アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの利用可能額はいくら!?増額アップのための対策も!

カードローンを利用する際に最も気になるのは利用可能額です。みなさんできるだけ多くお金を借りたいと考えているので、利用可能額が多いほど嬉しいのですが果たして希望通りの利用枠をもらうことができるのでしょうか。

今回は沢山のカードローンの中でもとくに利用者が多く人気の高いアイフルにスポットを当ててみました。これからアイフルを利用する方の多くはどのくらいの利用可能額が与えられるのかドキドキしていると思います。

利用可能枠は別名限度額とも言われ、審査によって設定されます。利用可能枠を決めるときには大事なのは年収です。利用可能枠は年収に応じて決まると考えてもいいでしょう。

利用可能枠の上限は年収によってある程度決まってしますのですが、その範囲内で最大限にお金を借りるための対策があります。利用可能枠アップのためにできることは試した方がいいですよね。

こちらの記事ではアイフルの利用可能枠について、また利用可能枠アップの方法について詳しくご紹介していきます。これからお金を借りる人にとって切実な問題だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

利用可能枠は年収に応じて決まる!総量規制とは?

カードローンを利用する際にとくに気になるのが利用可能枠です。カードローンは通常のローンとは異なり、設定された利用可能枠の中で自由にお金を借りたり返したりできます。
利用可能枠が高い方が必要なときに多くのお金を借入できるので助かります。

できるだけ利用可能枠が高い方がいいと誰もが思うのですが、必ずしも希望する可能枠を与えられるとは限りません。利用者の収入に見合った金額でないと、返済に行き詰まってしまう危険性があるからです。そうなればカードローン会社側も未回収というリスクを負うことになってしまうからです。

総量規制

利用可能枠は基本的に年収に応じて決定します。その背景には現在施行されている総量規制という法律が関係してきます。総量規制とは消費者金融やカード会社を対象とした法律で年収の1/3までしか借入できないというものです。

総量規制によって利用可能枠は制限されてしまいますが、そもそもは消費者が返済トラブルに巻き込まれないように制定された法律なのです。身分不相応な可能枠を与えられても、結果的には返済に行き詰まり自己破産や債務整理など取り返しのつかないことになってしまう危険性があるのです。

新規でカードローンを契約した場合、まだ取引実績がないためほとんどの方が年収の1/3より低い利用枠となります。しかし、審査対策を行うことで属性の強い利用者と判断されれば可能枠アップも夢ではありません。

利用可能枠をできるだけ高くするためには審査対策を!

アイフルでは申込後すぐに審査が開始されます。カードローン審査では主に年収、勤務先、過去の借入歴などがチェックされます。そして、これらの項目を総合的に審査し、利用可能枠が決定されます。

年収

年収は利用可能枠を決める上で最も重要なポイントです。単純に言えば、年収が高ければ利用可能枠は高くなりますし、低ければ低くなってしまいます。先程もご説明したとおり、利用可能枠は年収のおおよそ1/3とお考えください。

アルバイトやパートなどで年収が低い場合でも審査に通る可能性がないわけではありません。年収が低ければ利用可能枠も低くなりますが、借入はできますのでご安心ください。

利用可能枠が50万円未満であれば収入証明書の提出は不要ですが、収入の確認のため在籍確認は必ず行われます。

勤務先

アイフルの審査では勤務先についても在籍確認を行ってチェックします。勤務先が中小企業や自営業であっても問題はありません。公務員や大手企業勤務者は審査に有利と言われていますが、確かに離職率が低く、社会的地位のある仕事をお持ちの場合には利用可能枠が高めに設定されることもあるようです。

また勤勉さを計るうえで勤続年数も大事です。アルバイトを転々としているようではいつ仕事を失って返済が滞ってしまうかわかりません。勤続年数が長い方が真面目に地道に返済を進めてくれると判断されるようです。最低でも1年以上の勤続年数がある方が審査には有利に働きます。

過去の借入歴

審査でとくに注目されるのが過去のお金の借入歴です。もしもローンやクレジットカードを利用した経験があれば、そのときの取引内容を確認し、トラブルなどを起こしていないかチェックします。

このような個人のクレジットカードヒストリーは信用情報によって確認することができます。信用情報は信用会社に保有されていて、金融機関はローン審査やクレジットカード審査の際に閲覧することができます。

過去に返済の遅れ、債務整理、自己破産などの履歴があると返済義務を果たさない人と判断されて審査に不利になります。

審査に落ちることはなくても、きちんと返済してくれるか様子見ということになりまずは最低限の利用可能枠が設定されることも珍しくありません。また当然ながらすでに他社から借入がある場合は、返済能力が落ちるとして利用可能枠にも影響します。

以上のように審査内容、審査状況によって属性が判断され、それによって利用可能枠も変わってきます。

利用可能枠が低くてがっかり!でも返済実績を積んで増額も!

利用可能枠の決定方法についてご紹介しましたが、それでも想定外の低い金額にがっかりしてしまったという人は少なくありません。でも、あまり落ち込む必要はありません。半年ほど実績を積むことで増額が可能になるケースもあります。

増額によって追加融資を受けることができます。増額のためのポイントをみてみましょう。

半年以上取引実績を積む

利用可能枠が低めに設定されるのは利用者が本当にお金を返してくれるのかどうかまだわからないからです。

そこで半年以上コンスタントにお金を借り、毎月きちんと返済をすることで取引実績及び返済実績を積むことができます。

きちんと返済義務を果たしてくれると判断されれば増額が可能となります。

返済の遅れがない

増額審査に通過するためには当然ながら返済の遅れがないことが大事です。半年間の間一度でも返済遅れなどがあると増額が難しくなることもあります。

返済日をつい忘れてしまったり、自動引き落としの場合は口座残高不足に気付かなかったりと、返済が遅れてしまうこともあります。そのような不注意によって増額できなくなるのは悲しいので返済遅れには十分注意しましょう。

他社で追加借入がない

アイフルで契約中に増額が待ち切れず他社で借入をしてしまった場合、増額が難しくなることがあります。

利用可能枠は最大でも年収の1/3までですので他社で追加借入があると増額が難しくなります。

他社ですでに多額の借入がある場合には、増額よりもまずは返済に力を入れることをおすすめします。

増額手続きの方法

アイフルの増額はHPから会員専用ページにログインすることで行うことができます。

会員専用ページではどのくらい増額が可能かどうか知ることもできます。増額は土日でも受付可能ですので、忙しい方は助かりますね。

増額申込をすると再度審査が行われますので、収入証明書の提出が必要となる場合もあります。

年収の1/3が利用可能枠の目安!初回の可能枠が低くても増額できる!

アイフルをはじめカードローンにおける利用可能枠の目安は年収の1/3となります。総量規制の関係上、年収の1/3以上は借入が認められていません。また借り過ぎによるトラブルを防止するためにも年収に見合った借入をすることが大事です。

審査内容によっても利用可能枠は左右されます。審査で属性が強いと判断されれば利用可能枠はアップしますし、ぎりぎりのラインですと様子見のため低めの利用可能枠が設定されることもあります。とくに過去の借入歴に問題があると利用可能枠は低めになるようです。

しかし、半年ほど取引実績、返済実績を積むことで増額が可能となります。増額の申込はHPの会員専用ページから行うことができます。会員専用ページではいくら増額が可能なのか知ることもできます。

初回の利用可能枠に不満をお持ちでも、実績を積むことで増額が可能となりますので、返済遅れを起こさないように毎月きちんと返済を続けることが大事です。

閉じる
閉じる