アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルで再度借り入れする場合の注意点。利用再開できない場合は?

近年カードローンはとても安全で便利になり利用者も増えています。今現在カードローンの利用を検討している人はもちろん、また今は利用していないけれど過去に利用経験のある人も少なくありません。

過去にカードローンを利用した経験のある人は、完済後しばらくしてまたカードローンに頼りたいという状況になることもあります。その場合は再借入という形になり、再度審査が必要になります。

今回はとくに注目度の高いカードローンアイフルを例に再借入についてご説明したいと思います。人生いつ何が起こるかわかりませんので、一度は完済しても再びお金が必要になることも十分あり得ます。そんなときには以前利用して満足度の高かったアイフルが安心でおすすめです。

新規で他社に申込をしてもいいのですが、アイフルへ再借入をする方がスムーズに審査に通る可能性が高いです。その理由については後ほどご説明しますね。

アイフルで再借入を希望する方はまずはこちらの記事に目を通してください。再借入の方法や再借入のメリットなどについてご紹介したいと思います。

アイフルでは5年間利用がないと契約が解除される!

私たちはカードローンを利用する際に借入先のカードローン会社と契約を結びます。まず借入先を決めたら申込を行い、審査を受けることになります。審査に通過すると契約手続きを行い、その後融資を受けることができるようになります。

カードローンは設定された限度額内で自由に借入、返済ができるシステムです。限度額内で自由に利用できるのですが、いったん完済してしまった後は無理に借入する必要はありません。

案外知られていないのはカードローンは完済したからといって自動的に解約されるわけではないということです。

一度契約したカードローンが解約されるのは、完済後解約手続きを行った場合と完済後利用しない状態が5年以上続いた場合となります。

カードローンの完済後、もう二度とお金を借りない覚悟で解約する人もいれば、万が一に備えて契約を続行する人もいます。それぞれのライフスタイルやマネープランに応じて解約するか否かを決めるといいですね。

しかし、中には契約続行を選んだものの借入の必要がなく何年も利用しなかっため自動的に解約されるケースもあります。5年以上経過した場合、再び利用を開始するには再利用の手続きが必要となります。

アイフルで利用を再開するためにはどのような手続きが必要なのか調べてみました。

再借入の手続きはHPから!必要事項を入力するだけ

再借入をするためには再度審査を受けなければならず、面倒くさいと思ってしまいますが実はそんなに複雑な手続きではありません。

再借入の手続き方法

アイフルの場合は、HPに再度ご利用のお客様というボタンがありますのでそちらをクリックするだけで手続きを開始することができます。

再度ご利用のお客様というボタンをクリックすると必要事項を入力する画面に移動します。

当日融資希望有無、希望限度額、利用目的など申込金額について入力します。次に氏名や生年月日などの個人情報を入力します。この中には国籍や扶養家族について入力する欄もあるのですが、PEPsという聞いたことのない項目がありますがこれはなんなのでしょうか。

外国PEPsとは、外国の政府等において重要な地位を占める者(外国の国家元首等)とその地位にあった者、それらの家族および実質的支配者がこれらの者である法人を指します、とアイフルの説明には記載されています。これは犯罪収益移転防止法改正に伴い、外国での犯罪で得た収入を日本国内で移転させないために設けられた項目となります。

次に住まいについての入力します。住所はもちろん、名義人、家賃、居住年数、同居内容など事細かに申告する必要があります。勤務先に関しても詳細を申告しなければなりません。これには雇用形態、保険証種別、業種、会社規模、給料日、入社年月、税込み年収などが含まれます。カードローンの最大の利用条件である安定した収入があることを確認するためには勤務先のチェックが欠かせません。

その他にも他社からの借入状況、アイフルからの審査連絡、希望の契約方法、パスワードの登録を設定すれば再借入に必要なすべての入力が完了します。

解約する場合

こちらの記事はあくまでもアイフルでの再借入に関する内容がメインですが、中には完済したので解約しもうお金を借りないように堅実に生きていきたいと考える人もいるでしょう。そんな方のために解約方法についてもご紹介します。

アイフルでは完済したからといって自動的に解約されるわけではありません。

解約を希望する場合はフリーダイアルに電話をかけ、解約手続きを行う必要があります。

契約書がある場合には最寄りの店舗もしくは郵送にて受けとることができます。

完済証明書が必要な場合には発行してもらうことも可能です。完済証明書は他社でローンを組む際などに必要となる場合があります。もしも解約時に返済分の端数が出た場合にはアイフルが利用者の口座へ振込をしてくれます。

アイフルでの再借入が他社で新規借入するよりもおすすめの理由

かつてアイフルを利用していた人にとっては他社で新規で借入をするよりもアイフルで再借入した方が審査をスムーズにクリアできるというメリットがあります。それはなぜなのでしょう。

取引実績があるので審査に通りやすい

かつてアイフルを利用していた場合、取引実績があるので審査に通りやすいというメリットがあります。適度にお金を借りてきちんと返済をしてくれる人というのがアイフルにとって優良な利用者と言えます。

アイフル経験者にはすでに借入実績、返済実績があり、きちんとお金を返してくれるという確証がありますので審査を行う際にもその点が有利に働くと考えられます。

ただし、過去にアイフルで返済の遅れをはじめとする返済トラブルがありますと、反対に審査に悪い影響を及ぼすこともあります。そのような方は別のカードローンの方がおすすめですね。

限度額が高めに設定される

カードローンの限度額は基本的には年収の1/3が目安となりますが、新規借入の場合は返済能力を見極めるためにさらに低い金額が提示されることがあります。そのため新規利用者の中には希望の限度額に満たないことも多く不満の声が聞かれます。

しかし、再借入の場合は返済能力の有無がすでにわかっていますので新規利用に比べて限度額が高めに設定されるケースが多いのです。

まとまったお金が必要な場合、高めの限度額ですと助かりますね。

アイフルでの再借入は簡単!審査も新規申込に比べてスムーズ!

かつてアイフルを利用していた人の中には再度アイフルでの借入を再開したいと考えている人が少なくありません。アイフルで完済した場合、解約することも可能ですし、そのまま契約を続行することもできます。

ただし、契約を続けていても利用が5年以上ありませんと自動的に利用停止になってしまうことがあります。1,2年利用していない程度でしたらお手持ちのカードですぐに融資を受けられることもあります。

アイフルでの再借入を希望する場合にはアイフルのHPから再度ご利用のお客様というボタンをクリックしてください。

申込金額、お客様情報、住まいや勤め先の情報、他社の借入状況、審査結果の連絡、希望の契約方法、パスワードの設定を行うだけで再利用のための審査を受けることができます。

また過去にアイフルを利用したことで借入実績、返済実績が積まれ再借入の審査に有利に働くこともあります。取引実績があると限度額も高めに設定されることがありますので、一石二鳥です。

このようなメリットもありますので、もしも以前にアイフルを利用した経験があり、そのスピード、利便性、サービスなどに満足されているのであればアイフルで再借入の手続きをすることおすすめします。

閉じる
閉じる