アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策

アイフルでは学生でも借入可能?年齢や収入で大きく判断が分かれる

カードローンは近年人気急上昇中で利用者も増え続けています。一昔前はカードローンというと中高年のサラリーマンが中心だったのですが、最近では老若男女問わず様々な年齢の方が利用しています。

中には学生の方でもカードローンを利用したいと希望する人も増えています。学生というと学業が本業なのでカードローンを利用するというのはどうなんだろうと思われるかもしれませんが、資格取得やゼミの合宿、旅行やレジャーなどお金が必要になる場面が多いのです。

そこで気になるのが学生はカードローンを利用できるのかどうかということです。学生の中にはもちろん必要経費は親が負担してくれる人もいますが、事情があって経済的な援助が難しい家庭もあります。

時間に余裕のある学生のうちにいろいろな経験をしたいものですが、お金がなければそれもできません。学生でもカードローンを利用できるのかという点について人気のカードローンアイフルを例に調べてみました。

学生がカードローンを利用できるかどうか知るためには借入条件について知る必要があります。学生の方でカードローンの利用を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

アイフルの借入条件をチェック!学生の借入はOK?

アイフルで学生が借入できるかどうかについて考えるためにはまずは借入条件を確認する必要があります。

アイフルの借入条件は、満20歳以上であること、また安定した収入があることとなっています。

つまり満20歳に満たない高校生や大学生、専門学校生などは借入は不可ということになり、大学生や大学院生、専門学校生の中でも満20歳になっていれば借入が可能ということになります。

もう一つの条件は安定した収入があることです。学生は社会人と違って収入などないと思われるかもしれませんが、アルバイトをしている学生も大勢います。

学生の本業は学業なので収入は少ないですが、アルバイトで毎月定期的な収入があれば申込が可能です。

総合的に考えると、満20歳以上でアルバイトをしている学生ならアイフルの審査を受けることができるということになります。ただし、返済能力、責任能力を審査し、審査が否決となることも残念ながらありえます。

学生でも満20歳以上でアルバイトをしている方はぜひ申込へ進みましょう。

借入条件をクリアしたら審査へ進もう!学生でも審査通過できる?

学生でも満20歳以上でアルバイトなどの収入のある方はアイフルでの借入が可能となります。借入できる可能性があるとわかったらぜひ申込に進んでいただきたいのですが、借入条件をクリアしても今度は審査を受けなければなりません。

アイフルの審査は決して厳しくはありません。アイフル審査に通るための3つのポイントを見ていきましょう。

安定した収入がある

これは借入条件にもありましたが、アイフルに限らずカードローンを利用するためには安定した収入があることが絶対条件となります。借りたお金を返済するためには返済能力がなければいけません。収入がなければお金を返済することはできないのです。

しかし、学生では安定した収入と言ってもアルバイト程度となってしまいますが借入は可能なのでしょうか。安心してください。アルバイトでもカードローンを利用することは可能です。

アイフルの限度額は年収に応じて決まります。総量規制という法律ではカードローンを利用した借入は年収の1/3が上限と決められています。アルバイトで年収が低い場合には、限度額も低くめに設定されますのでまとまったお金の借入は難しいですが、5万円、10万円程度でしたら借入できる可能性は低くはありません。

アルバイト先の確認ができる

アイフルでは限度額が50万円以下であれば、収入証明書の提出は不要となります。そのため学生のアルバイトには収入証明書の提出は必要ありません。その代わりにアイフルのスタッフがアルバイト先に電話をかけ在籍確認を行います。本当にアルバイトをしているかどうか確認するわけです。

在籍確認は大事な審査の一環なので、在籍確認が取れなければ審査に通過することはできません。

過去に返済トラブルを起こしていない

アイフルの審査でもう一つ重要なのが過去の借入歴です。

過去にクレジットカードやローンの返済トラブルがあると審査に影響を及ぼします。しかし、学生の場合はクレジットカードやローンを組んだ経験のある方は少ないと思いますので、過去の借入歴についてはあまり気にする必要はないかもしれません。

同様に他社から多額の借入をしているということもないと思いますので、学生の方はあまり信用情報が原因で審査に落とされるということはないようです。

ただし、これからカードローンを利用する方は返済の遅れが無いように注意し、信用情報に傷がつかないようにすることが大事です。

学生の方以外にも専業主婦や年金受給者は借入が難しい!

学生でも満20歳以上でアルバイトなどの収入があればアイフルを利用できるということがわかりましたが、他にも専業主婦や年金受給者などは借入できるのか気になるところです。

専業主婦の場合

専業主婦の方は生活費や教育費、冠婚葬祭や医療費などなにかと家族のための出費がかさみます。カードローンを利用したいと考える人も多いのですが果たして専業主婦の借入は可能なのでしょうか。

前述の通り、アイフルなどのカードローン会社は総量規制の対象となるため年収の1/3までしか貸し付けができません。つまり年収が300万の人には100万円まで、年収がゼロの場合は貸付金額もゼロとなってしまいます。

専業主婦の場合は収入がありませんので、残念ながらお金を借りることはできません。

しかし、主婦の方でもアルバイトやパートなどで多少でも収入があれば審査に通る可能性は高まりますので諦めないだ下さい。

年金受給者の場合

最近では生活が困窮している高齢者も増えていて、カードローン希望者も多いのですが、年金のみで生活している方の借入は難しいと考えられます。

銀行や信用金庫のカードローンの中には年金受給者を対象とした商品もあるのですが、アイフルの場合は年金受給者は働いて収入を得ているわけではないのでNGとなります。

年金受給者だけどウソをついて働いていることにしようとする人もいますが、在籍確認を行えばすぐにバレてしまいます。虚偽の申告は印象を悪くするだけではなく、詐欺罪に問われることもありますので気を付けましょう。

年金受給者の方も専業主婦の方も身近なところで仕事を見つけ収入を得ることで、カードローンの申込が可能となりますので一石二鳥だと思います。

学生でも満20歳以上でアルバイトをしていれば申込可!

学生の方の中には資格取得やゼミの合宿などお金を必要とする人がいます。そんなときにはアイフルなどカードローンを利用したいものですが、アイフルを利用するためには年齢制限と安定した収入の有無をチェックされます。

アイフルの場合は満20歳以上で安定した収入があれば申込が可能となります。

つまり学生でも満20歳以上でアルバイトなどで収入があれば申込ができるわけです。

借入条件を満たすことができたら申込をして審査を受けます。審査では収入、アルバイト先、過去の借入歴などをチェックします。アルバイト先へは在籍確認を行います。過去の借入歴とは過去のクレジットカードやローンの支払いの遅れがないか、あるいは他社から多額の借入がないかなどをチェックします。

学生の場合はローンなどは組めませんし、他社からの借入もないと思いますのでこの点は心配することはないでしょう。

今はまだ未成年という方でも満20歳になって収入を得るようになればアイフルの利用が可能となりますのでもう少しお待ちくださいね。

閉じる
閉じる