アイ・ミツ

アイフル審査に通るには?後悔しない申し込み前対策
アイフルの審査通過のために知っておきたいポイントとは?

お金が必要というときに強い味方となってくれるのがカードローンです。カードローンは近年とても手軽で安全になり、利用者も増えました。しかし、銀行や消費者金融などカードローンを取り扱う会社が増え、借入先に迷う人も少なくありません。

カードローンを快適に利用するためは自分に合った借入先を選ぶことが絶対条件ですが、おすすめのカードローンはどこなのでしょうか。今回借入先をお探し中の方にご紹介したいのはアイフルです。

アイフルは老舗の消費者金融ですので、その社名を知らない人はいないと思います。なぜアイフルは長い間多くの人に愛され、利用されているのでしょうか。アイフルについて今まで知る機会がなかった人もこの記事を読めばアイフルのすべてがわかるはずです。

アイフルのメリットデメリットはもちろん審査内容や審査に通るための秘訣をはじめ、申込方法や返済についてもご紹介したいと思います。納得の借入をするためには借入先のことを十分に把握することがとても大事です。

アイフルに興味のある方、今後アイフルでの借入を検討中の方はぜひチェックしてみてください。役立つ情報が満載であること間違いありません。

アイフルってどんな会社?アイフルのメリットデメリット

アイフルは1967年に個人経営の消費者金融として創業しました。高度成長期とともに個人融資事業は急成長し、事業者ローンや不動産ローンなども手掛けるようになります。1998年には株式上場し、1999年には全国に自動契約機を導入します。2002年には消費者金融としてはじめて、マスターカード・プリンシパルメンバーシップ・ライセンスを取得します。

消費者金融の歴史の中には金利や限度額が法律によって制限されるなど厳しい時期もありましたが、アイフルのはそんな中でも順調に成長を続けました。

アイフルのメリット

アイフル株式会社の概要についてご紹介しましたが、アイフルには沢山のメリットがあります。

  • 目的別の多数のローンがある
  • 無利息サービスがある
  • お急ぎの方にも対応してくれる
  • 利便性に優れている
  • 無理のない返済ができる

まず注目したいのはアイフルには一人一人のニーズに合った沢山の商品があるということです。

アイフルではキャッシングローン、かりかえマックス、おまとめマックス、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアムローン、目的別ローンなどがあります。

それぞれ条件が異なりますので、必ず自分に合った商品がみつかるはずです。

もう一つアイフルをはじめ消費者金融ならではのサービスと言えば無利息サービスです。無利息サービスを利用すれば一定期間金利が無料になりますので大変お得です。そのほかにもWEB申込ができたり、自動契約機が全国に設置されているなどアイフルの利便性は群を抜いています。

カードローンを利用する人の多くはその日のうちにお金を借りたいと考えていますが、アイフルならインターネット申込後にフリーダイアルに電話することで優先的に審査をしてくれます。お急ぎの方にとっては助かりますね。

カードローンでもう一つ気になることと言えば、返済に関することです。

返済は借入残高に応じて返済額が決まる借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式となりますので、毎月の返済は最低限で済みます。

余裕のある時は繰り上げ返済もできますので、自分のペースで無理なく返済ができます。

以上がアイフルを利用するメリットです。商品数やサービス、スピードなどに関して必ず満足していただけると思います。

一方でデメリットもありますが、メリットの方がはるかにデメリットを上回っているのであまり気にすることはありません。

アイフルのデメリットとしては、銀行カードローンより金利が高い、他の大手消費者金融とは異なり銀行と提携していないという点が挙げられます。

たしかに銀行カードローンよりも若干金利が高くなりますが、それはどの消費者金融にも共通して言えることです。

またその他の消費者金融が大手都市銀行と提携または傘下に入っているのに対し、アイフルは独自経営です。そのため破たんするリスクがあることは否めませんが、経営は順調なのであまり気にすることはないでしょう。

アイフルの審査をスムーズに通過するポイント!

