アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルではブラックだと借入できない!?審査に自信がない!

カードローンを利用する際にいろいろ不安なことはあると思いますが、最も気になるのはやはり審査のことです。審査に通らなかったらどうしよう、、、と申込前からなんだか落ち着きません。

審査に自信のない方は審査基準などを把握することが大事ですが、アイフルではどのような項目を重点的にチェックするのでしょうか。審査では年収や勤務先のほかに信用情報を調べます。

信用情報とは個人のお金に関する情報ですが、信用情報に問題がある人のことをブラックと呼びます。もし自分がブラックかもしれないと思う方は審査に不利になることが考えられます。

こちらの記事ではブラックとはなにか、ブラックでも借入できるのかということについて調べてみました。ブラックの方でこれからアイフルに申込をしたいという方は必ず読んでいただきたい内容です。

ブラックとはどんな状況?アイフルの審査内容をチェック!

カードローンについて調べているとよく目に入ってくるのがブラックという言葉です。ブラックとはいったいどのような状況を指すのでしょうか。

ブラックとはいわゆるブラックリストに載ってしまうぐらい問題のある人物ということになります。

ブラックと呼ばれるのはおもに信用情報に問題のある人物です。信用情報について詳しくご説明します。

アイフルの審査内容

ブラックという状態を説明するためにはまずは審査内容について知る必要があります。

審査ではおもに年収、勤務先、勤続年数についてチェックします。

年収はアイフル審査ではとても重要です。アイフルの最大の借入条件は安定した収入があることです。安定した収入がなければ借りたお金を返すことができません。返済能力を測るうえで安定かつ継続して収入があることが絶対条件となります。

安定した収入があるかどうか確認するために勤務先の情報の提供を求められます。アイフルでは申込者の勤務先に電話をかけ在籍確認を行います。在籍確認を行うことによって就業を確認し、安定した収入があることをチェックします。

アイフルの審査で要となるのが信用情報です。信用情報とはいわば個人の金融履歴のことで、過去のローンやクレジットカードの利用状況を知ることができます。過去の支払いの遅れ、滞納、債務整理、自己破産などがありますとお金を返さない人、無責任な人と判断されブラックと呼ばれてしまいます。

しかし、一概にブラックと言っても個人差があります。債務整理や自己破産など深刻なトラブルがある方、また返済が2カ月遅れた方などブラックでもそれぞれ状況が異なります。

どのくらいのトラブルがあると審査に通らないのか気になりますが、申込者の属性なども関係してきますので一概には言えません。アイフルではどのような場合に審査に影響を及ぼすのでしょうか。口コミなどをもとに調べてみました。

アイフルの審査はブラックでも通る?通らない?

ブラックと言っても信用情報のトラブルは人ぞれぞれです。アイフルではブラックでも審査に通ることはあるのでしょうか。先程過去の返済の遅れや滞納についてご説明しましたが、その他にも他社からの借入額や借入件数が多い場合にもブラックと呼ばれます。

アイフルではHP上で1秒診断と呼ばれる簡易審査を受けることができます。

1秒診断では年収や他社からの借入額を入力するだけで借入できる可能性があるかどうか診断してくれます。

この1秒診断からもわかるように他社からの借入額は審査に大きく影響します。

総量規制

他社から多額の借入があれば新たにアイフルで借入をした場合に十分な返済能力があるのかどうかわからないので貸し付けに関して慎重にならざるを得ません。また現在アイフルをはじめとする消費者金融に対して施行されている総量規制と呼ばれる法律も関係しています。

総量規制では年収の1/3までしか借入できないということになっていますので、すでに多額の借入があればさらなる融資は難しくなります。

そのため多重債務者もブラックと呼ばれることが多く、なかなか借入先を探すのが難しいのです。

借入件数や借入額が多い人もブラックなのですが、借入がどのくらいあると審査に影響するのかということは一概には言えません。申込者の年収など属性によるところも大きいからです。

