アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルの申込には年齢制限あり!未成年や高齢者は利用できるの?

カードローンは手軽にスピーディにお金を借入できるということで近年人気が急上昇中です。実際に周りにもカードローンを利用している人は大勢いますし、今後利用を検討している人も少なくありません。

カードローンの申込の最初の一歩は申込条件を確認することです。今回は人気の老舗カードローンアイフルに注目してみたいと思います。アイフルに申込をするためにはどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

とくに気になるのが年齢制限です。アイフルでは申込資格は何歳以上なのでしょうか。学生や年金受給者などの借入は可能なのでしょうか。審査では様々な項目をチェックして返済能力の有無を判断されますが、それ以前に年齢制限を満たしていなければ申込をすることができません。

アイフルの年齢制限が気になる方はぜひこの記事をチェックして申込が可能かどうか確認してください。またこちらの記事ではその他の申込条件や審査基準、審査に通るためのポイントについてもご紹介していきます。

これからアイフルへ申込をする人にとって役立つ情報が満載ですので、参考にしてください。

アイフルの申込条件!満20歳以上なら申込可能?

アイフルに興味があって申込をしたいという方は多いと思いますが、何よりもまず確認しなければならないのは申込条件です。いくらアイフルを利用したくても申込条件を満たさなければ申込はできません。

アイフルの申込条件

アイフルの申込条件の一つが満20歳以上であること、つまり未成年ではないことが条件となっています。

また満70歳になったところで新たな融資は停止されます。

もう一つの条件は安定した収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方となっています。

つまりきちんと就業していた毎月収入がある方ということになります。安定した収入がなければ返済能力があるとは言えませんね。

アイフルの場合、満20歳以上で安定した収入があれば申込が可能ということになります。満20歳以上で仕事をしている人というのは決して厳しい条件ではありません。申込ハードルは高くありませんので、ぜひ申込を検討してみてください。

なぜ年齢制限が必要なのか考えてみよう!

満20歳以上ということは18歳、19歳の方は利用が不可となります。18歳、19歳でも家を出て自立している人もいますのでお金が必要になるケースもあるでしょう。申込すらできないのは納得できないという人もいるかもしれませんが、未成年に貸し付けできないのには理由があります。

責任能力がない

未成年というとまず責任能力がありません。お金を借りることに関しても深く考えず借りてしまうことが考えられます。

お金を借りた場合、返済が滞ると信用情報に傷がついて今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが難しくなってしまうことさえ知らずに利用してしまう危険性があります。

以前は未成年でも借入できる商品がありましたが、未成年への貸し付けにクレームをつける親もいてトラブルも多かったため原則未成年には貸付は行わないようになったのです。

返済能力がない

未成年に貸し付けを行わないもう一つの理由は返済能力が乏しいことです。

未成年の多くが学生だったり、アルバイトだったりで、収入が多くありません。またすぐに転職したりすることもあり、継続して返済できるかどうか疑問です。そのため返済能力が充分にあるとは言えないのです。

カードローンは原則担保や保証人が不要なので、本人に返済能力がないと判断された場合にはお金を借りることはできません。

アイフルは満70歳で利用停止!高齢者の借入は難しい!?

満20歳になっていない未成年はアイフルの申し込みができないということがわかりましたが、アイフルでは申込の上限は満70歳までとなっています。

満70歳になった時点で新たな融資は不可となります。

アイフルに限らずカードローンの多くは高齢者への貸し付けに慎重になっています。その理由として挙げられるのは高齢の方はリストラなどで仕事を失うリスクが高いということです。また一度仕事を失うとなかなか再就職が難しいため返済能力に疑問を持たれてしまうからです。

その他にも病気やケガで働けなくなったり、死亡する可能性もあります。そうなると未回収というリスクを負うことになりますのでアイフルでは借入が可能な年齢の上限は70歳までと決められているわけです。

年齢制限に満たない場合の対象法

満20歳未満、あるいは満70歳以上の方は残念ながらアイフルの申込資格がありません。それでもお金を借りたいと思うこともありますが、どうしたらいいのでしょうか。

満20歳未満でお金を借りたい場合、家族向けクレジットカードを作ることが可能です。ただし、家族カードを作るためには親の同意が必要となります。クレジットカードにはキャッシング枠が付帯していますので少額ならお金を借りることができます。

ただし、借金の意味もわからず未成年のうちからお金を借りるのはおすすめできません。まずはアルバイトなど自力でお金を稼ぐ方法を考えましょう。ファミレスや家庭教師など学生でもできるアルバイトはたくさんあります。

高齢者でお金を借りたい場合どうしたらいいのでしょうか。カードローンの中には年金収入があれば利用できる年金受給者向け商品もあります。数は多くありませんが、条件が合えばそちらをチェックしてみてください。

また不動産などをお持ちでしたら不動産担保ローンなどを利用して好条件でお金を借りることも可能です。

年齢制限をクリアしたら申込に進もう!

アイフルを利用するためには満20歳以上で満70歳未満である必要があります。年齢制限をクリアしたら今度は申込へ進みましょう。申込の流れを簡単にご紹介します。

必要書類

アイフルの申込に必要な書類は免許証やパスポートなどの顔写真付き本人確認書類と給与明細書や確定申告書、住民税額決定通知書などの収入証明書となります。ただし、限度額が50万円以上の場合、またはアイフルの限度額と他社からの借入額の合計が100万円を超える場合のみ収入証明書が必要となります。

申込の流れ

申込(インターネット、電話、来店

審査(最短40分)

審査結果(電話、メール)

契約手続き

必要書類の提出

借入(ATM、振込)

お急ぎの方はインターネット申込後、フリーダイアルに電話することで審査時間を短縮することができます。

アイフルの年齢制限は厳しくない!満20歳以上70歳未満ならOK

人気のカードローンアイフルを利用したいという人は申込前にまず申込条件をチェックしなければなりません。アイフルの申込条件の一つに年齢制限があります。アイフルでは満20歳以上で安定した収入がある方しか申込ができません。

また満70歳になった時点で新たな借入は不可となります。満20歳以下の未成年の場合は責任能力、返済能力が乏しいので借入が不可となります。高齢者は仕事を失ったり、病気で入院したり、死亡したりするリスクがありますので貸し付けは慎重にならざるを得ません。

借金の意味もわからずお金を借りてしまうのはいいことではありませんので、未成年のうちはアルバイトなどで自分で働いてお金を工面しましょう。70歳以上の高齢者の場合は不動産担保ローンを利用したり、年金受給者向けのカードローンを利用するなどの対処法があります。

年齢制限に不安を感じることもありますが、満20歳以上70歳未満というのは決して高いハードルではありませんのでたいていの人が申込条件を満たすことができると思います。

年齢制限をクリアできたら次は申込ですが、インターネットなら24時間365日受付可能です。ぜひお試しください。

閉じる
閉じる