴されるように危険なものと思われてきました。高金利や暴力による取り立てが横行していたと聞きますが、最近の若い人にはあまり知られていません。

カードローンは現在ではとても便利で安全になりましたが、カードローンがここまで進化するには長い道のりがありました。カードローンについてよく知らない人はいまだにカードローンは危険なものと思いこみ、申込を躊躇していますがそんなことはありません。

こちらの記事では人気が高く利用者も多いアイフルの取り立てについて調べてみました。もしも強面の男性が取り立てに来たらと考えると不安が募りますが、安心してください、そのようなことはまずありません。

その他にも取り立てに関してだけではなく、返済が遅れたらどうなるのか、カードローンの歴史や過去の厳しい取り立ての実態などにも触れてみたいと思います。カードローンの利用に不安を感じている方はぜひこちらの記事をチェックして不安を解消してください。

カードローンの歴史!厳しい取り立ては本当にあった!

現在カードローンというととても安全で手軽に利用できるものとなっていますが、過去には恐れられていたこともありました。カードローンは元々1960年代に個人融資としてスタートしました。当時は利用者の大半がサラリーマンだったためサラ金とか、街の繁華街に事務所があったため街金とも呼ばれていました。

その後も日本の経済成長とともにカードローンは急成長し、膨大な利益を得るようになります。しかし、当時はなんの規制もなかったため高金利でお金を貸し付け、返済が滞ると暴力による取り立てを行うなどしたため自殺や夜逃げをする人が増え、社会問題にまで発展しました。

またバブル崩壊後経済が低迷してからは大口の顧客が少なくなったこともあって銀行も個人融資に力を入れ始めます。銀行の参入や様々な規制によって思うように利益を得られなくなったため、それまでのサラ金から消費者金融に呼称を変え、イメージアップをはかります。

有名タレントや動物などを起用したCMをはじめ、無人契約機などのサービスもスタートします。一方で消費者金融を対象とした規制も厳しくなり、徐々に金利は引き下げられ、2006年には悪名高いグレーゾーン金利も廃止されました。

グレーゾーン金利

かつて金利の上限は利息制限法と出資法の2つによって決められていました。

貸金業法の金利の上限は20.0%というのに対し、出資法の上限は29.2%でした。

そこで貸金業者はグレーゾーンと呼ばれるその間の金利帯で貸付を行い、行政処分を免れていました。

最高裁は2006年にこのグレーゾーン金利を認めない判決を下し、上限金利を超えて貸付を行った分を過払金請求によって返還を求めることができるようになりました。これがグレーゾーン金利です。

総量規制

その後金利の上限に引き続き、貸付金額にも上限が設けられるようになります。

総量規制が施行されてからは限度額の上限は年収の1/3までと定められています。

限度額が制限されたため十分な借入ができないという不満の声も聞かれますが、この法律は借り過ぎを防ぎ消費者の利益を守るためのものです。

しかし、このような法律により利益を得られなくなった消費者金融の多くは廃業に追い込まれます。大手消費者金融は銀行と提携したり傘下に入るなどして生き残りを図ります。現在では銀行も消費者金融も顧客確保のために充実したサービスの提供に注力しています。

以上が簡単なカードローンの歴史です。最初から現在のように便利で安全な存在だったわけではなく、長い歴史を経て発展してきたのです。

返済が遅れてしまった場合のアイフルの対応は?

今回注目したのはアイフルの取り立てについてです。アイフルに限らずカードローンを利用する際には返済日を守ることはとても大事です。自己破産や債務整理はもちろん、返済遅れや滞納などを起こすと信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報は信用会社が管理する個人のクレジットヒストリーです。過去のローンやクレジットカードの利用履歴が記録されたもので、金融機関の間で情報が共有されています。金融機関は信用情報をチェックすることで利用者の「信用」を判断し、審査の合否を決定します。

信用情報に傷がつくと各種ローンやクレジットカードの審査に影響を及ぼすことが考えられますので、安易に返済トラブルを起こさないようにしなければなりません。

しかし、そうはいってもなんらかの事情があって返済が遅れてしまうことがないとは言えません。返済が遅れてしまった場合、アイフルでは厳しい取り立てが行われるのでしょうか。

もしも返済が遅れたら?