他社への申込履歴、取引履歴、借入履歴なども信用情報に事細かに記録されていますので、信用情報を確認すればすぐにわかってしまうことです。過去の借入情報を全て記録したこの信用情報とはいったいどのようなものなのでしょうか。もっと詳しくご説明します。

ブラックかどうか決め手は信用情報!信用情報について詳しくご紹介

カードローン審査の際にブラックか否かというのは信用情報をチェックして判断するわけですが、信用情報とはいったいなんなのかもう少し掘り下げてご説明しましょう。信用情報について詳しく知ることで今後ローンやクレジットカードを利用する際に傷がつかないように細心の注意を払うことができるでしょう。

信用情報はどんな風に記録されているか

信用情報は信用会社が管理する個人のお金に関する情報です。

信用情報には本人を識別するための個人情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成が記録されています。

信用情報はアルファベットを使って返済状況を記録しています。

$=正常に返済がされている
A=利用者の事情によって返済がされていない
P=一部のみ入金されている

返済が遅れている人、滞っている人はAまたはPのマークが信用情報に記録されていることになります。

このように返済の遅れ、滞納、債務整理、自己破産の履歴が記録された場合、契約完了後5年は消えません。契約を完了するためには完済していることが絶対条件なので完済後5年は記録が残ることになります。

その間はカードローンに限らず、通常のローン、クレジットカード、スマホ契約、車のローン、住宅ローンなどに影響がでる可能性があります。ブラックになってしまいますと生活全般に支障が出ることもありますので十分に注意しましょう。

信用情報を問い合わせることができる

しかし、中には自分の信用情報がよくわからないという人もいます。例えば、銀行口座からの自動引き落としで支払いをしていた場合、残高不足で知らない間に支払いが遅れていたというケースもあります。

アイフル申込前に自分の信用情報を確認したいという人は信用会社に問い合わせて開示してもらうことが可能です。

信用情報に問題があるのに申込をして不可となった場合、その申込履歴も残ってしまいますので無駄な申込を避け、申込時期を見極めるためにも信用情報を確認してもらうことをおすすめします。

アイフル独自の利用者情報もある

個人の金融情報は信用会社が管理していますが、過去にアイフルを利用したことのある人はアイフル独自で顧客の情報を管理しています。過去にアイフルでお金を借りて返済が遅れるなどのトラブルを起こしている場合、再びアイフルで借入することが難しいということもあります。

その場合には残念ながらアイフル以外の借入先を検討した方がいいかもしれません。アイフルの独自の顧客情報の場合、契約後5年で記録が消えるということはなく、もっと長期にわたって顧客の情報を管理することもあります。

ブラックだからと言って諦めないで!状況によっては借入できることも

カードローンについて調べているとよく出てくるのがブラックという言葉。ブラックとはお金を返さない要注意人物ということになるため、カードローンをはじめローン審査に不利になることがあります。

今回は人気カードローンアイフルの審査はブラックでも通るのかということについて調べてみました。ブラックと言っても実際には数カ月滞納しただけの人や自己破産をした人など様々な状況があります。これは信用情報を確認すればすぐにわかることです。

ブラックでも審査に通るかどうかという疑問ですが、ブラックの度合いによって、また属性によっても審査に通るかどうか変わってきますので、はっきりとはわかりません。

信用情報の他にもアイフルが独自に保管している顧客情報があり、そちらは半永久的に残ることもあります。信用情報は完済後5年で消えますが、会社の顧客情報はそうはいきません。

どのような状況だと審査に通らないか明確な答えはありませんが、債務整理や自己破産などの深刻な返済トラブルがある方、すでに他社から多額の借入がある方は審査に通るのは難しいと考えた方がいいでしょう。対処法としては、信用情報がクリーンになるのを待つことやもっと審査の通りやすい借入先を探すなどの方法があります。

ブラックで審査に自信のない人でもアイフルを利用したい方は最初から諦めず申し込みをしてみることも大事です。深刻な返済トラブルや多重債務ではなければ審査に通る可能性はありますよ。

閉じる
閉じる