アイフルはメリットが多く魅力的な商品が沢山あることがわかりました。ぜひアイフルを利用してみたいという気持ちになって人もいるでしょう。しかし、借入するためには審査に通過しなければなりません。アイフルの審査ではどのような点を重視するのでしょうか。

アイフルの審査では年収、勤務先、過去の借入歴などを詳しくチェックします。

年収

アイフルに限らずカードローン審査では必ず年収をチェックします。カードローンの最大の借入条件は安定した収入があることです。ただし、安定した収入があれば、収入自体が低くても問題はありません。

アルバイト、パート、派遣社員、契約社員でも問題なく借入できます。

勤務先

安定した収入があるかどうかをチェックするためには勤務先や役職、勤続年数などもチェックします。申告された勤務先に在籍しているかどうかは在籍確認を行うことでわかります。

大手企業勤務や公務員は審査に有利になるようですが、自営業や中小企業勤務でもとくに問題はありません。

過去の借入歴

カードローン審査でも最も重要なのは過去の借入歴です。

過去に利用したクレジットカードやローンの取引の詳細です。返済の遅れや滞納があるとお金を返さない人として警戒されてしまいます。

また他社からの借入件数が多い場合も、返済能力があるのかどうか疑問に思われ審査に不利になります。借入歴は個人の金融履歴として信用情報に記録されています。信用情報は銀行や消費者金融などの金融機関が閲覧することができますので、隠すことはできません。

以上の3つの点が重点的に審査されます。とくに信用情報に関しては問題があると確実に審査に影響します。自分の信用情報がよくわからないという人は信用会社に問い合わせて開示してもらうことができますので、審査に臨む前に確認することをおすすめします。

アイフルの商品に納得したら早速申込をしてみよう!

アイフルについていろいろなことがわかってきたので、ぜひ申し込みしたいという人のためにアイフルの申込方法について簡単にご紹介します。アイフルの申込はスピーディで手軽なので、思い立ったらすぐに申込できます。

申込はインターネット、来店、電話のいずれかで行うことができます。

インターネット申込なら契約までインターネットで行うことができますので大変便利です。

申込条件

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

必要書類

必要書類は運転免許証またはパスポートなどの本人確認書類となります。場合によって、収入証明書が必要となります。

申込の流れ

インターネット申込

審査

契約手続き・必要書類の提出

借入(ATM・銀行振込)

アイフルなら無理のない返済でお金の悩みを解決してくれる!

最後に確認しておきたいのは返済に関することです。先程、アイフルは無理のない返済ができるというお話をしましたが、返済についてもう少し詳しくご説明しましょう。

アイフルでは借入残高に応じて返済額が決まる借入後残高スライド元利定額リボルビングを採用しています。返済は35日サイクル制もしくは約定日払いを選ぶことができます。35日サイクル制を選ぶと、返済日まで時間がありますので余裕を持って返済することができます。

返済シュミレーション

アイフルのHPからは返済シュミレーションを利用することができますので、毎月の具体的な返済額を知ることができます。

例えば10万円を金利18.0%で約定日払いとした場合の毎月の返済額は4000円となります。

4000円なら生活を圧迫せずに返済することができます。借入前にきちんと返済計画を立てることは基本です。

返済方法

返済方法は振込、ATM、コンビニ、口座振替のいずれかを選ぶことができます。自分の都合のよいもの、ライフスタイルに合った返済方法を選ぶことで返済忘れを防ぐことができます。

便利でスピーディ!アイフルが選ばれる理由が理解できた!

カードローンを利用する際に大切なのは自分に合った借入先を選ぶことです。多数あるカードローンの中から今回は老舗消費者金融アイフルについてご紹介しました。アイフルは商品数が豊富なことや利便性に優れていることで常に業界をリードしてきた存在です。

通常のカードローン以外にもおまとめやかりかえのためのローンや女性向けのSuLaLiなどがあり、誰でも自分のニーズに合った商品をみつけることができます。無利息サービスや自動契約機・ATMなどのサービスも充実していて、不便を感じることもありません。

申込も必要書類が最低限でとてもスピーディ、お急ぎの方にも対応してくれます。審査ハードルも決して高くなく、信用情報に問題がなければ借入できる可能性は大です。返済について不安を感じる人もいますが、アイフルの返済は35日サイクル制もあり、無理なく自分のペースで返済することができます。

カードローンを利用したいけど借入先に迷っているという方はぜひアイフルをご検討ください。必ず自分に合った商品に出会い、快適に利用できること間違いありません。お金の悩みを抱えている人はぜひアイフルをご利用ください。

最新記事

カードローンを利用する際には様々な不安がありますが...

カードローンを利用する際には限度額が設定されその範...

カードローンは現在では多くの人が利用していますが、...

カードローンの利用者数は近年上昇傾向にあり、すでに...

最近利用者が急上昇中のカードローンですが、実は限度...

12345...10...
閉じる