いわゆる私たちがイメージする厳しい取り立てというのはアイフルではまず行われることはありません。では返済が遅れた場合にはどうなるのでしょうか。

まず返済日に返済がされていないとアイフルからスマホや携帯に電話が来ます。その際に返済できない旨とその理由を告げますと、返済日が再設定されます。とくに怒られるということはないようです。

ただし、返済の目途が立たないからといって電話連絡を無視したりすると自宅や会社に電話が来たり、督促状などが届くこともあります。

アイフルとしては連絡が取れないとこのまま借金を踏み倒す気では?と警戒します。

お金が工面できず返済が難しい場合には返済計画の見直しの相談に乗ってくれることもありますので、返済日に入金できない時にはあらかじめアイフルに連絡をしておくことをおすすめします。

滞納してしまった際のリスクとしては、信用情報に傷がついてしまうことや延滞料がかかってしまうこと、一括返済を要求されるなどが挙げられます。

しかし、現在は暴力や恐喝による取り立ては法律で禁止されていますので、アイフルではそのようなことは一切行いません。

借金の取り立てには厳しいルールが!違法な取り立ては通報できる!

前述の通り現在は借金の取り立てにも厳しい法律があります。もしも取り立てのルールに違反することがあれば警察に通報することができます。以下の取り立ては違法となります。

  • 深夜や早朝に取り立てを行う
  • 自宅以外で取り立てを行う
  • 退去に応じない
  • 張り紙など借金について第三者に知らせる
  • 他社からお金を借りて返済するように強要する
  • 債務整理開始後に取り立てを行う
  • 家族や知人など債務者以外に返済を求める

以上のような取り立ては違法となります。

取り立ては深夜や早朝などの時間帯に行うことはできません。また会社や親族の家など自宅以外へ訪問して取り立てを行うことも禁止されています。自宅への取り立ては合法ですが退去を命じられたときは速やかに退去しなければなりません。

よくドラマや映画などでは周囲に借金を知らしめるために張り紙を貼ったりしますが、このような行為も違法です。他社からお金を借りて返済を強要することもできません。家族や知人など債務者以外に返済を求める行為もNGです。

今後も返済の見通しが立たずやむを得ず債務整理を行う場合もありますが。債務整理が開始されるとその後は取り立てを行うことはできません。

以上のような取り立てが執拗に行われた場合には通報するこができますが、アイフルでは一切このような取り立てをすることはありません。

アイフルでは違法な取り立ては一切なし!安心して借入できる

アイフルの利用を検討中の方でカードローンは危険、怖いというイメージをいまだお持ちの方も少なくありません。確かにカードローンはかつてサラ金とよばれ、高金利で貸付を行ったり、暴力による取り立てを行っていたこともありました。そのためダークなイメージを長い間拭うことができませんでした。

現在は金利や限度額が制限され、高金利や借り過ぎで返済に行き詰まるということは少なくなりました。しかし、もちろん事情があって返済できないという人もいるでしょう。しかし、アイフルでは厳しい取り立ては一切行っていません。

現在は取り立てに関する法律も制定され、深夜や早朝の取り立てや第三者への取り立て、会社や実家に押し掛けるようなことも禁止されています。

アイフルでは厳しい取り立てを行うことはありませんが、返済が遅れると信用情報に傷がつく、延滞料がかかるなどのペナルティが課せられますので返済遅れのないようにすることは大事です。

どうしても返済が厳しいという時にはあらかじめアイフルに連絡をしてその旨を伝えましょう。事情によっては返済計画などの見直しの相談に乗ってくれることもあります。返済できないからと言ってアイフルからの連絡を無視するのは絶対にNGです。

