アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルで年収はやっぱり重要?審査ではこんな点をチェック!

不景気の影響もあってか近年カードローンの利用者が増加しています。これまでカードローンとはあまり縁がなかった人の中にも利用者が増えています。またカードローン各社も商品内容やサービスに力を入れていますので、使い勝手がよく満足度が高いのです。

今までカードローンの利用を躊躇していた人も申込を検討し始めているようです。しかし、カードローン初心者の方は審査に通るかどうか不安を感じています。一般的にローンの審査は厳しいというイメージがありますが、カードローンの審査はハードル低めです。

今回は沢山あるカードローンの中でもとくに人気の高いアイフルの審査に注目してみました。アイフルではどのようなことを審査するのか、審査にスムーズに通るためにはどうしたらいいのかなどご紹介したいと思います。

どんな審査にも言えることですが、審査内容をきちんと把握していた方が審査に通る確率が高くなります。こちらの記事ではアイフル審査ではどのようなことを重点的にチェックするのかご紹介します。

その中でもとくに気になるのが年収です。年収はどのように審査に影響するのでしょうか。また年収が低いとカードローン審査には通らないのでしょうか。こちらの記事では審査に関する不安を解消していきますのでぜひチェックしてください。

アイフルの審査ではここをチェックする!安定した収入は大事

借入先をアイフルに決めたら申込をして審査を受けます。審査ではどんなことをチェックするかご存知ですか。なんとなく審査に臨むのではなく、どんなことが審査において重要なのか把握しておくといいですね。

アイフルの審査では主に下記のポイントをチェックします。

  • 年収
  • 勤務先・勤続年数
  • 過去の借入歴・他社からの借入歴(信用情報)

年収

アイフルの審査でまず最初にチェックされるのは年収です。もちろん年収が高い方が有利ではあるのですが、年収の金額ばかりが大事ではありません。

アイフルの借入条件は満20歳以上であること、安定かつ継続的な収入があることとなっています。

審査に関して大事なのは年収の金額ではなく、まずは安定した収入があることです。アイフルでは安定した収入があればアルバイトやパート、契約社員でも問題ありません。

年収のチェックが厳しいのにはもう一つ理由があります。それはアイフルは消費者金融ですので総量規制の対象となるからです。

総量規制とは借り過ぎを防止するために導入された法律で年収の1/3までしか借入できないというものです。

年収の1/3以上貸付を行うと消費者金融側が行政処分を受けることになります。

つまり総量規制の関係上、限度額の条件は最大でも年収の1/3となります。年収が300万円の方は最高でも100万円までの借入となります。

勤務先・勤続年数

アイフルを利用するための条件は安定した収入があることという話をしましたが、それを確認するためには勤務先を調べます。申込の際に勤務先の情報を提供しなければなりません。会社の電話番号や住所、役職などが必要となります。

勤務先の情報が本当かどうかというのはアイフルから直接勤務先へ在籍確認を行うことで確認します。在籍確認は審査の中でもとても重要ですので、会社へ連絡が行くのはいやだなと思っても特別のケース以外は避けることはできません。

また勤続年数が長い方が真面目な性格と判断され審査に良い印象を与えます。そのため離職率が低い公務員や大手企業者は優良な利用者と言われています。

年収より重要なのは過去の借入歴と呼ばれる信用情報

アイフルの審査において安定した収入があることは絶対なのですが、もっと重要なのは信用情報です。信用情報とはいわば個人の金融履歴のことで過去のローンやクレジットカードの取引履歴が事細かに記録されています。

アイフルの審査ではこの信用情報の中でもとくに過去の借入トラブルや他社からの借入状況についてチェックします。例えば過去に返済の遅れ、滞納、債務整理、自己破産などの記録があると審査が大変不利になります。

またカードローン審査で最初にチェックするのが他社からの借入状況です。先程総量規制についてご説明しましたが、総量規制によるとすでに借入がある場合にはその金額を差し引いて最大でも年収の1/3までしか借りることはできません。

他社で借入があると返済能力が低いとみなされることもあります。

このようなマイナスの情報はあえてアイフルに伝えなくてもと思われるかもしれませんが、信用情報はアイフルなどの消費者金融や銀行の間で共有されていますので隠すことは不可能です。今後カードローンを利用する場合には信用情報に返済の遅れなどが記録されないように十分注意してください。

以上がアイフル審査の重要なポイントです。とくに信用情報に関しては、審査ハードルが低めと言われている消費者金融でも厳しくチェックします。

年収に関する豆知識!知っておくとなにかとお得

アイフルの審査では年収は大事ですが、安定した収入があればそれほど金額は問われません。こちらではカードローンを利用する際に知っておくと役立つ年収に関する豆知識をご紹介します。

年収が上がったら増額が可能に!

アイフルでは新規契約後半年ほどで増額の申し込みが可能となります。現在の限度額では十分でないという方は、半年ほど返済実績を積んで増額の申し込みをしましょう。増額の際には再審査が行われ、返済能力をチェックします。

もしも転職や昇進によって年収が上がった場合には、増額できる可能性がありますのでアイフルに登録内容の変更を伝えましょう。

年収がアップすれば限度額もアップします。増額も夢ではないのです。増額の申し込みはアイフルHPの会員専用ページから行うことができます。

収入証明書は限度額が50万円以上の場合に必要

アイフルの申込には運転免許証やパスポートなどの顔写真入りの本人確認書類が必要となります。原則収入証明書は必要ではないのですが、限度額が50万円を超える場合、他社との借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が求められます。

収入証明書としては、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、税額通知書、給与明細書などが有効です。すぐにお金が必要という場合には収入証明書を取得する手間を省くために50万円以下の借入にするのが賢明です。

専業主婦や年金受給者は借入できる!?

最後に気になるのは専業主婦や年金受給者など収入がない人は借入が可能なのかということです。残念ながら収入がない場合、総量規制の関係上借入は不可となります。総量規制では年収の1/3までしか借入できませんので、年収ゼロの専業主婦や年金受給者は借入額もゼロとなります。

ただし、専業主婦でも安定した収入がある配偶者の同意を得ることで借入が可能となるケースもあります。また銀行や信用金庫のカードローンで年金受給者でも少額の貸付を行っている金融機関もあります。

専業主婦の場合は、アルバイトやパートを始めることで申込が可能となりますのでまずは身近なところで仕事を探してみるのがいいと思います。

アイフル審査で年収は重要!でも安定した収入があれば問題なし

これからアイフルの審査を受ける人は、審査内容や審査に通るかどうか不安を抱えていると思います。とくに年収が低い人はもう半分あきらめかけていませんか?しかし、安心してください。

もちろん年収は審査されるのですが、安定した収入があればアルバイトやパートなど収入が低くても審査に通る可能性は十分あるのです。

安定した収入があれば収入面での心配はそれほどありません。むしろ信用情報と呼ばれる過去の借入履歴の方が審査に影響を及ぼします。過去にローンやクレジットカードの支払いの遅れや滞納があるという人は要注意です。

収入を証明するために収入証明書を提出する場合もありますが、原則限度額が50万円以下であれば収入証明書は不要となります。年収のない専業主婦や年金受給者は、総量規制の関係もあり、残念ながら借入は難しくなります。

もしも現在の限度額が低くてがっかりしている人も、転職や昇進により年収がアップすれば増額も夢ではありません。会員専用ページから増額の申込が可能ですので手続きをしましょう。

アイフルの審査では年収が全てではありません。年収が低いからと自信を失っている人もぜひ申込をしてみてください。

閉じる
閉じる