カードローンは一昔前は借金地獄という言葉に象徴されるように危険なものと思われてきました。高金利や暴力による取り立てが横行していたと聞きますが、最近の若い人にはあまり知られていません。

カードローンは現在ではとても便利で安全になりましたが、カードローンがここまで進化するには長い道のりがありました。カードローンについてよく知らない人はいまだにカードローンは危険なものと思いこみ、申込を躊躇していますがそんなことはありません。

こちらの記事では人気が高く利用者も多いアイフルの取り立てについて調べてみました。もしも強面の男性が取り立てに来たらと考えると不安が募りますが、安心してください、そのようなことはまずありません。

その他にも取り立てに関してだけではなく、返済が遅れたらどうなるのか、カードローンの歴史や過去の厳しい取り立ての実態などにも触れてみたいと思います。カードローンの利用に不安を感じている方はぜひこちらの記事をチェックして不安を解消してください。

カードローンの歴史!厳しい取り立ては本当にあった!

現在カードローンというととても安全で手軽に利用できるものとなっていますが、過去には恐れられていたこともありました。カードローンは元々1960年代に個人融資としてスタートしました。当時は利用者の大半がサラリーマンだったためサラ金とか、街の繁華街に事務所があったため街金とも呼ばれていました。

その後も日本の経済成長とともにカードローンは急成長し、膨大な利益を得るようになります。しかし、当時はなんの規制もなかったため高金利でお金を貸し付け、返済が滞ると暴力による取り立てを行うなどしたため自殺や夜逃げをする人が増え、社会問題にまで発展しました。

またバブル崩壊後経済が低迷してからは大口の顧客が少なくなったこともあって銀行も個人融資に力を入れ始めます。銀行の参入や様々な規制によって思うように利益を得られなくなったため、それまでのサラ金から消費者金融に呼称を変え、イメージアップをはかります。

有名タレントや動物などを起用したCMをはじめ、無人契約機などのサービスもスタートします。一方で消費者金融を対象とした規制も厳しくなり、徐々に金利は引き下げられ、2006年には悪名高いグレーゾーン金利も廃止されました。

グレーゾーン金利

かつて金利の上限は利息制限法と出資法の2つによって決められていました。

貸金業法の金利の上限は20.0%というのに対し、出資法の上限は29.2%でした。

そこで貸金業者はグレーゾーンと呼ばれるその間の金利帯で貸付を行い、行政処分を免れていました。

最高裁は2006年にこのグレーゾーン金利を認めない判決を下し、上限金利を超えて貸付を行った分を過払金請求によって返還を求めることができるようになりました。これがグレーゾーン金利です。

総量規制

その後金利の上限に引き続き、貸付金額にも上限が設けられるようになります。

総量規制が施行されてからは限度額の上限は年収の1/3までと定められています。

限度額が制限されたため十分な借入ができないという不満の声も聞かれますが、この法律は借り過ぎを防ぎ消費者の利益を守るためのものです。

しかし、このような法律により利益を得られなくなった消費者金融の多くは廃業に追い込まれます。大手消費者金融は銀行と提携したり傘下に入るなどして生き残りを図ります。現在では銀行も消費者金融も顧客確保のために充実したサービスの提供に注力しています。

以上が簡単なカードローンの歴史です。最初から現在のように便利で安全な存在だったわけではなく、長い歴史を経て発展してきたのです。

返済が遅れてしまった場合のアイフルの対応は?

今回注目したのはアイフルの取り立てについてです。アイフルに限らずカードローンを利用する際には返済日を守ることはとても大事です。自己破産や債務整理はもちろん、返済遅れや滞納などを起こすと信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報は信用会社が管理する個人のクレジットヒストリーです。過去のローンやクレジットカードの利用履歴が記録されたもので、金融機関の間で情報が共有されています。金融機関は信用情報をチェックすることで利用者の「信用」を判断し、審査の合否を決定します。

信用情報に傷がつくと各種ローンやクレジットカードの審査に影響を及ぼすことが考えられますので、安易に返済トラブルを起こさないようにしなければなりません。

しかし、そうはいってもなんらかの事情があって返済が遅れてしまうことがないとは言えません。返済が遅れてしまった場合、アイフルでは厳しい取り立てが行われるのでしょうか。

もしも返済が遅れたら?

いわゆる私たちがイメージする厳しい取り立てというのはアイフルではまず行われることはありません。では返済が遅れた場合にはどうなるのでしょうか。

まず返済日に返済がされていないとアイフルからスマホや携帯に電話が来ます。その際に返済できない旨とその理由を告げますと、返済日が再設定されます。とくに怒られるということはないようです。

ただし、返済の目途が立たないからといって電話連絡を無視したりすると自宅や会社に電話が来たり、督促状などが届くこともあります。

アイフルとしては連絡が取れないとこのまま借金を踏み倒す気では?と警戒します。

お金が工面できず返済が難しい場合には返済計画の見直しの相談に乗ってくれることもありますので、返済日に入金できない時にはあらかじめアイフルに連絡をしておくことをおすすめします。

滞納してしまった際のリスクとしては、信用情報に傷がついてしまうことや延滞料がかかってしまうこと、一括返済を要求されるなどが挙げられます。

しかし、現在は暴力や恐喝による取り立ては法律で禁止されていますので、アイフルではそのようなことは一切行いません。

借金の取り立てには厳しいルールが!違法な取り立ては通報できる!

前述の通り現在は借金の取り立てにも厳しい法律があります。もしも取り立てのルールに違反することがあれば警察に通報することができます。以下の取り立ては違法となります。

  • 深夜や早朝に取り立てを行う
  • 自宅以外で取り立てを行う
  • 退去に応じない
  • 張り紙など借金について第三者に知らせる
  • 他社からお金を借りて返済するように強要する
  • 債務整理開始後に取り立てを行う
  • 家族や知人など債務者以外に返済を求める

以上のような取り立ては違法となります。

取り立ては深夜や早朝などの時間帯に行うことはできません。また会社や親族の家など自宅以外へ訪問して取り立てを行うことも禁止されています。自宅への取り立ては合法ですが退去を命じられたときは速やかに退去しなければなりません。

よくドラマや映画などでは周囲に借金を知らしめるために張り紙を貼ったりしますが、このような行為も違法です。他社からお金を借りて返済を強要することもできません。家族や知人など債務者以外に返済を求める行為もNGです。

今後も返済の見通しが立たずやむを得ず債務整理を行う場合もありますが。債務整理が開始されるとその後は取り立てを行うことはできません。

以上のような取り立てが執拗に行われた場合には通報するこができますが、アイフルでは一切このような取り立てをすることはありません。

アイフルでは違法な取り立ては一切なし!安心して借入できる

アイフルの利用を検討中の方でカードローンは危険、怖いというイメージをいまだお持ちの方も少なくありません。確かにカードローンはかつてサラ金とよばれ、高金利で貸付を行ったり、暴力による取り立てを行っていたこともありました。そのためダークなイメージを長い間拭うことができませんでした。

現在は金利や限度額が制限され、高金利や借り過ぎで返済に行き詰まるということは少なくなりました。しかし、もちろん事情があって返済できないという人もいるでしょう。しかし、アイフルでは厳しい取り立ては一切行っていません。

現在は取り立てに関する法律も制定され、深夜や早朝の取り立てや第三者への取り立て、会社や実家に押し掛けるようなことも禁止されています。

アイフルでは厳しい取り立てを行うことはありませんが、返済が遅れると信用情報に傷がつく、延滞料がかかるなどのペナルティが課せられますので返済遅れのないようにすることは大事です。

どうしても返済が厳しいという時にはあらかじめアイフルに連絡をしてその旨を伝えましょう。事情によっては返済計画などの見直しの相談に乗ってくれることもあります。返済できないからと言ってアイフルからの連絡を無視するのは絶対にNGです。

閉じる
閉じる